« パットムウ、豚肉と胡瓜の炒め物 | トップページ | クンナンプラ、生海老のナンプラ漬 »

2008年10月14日 (火)

トムカーガイ

これを食いたいと思っていたが、なかなか作ってくれない。
今日はご機嫌がいいのか、トムカーガイを食べるかと聞いてきた。
「うん」
「酸味はどうするの?酸っぱいのはだめでしょ?」
「酸っぱいほうがいいな。」
ちょこちょこと調理を始めて、すぐにトムカーガイが出来てきた。
表面には油が浮いている。この油は鶏とココナッツからでてきた
ものか?油と酸味がお互いのきつい味を打ち消しあう。
それでまろやか味にまとまる。
唐辛子の辛味やレモングラスなど香草の香りが食欲を盛り上げる。

P1060722pct13

最近、このような料理を日本の土鍋に盛ることが多い。
タイ料理なのに、日本の食器に盛られるとなんとなく違和感を感じる。
独特な形をした赤い素焼きの土鍋がタイにある。
タイ料理はタイの食器に盛る方が美味しそうに見えると俺は感じる。
ヌチャナートはこの土鍋に盛ると綺麗だという。

2008/10/13


TREview

|

« パットムウ、豚肉と胡瓜の炒め物 | トップページ | クンナンプラ、生海老のナンプラ漬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24489870

この記事へのトラックバック一覧です: トムカーガイ:

« パットムウ、豚肉と胡瓜の炒め物 | トップページ | クンナンプラ、生海老のナンプラ漬 »