« サダムも食後に水 | トップページ | 国産鶏ガラと称して鴨ガラ »

2008年10月 8日 (水)

生ハムとセルヴェッサ

やっと夕食の時間だが、疲れた。脱力感でもう何を食いたいという
気力もない。冷蔵庫に生ハムがあった。俺には生ハムはちょっと
特別なものだが、ヌチャナートには生ハムもボンレスハムも
ムウハム」と言って区別をしない。せめて「ムウハムソット」と言って
貰いたいと俺は思っている。
しかしなぁー
、タイの片田舎で育った人間に西欧の料理を理解しろ
と言うのは酷と言うものだ。

スペインの一杯飲み屋へ行くとカウンターの上に生ハムがぶら
下がっている。
「セルヴェッサ」と言ってビールを注文する。
肴に生ハムを頼む。生ハムの柔らかい感触、温かみを感じる脂
の旨味が冷たいビールにあう。

P1060672pct13

生ハムは焼酎と一緒に食べても美味い。
高級レストランでは麗々しく綺麗に飾ってだす生ハムだが、生ハム
はそのまま食べても美味しい。どうやって生ハ
ムを食べるか考え
なくてもいい。それなのに、ヌチャナートは「醤油をかけるか?」と
聞いてきた。
「醤油なんてかけたら、塩っぱくなるよ」
「・・・・・・」
醤油と聞いて俺は何だか生ハムをいじりたくなった。
「レモンをかけてくれよ」
生ハムにレモンの酸味と香りは絶対にあう。
それだけでは物足りない。
「ああ、それから唐芥子がいるな」
生ハムにレモンと唐芥子の組み合わせは相性がいい。
もっと複雑な味にしたかった。
「ニンニクも加えてくれよ」
「生姜もいる?」
「生姜はいらないな」
これを聞いてヌチャナートは笑っている。
「サミイはタイ人みたいね」
生の唐芥子とニンニクをレモン汁がかかった生ハムで包んで食べる。
これは俺が創作した味だ。自画自賛の良い味になっている。
俺が美味そうに生ハムを食っているのでヌチャナートも味見した。
「あら、美味しいわね!」
ヌチャナートも美味さに感激していた。
「この味ってネムみたいね」
言われてみるとネムの味に似ている。偶然というものだ。
俺が考えた独創的な味を既存のネムの味に例えられて俺は唖然
とした。俺ってやっぱり才能がないのだ!
生ハムを作るには温度など厳密な管理と熟成期間が必要だ。
ネムのように肉を丸めて放っといても出来るものじゃない。
特別な技術と環境が必要な生ハムと、誰でも簡単に作れるネム
を一緒にされてちょっとがっくりきた。


TREview

2008/10/6

|

« サダムも食後に水 | トップページ | 国産鶏ガラと称して鴨ガラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24363370

この記事へのトラックバック一覧です: 生ハムとセルヴェッサ:

« サダムも食後に水 | トップページ | 国産鶏ガラと称して鴨ガラ »