« カオパット タイ炒飯 | トップページ | 親子丼と義理の息子 »

2008年10月30日 (木)

燻製牡蠣の油漬

こんな食べ物をヌチャナートはタイで食べたことがない。
タイでも買えると思うが、普通の市場では絶対に売っていない。
普通の市場で売っていたとしても俺はタイ独特の食品に興味を
持っていたので、西欧的な食品に注意を払っていなかっ
たから、
こんな缶詰は目に入らなかった。

日本のスーパーに燻製牡蠣の油漬缶詰があった。
おっ!そうだ。これはヌチャナートが知らない食品だ。
これをヌチャナートに食べさせて、その反応をみよう。
魚介類が大好きなヌチャナートはこれを旨いというはずだ。

缶詰を空けてヌチャナートに試食させた。
思っていた通り、牡蠣の燻製を美味しいと言った。
俺はこれを使ったタイ料理を期待していた。
「これでタイ料理を作ってくれよ」
例えばこれでタイ風のサラダを期待していた。
「油が多いから、タイ料理にしても美味しくないわ」
期待と違った答えが来た。
「唐辛子とナンプラで食べると美味しいわよ」
レンゲに唐辛子入りのナンプラをすくい、燻製の牡蠣を一粒
のせた。確かにこの食べ方も旨い。
日本的な発想ではないこの食べ方を旨いと言う日本人は少ない
と思う。牡蠣についてきた油が唐辛子の辛味を消してくれる。
そして唐辛子の心地よい香りが際立つ。
日本人が嫌う油こさがきえるので、こんな食べ方もいいもんだ。

2008/10/30


TREview

|

« カオパット タイ炒飯 | トップページ | 親子丼と義理の息子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24878191

この記事へのトラックバック一覧です: 燻製牡蠣の油漬:

« カオパット タイ炒飯 | トップページ | 親子丼と義理の息子 »