« 蕪のトムチュート | トップページ | 茄子を炒める »

2008年11月 2日 (日)

西洋梨とタガメの香り

西洋梨を買った。この香りはタイ人が料理によく使うタガメの香りに
似ている。柿のような寒い所で育つ果物もタイでは売っている。
おそらく恐らく中国から輸入されたものだろう。
まだ西洋梨がタイで売られているのを見たことがない。
ヌチャナートが知らない西洋梨を食べさせて、タガメとの関係を
知ってもらおうと思った。

タガメと言うのはゲンゴロウの親分のように大きな昆虫だ。
英語ではwater beetleという。beetleと言うのだから甲虫の仲間
らしい。水棲の甲虫と英語国民は考えるのだ。なんとなく笑った。

タガメをタイ人は食べるし、バッタよりも高い値段で売っている。
どうやら油で揚げてあるようだ。何度か食べようと思い買ったの
だが、勇気がなくて食べられない。昆虫とは言え、食べ物だ。
食べ物を食べるのに勇気が必要なのに笑った。
頭の中では安全な食品だとわかっている。
しかし昆虫は食べモンではないと思っているから、食べだすには
勇気が必要なのだ。買ったが食べないタガメを子供に上げると、
美味しそうに食べる。思い切ってタガメを食べたら、翌日は腹を
壊したという話を何処かで読んだ。
俺は思うにそれはタガメのせいではなく、別の要因だと思う。

P1060810pct13

店で売られているものはオスだかメスで香りがない。
食べたことがないのに、断定するのはいけないな。
香りを出す物は高値で別の所に売るようだ。
タガメを買い取った会社はタガメから香りのエキスを抽出する。
そのエキスをちょっぴりサラダに混ぜる。
実に華やかな西洋梨の香りが漂う。
女はその香りに酔う。みんなうっとりとした表情で「美味しい、
いい香り」となる。その香りがタガメから来ていると知ると、途端に
食が進まなくなる。

タガメのエキスを小さな瓶に入れて売っている。
タイ人にとっては便利な商品なのだが、俺はこのエキスが入った
サラダもなんとなく食べない。

2008・11・1


TREview

|

« 蕪のトムチュート | トップページ | 茄子を炒める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/24945296

この記事へのトラックバック一覧です: 西洋梨とタガメの香り:

« 蕪のトムチュート | トップページ | 茄子を炒める »