« 渡り蟹と焼茄子 | トップページ | 菜の花スープ »

2008年11月12日 (水)

豚ロースとタイの食習慣

P1060854pct13

写真を見て、「この料理はタイ風」と感じる人はタイをよく知る人
だと思う。
日本には文明開化の時、肉料理が入ってきた。
それと同時に西洋風の食習慣が紹介された。
豚ロースの厚切りを食べるには、ナイフとフォークを使うものだと
された。しかし、食べつけない食器で食事をするのは面倒だ。
新しい食習慣も定着先で徐々に変化する。
トンカツのように和風化され、箸で食べるようになったのが良い
例だ。

同じ肉を食べるにも、タイ人には違った食習慣がある。
昔から肉料理を食べていたタイでは肉の食べ方も西洋とは違う。
独特な食習慣がタイでは形成されている。
タイの食事はフォークとスプーンで食べる。ナイフは使わない。
何故、ナイフを使わないのか?
その理由は簡単だ。使う必要がないからだ。
ナイフを使わなくてもいいように、切ってから出すか、柔らかに煮込
んでから出す。皮付きの豚足でもことこと長時間煮てスプーンで
食べられるようにして出す。

豚ロースに味付けしてフライパンで焼くと、写真のように、
食べやすい大きさに切り分ける。それをご飯の上に乗せて出す。
日本人は豚ロースを箸で食べられるように切ったなら、ご飯の横
に置く。それも切り分ける前の姿を変えないようにきちんと並べる。
タイ人はそんなことをしない。どさっと切った肉を飯の上に乗せる。
これをナムプリックと一緒に食べるのがタイ風だ。
もし、肉が大きすぎると思ったなら、スプーンを肉に押しつけて切る。
スプーンでも肉は切れますよ。

こんな簡単な料理の中にも食文化、食習慣の差が見えてくる。

2008/11/10


TREview

|

« 渡り蟹と焼茄子 | トップページ | 菜の花スープ »

コメント

食文化 その国の風習

大切にしたいです

それぞれ趣があり楽しいですね

投稿: ryuji_s1 | 2008年11月14日 (金) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/25257967

この記事へのトラックバック一覧です: 豚ロースとタイの食習慣:

« 渡り蟹と焼茄子 | トップページ | 菜の花スープ »