« 南瓜の種 | トップページ | 犬の食習慣 »

2008年12月18日 (木)

辛いということ

俺はタイ人は唐辛子ならどんな物でも好むと思っていた。
それが間違いと知った時、大げさに言えばショックを受けた。
ちょっと考えれば、ショックを受ける俺が間違っていることがすぐに
分かる。

唐辛子を多用するから、唐辛子に対する選別眼が厳しくなる。
それと同時に好き嫌いや用途がはっきりする。
この唐辛子は美味い。この唐辛子は何に使うとよいと言うように
なる。唐辛子をあまり使わない日本人は、「こっちの唐辛子が美味い」
とか、「この唐辛子を何に使うと美味しいが、あれに使うと美味しく
ない」なんて言わない。

タイの庶民が使わない、タバスコソースをヌチャナートに味見させたが、
美味しくないという。似たような赤い唐辛子ソースを幾つか味見させた
が、どれも美味いとは言わない。
豆板醤にも高い評価を出さなかったと思う。
タバスコ社から出しているハラペーニョという緑の唐辛子ソースは
美味いという。ナムプリックに加えても美味しくなるなんて言う。
俺達は辛味を感じると、香りや味の差なんて感じとれない。
辛味に鈍感になっているタイ人は味や香りの差を感じて美味い、
不味いを判断できる。
タイ人に辛いもの、辛い料理が好きだなんて言うと大変だ。
彼等が辛いと思う料理を作ってくれる。

毎日タイ料理を食べているから、俺も辛味に鈍感になり始めている。
それと同時に何にでも唐辛子が必要になった。
安い豆板醤を買った。辛味はそこそこにある。
しかし、旨味成分が不足している。
唐辛子の辛味に慣れていなかったなら、口の中が火事になり、
旨味成分の不足はわからないだろう。

昔、カレー屋で一番辛いカレーを注文した。
辛くて完食できなかった。俺はあの味はふざけていると思った。
今なら、あの辛さに耐えられるのではないか?

2008・11・25

TREview

|

« 南瓜の種 | トップページ | 犬の食習慣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/26280967

この記事へのトラックバック一覧です: 辛いということ:

« 南瓜の種 | トップページ | 犬の食習慣 »