« プリッキヌー、鼠の糞唐辛子 | トップページ | 辛いということ »

2008年12月18日 (木)

南瓜の種

昔、ある小説を読んでいた。小説の中の場所は中国南部だと記憶
している。日本人の男と中国人の女がいる。女は西瓜だか南瓜の
種を食べている。そんな情景だった。
俺はその時、西瓜や南瓜の種なんて食べられるのか疑問だった。

P1060898pct13

今、俺は南瓜の種を食べている。
「美味しいの?」と聞かれれば「いいえ」と答える。
「不味いのでしょ?」言われれば「そんなことないよ」と答える。
これじゃ美味いのか不味いのか分からない。
もし南瓜の種の殻を剥き、中にある天神様だけを取り出した物を
売っていたなら、これは美味しい食べ物だ。
南瓜の種の中にあるものも天神様と呼んでいいのかな?
梅干しの種を破ると中から白いものがでてくる。
これを子供仲間では天神様と呼んでいた。
それと同じ物が南瓜の種にもある。生物学的には胚と言うのかな?
名前が分からないから、俺は天神様と呼んだ。

たいして美味くもない、南瓜の種をなんで食うのか?
そうだ、確かに不思議だ。これにはちょっとわけがある。
頭で想像しても分かるように、南瓜の種は食いずらい。
食いずらいから、ちょっと食べると、面倒になって食うのを止める。
ほんの少ししか食わない。
またゆっくり食うことになるので、少量で空腹感を満たしてくれる。
ダイエットなんて飯を食わなければいいのだ。
しかし、何かを食いたいという誘惑にはなかなか勝てない。
誘惑に負けながらも、ダイエットをするのに南瓜の種は適している。

これまた俺の記憶違いかもしれないが、たしか昔のエジプトでは
南瓜は種を食べるために栽培していた。王侯貴族は南瓜の種を
食べ、庶民は実を食べていたのかな?
今の日本では、南瓜の種を食べるのは少数派だ。
こうやって見ていると、食文化は面白いものだ。

2008/11/30

TREview

|

« プリッキヌー、鼠の糞唐辛子 | トップページ | 辛いということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/26280803

この記事へのトラックバック一覧です: 南瓜の種:

« プリッキヌー、鼠の糞唐辛子 | トップページ | 辛いということ »