« タイ食品用語 | トップページ | 南瓜の種 »

2008年12月18日 (木)

プリッキヌー、鼠の糞唐辛子

直訳すると鼠の糞というおかしな名前の唐辛子がタイにある。
この唐辛子は小さくて辛味と香りが強い。
タイ人が好む唐辛子だ。
美味しくて、大好きな唐辛子なのにどうして鼠の糞という汚らしい
名前を食べ物につけるのか不思議だった。

俺はいつも生の「鼠の糞唐辛子」を見ている。
乾燥した物を見たことがない。
食事をしながらタイ人は生の「鼠の糞唐辛子」を齧っている。
実に旨そうに食う。「辛い物が好きだから」なんて日本人が言いな
がら「鼠の糞唐辛子」を食べると飛び上がる。

流し台の引き出しをあけたら、鼠の糞のような物があった。
驚いて、捨てようと思って手に取ったらプリッキヌー、鼠の糞唐辛子
だった。生だと薄緑か赤い唐辛子だが、これが乾燥すると皺だらけ
の薄茶色になる。形と言い、色といい鼠の糞のようだ。
どうしてこの唐辛子を鼠の糞と呼ぶのか、乾燥品を見て了解した。

P1060918pct13

それにしてもおかしな名前だ。
俺達、日本人の感覚では食べ物に糞なんて名前をつけない。
俺が食事をしていると、「プリッキヌーが欲しい?」なんて聞かれる。
これを日本語で「鼠の糞欲しいですか?」なんて聞いたら、
「食事中に汚いこと言うな!」と聞かれた人は怒り出す。

日本語で糞がつく言葉に良い意味はない。
目糞、鼻糞など汚物とか「糞ったれ」「糞くらえ」など罵りの言葉だ。
タイ人の感覚では日本語のような悪い意味はない。
溜まっていた糞が全部出た時の壮快な感じからだろうか、タイ人は
糞という言葉を軽く使う。怠ける、臆病な、眠いという場合にも糞と
いう言葉を使う。だから、食べ物に糞という言葉を平気で使う。
糞という言葉に対する感覚が日本人とは違うのと、乾燥した時の
唐辛子の姿が鼠の糞に似ているので、タイ人はこの唐辛子を
プリッキヌー、鼠の糞と呼ぶのだと俺は納得した。

2008/12/7


TREview

|

« タイ食品用語 | トップページ | 南瓜の種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/26280615

この記事へのトラックバック一覧です: プリッキヌー、鼠の糞唐辛子:

« タイ食品用語 | トップページ | 南瓜の種 »