« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »

2008年5月28日 (水)

卵焼きと調味液の賞味期限

P1050412pct13   

卵焼きと焼肉がでてきた。なんだか英米人の朝食みたいで懐か
しさを感じた。こんな朝食なんて珍しい。
焼肉でなくてベーコンかハムあるいはソーセイジなら完全に
英米人の朝食だ。本当に久しぶりに辛くない朝食を食べること
になる。ヌチャナートが言うには
「タイ人は朝食に卵焼きを食べるのが好きよ」
だそうだ。俺は黙ってヌチャナートの話を聞きながら卵焼きを食
べていた。
「勤め人は卵焼きを食べて会社に行くのよ。」
「・・・・・」
「さーっと食べられるからよ」
「・・・・・」
日本のサラリーマンの姿に似ている。
バンコックの通勤は日本以上に大変だ。
スカイトレインや地下鉄が出来るまでは渋滞が激しく動きがとれ
ないバスで移動していた。俺の記憶が正しいかどうか自信が
ないが、タクシーメーターが渋滞で停止している時にもあがる
ようにしたのはバンコックが世界で最初ではなかったか?
少なくとも日本より早かった。
勤め人の食生活は日本もタイもあまり変わらないとヌチャナート
の話を聞きながら思っていた。

卵焼きには調味液をかける。この調味液は先日、タイ食材店で
買ったものだ。
「これを卵焼きにかけるとおいしいのよ」
ヌチャナートはその時言っていた。
スイスのネスレ社から出ている調味液に味は似ている。
Golden Mountainというブランドだ。日本語の品名は醤油となって
いる。醤油と言っても日本の味ではなく、中国の醤油の味に似
ている。
卵焼きにこの調味液をかけると、味が引き締まる。
ぐーんと卵焼きが美味しくなった。ご飯にもかけて見た。
確かにご飯の味もよくなった。

P1050413ykkpct15

ラベルを見た。Best beforeと書いてあるが、そこには何も書いて
いない。Best beforeと言うのは賞味期限のことだ。
別の箇所に「12 JUN 10 」と書いてある。
この意味は2010年6月12日か2012年6月10日と言う意味だと直ぐ
にわかる。日、月、年の順か年、月、日の順だ。
この場合、どっちの順で書かれているのか分からない。
その後ろに、「16:29」と書いてある。これは明らかに時間だ。
「12 JUN 10 16:29」と書いてあったのだ。
この表現だと指定の刻限になると味がガラッと変わってしまう
ように思ってしまう。
「今は15:00だから、まだ大丈夫だ」
なんて考える人はいないと思うが、この賞味期限の表現を見て、
俺は一人で笑った。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パットパク、野菜炒め

P1050407pct13

その辺にあった野菜を集めて野菜炒めにした。
サイコロステーキという屑肉を集めて成型したものがある。
今日の肉は成型した後にサイコロ状でなくてちょっと厚めに
切ったものだった。薄切りの小型ステーキ状と思えばいい。
屑肉の成型品と言ってもいろいろある。赤肉の部分を成型した
ものならかなり美味い物ができる。
スジ肉の部分を成型しても、もともと美味しくない部位だから、
美味しくなるはずがない。当然、スジっぽい。
安売りの成型肉を買った。見ただけでスジが多いのがわかる。
値段と品質のバランスが取れた商品だった。

「この肉、どうやって食べる?」
「・・・・」
「○○○○して食べる?」
何を言っているのか分からないが「うん」と言って○○○○して
貰うことにした。出来上がってきたのがこの野菜炒めだ。
「どう?美味しい?」
食ってみると、いい味だった。
「あの野菜に唐辛子を加えたのよ。アハハハーーー」
粗悪な成型屑肉に野菜の旨味が染込んで美味くなっている。
ここまで味が進化すると、安物の肉を使ったと思えない。

クチコミblogランキング TREview

2008・5・27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

タイカレーに素麺

P1050283pct13

タイカレーも味見して戴いた。
カレーを作るにはまずルウのようなものを作らなくてはいけない。
ヌチャナートは臼に香辛料を入れてポクポク叩いてカレールウの
ようなものをが作った。
見かけは味噌みたいだから唐辛子味噌と言えばいいだろう。
この味は母から娘に伝わった味だ。タイの田舎の家庭料理と
思えば間違いない。懐石料理なら姿・形が重要視されるが、
タイカレーの場合は色に重点が置かれる。
赤い色を出すために真っ赤な唐辛子粉をふんだんに使った。
今日は韓国料理用の唐辛子を使った。キムチなどの綺麗な赤い
色をだす唐辛子だと思う。
10数年前の冷夏の時、この色の綺麗な唐辛子も不作になり韓国
の主婦がキムチを作れないので大騒ぎしたことを思い出した。
その唐辛子がこれかもしれない。
ヌチャナートもこの赤い色に満足している。
「あら、綺麗な色になったわ。サミイ、見てよ!綺麗でしょ!」
「いい色に仕上がっているね」
この唐辛子味噌のようなルウを使ってタイカレーを作った。
「美味しい味になってるわよ」
俺も味見をした。タイで食べる味と同じだ。
屋台で食べるタイカレーの味を思い出した。
「これはタイの味と同じだね」
「そうね、これはタイと変わらない味よ」
この豊な香りはいつ食べても飽きがこない。
その位、俺はこの味が好きなのに、ヌチャナートには俺の好み
が理解できないらしい。
「なんでタイカレーなんて食べるのよ?」
美味いから、食いたい。
好きだから、食いたい。
理屈はそれだけだ。
日本人はたいていタイカレーを美味いと言う。
ココナッツの油と甘味。それに加わった香草の香りがいい。
そんな日本人の味覚をヌチャナートは
「不思議ね?」
と思っている。俺が頼んでもなかなかタイカレーを作ってくれ
ない。機嫌がいい時だけ、タイカレーを作ってくれる。

最近は日本のスーパーでも、タイカレーのルウのようなものを
買うことができる。
「これを買おうか?」と言うと
「要らないわよ!美味しくないのよ!」
きっぱり断られる。母から教わった味を自分で作る。
それがヌチャナートには一番美味しい味のようだ。

P1050289pct13

この素麺にタイカレーをかけて食う。この素麺は日本のものだ。
素麺は食べやすい玉にして出す。日本人の出し方とちょっと違う。
日本の素麺の出し方も涼しさを感じる情緒があるが、タイの素麺
の出し方もいい。いつでも一口分をさっと取れるのがいい。
多すぎることも少なすぎることもない。
日本の出し方だと、適量を摘んだつもりが取り過ぎたり少なかっ
たりする。
素麺を皿に一玉とる。それにタイカレーをかける。
ご飯にタイカレーをかけて食べても美味しいが、素麺にかけて
食べると違った美味しさがでる。

素麺をタイ人は実によく食べる。
日本で言えば駅の立ち食い蕎麦みたいだ。
ちょっと小腹が減ると素麺にカレーのようなものをかけて食べる。
注文すれば直ぐに出てきて、つるつるっと食べて、さっと出て行く。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カオニョオピン、タイ風焼お握り

カオニョオピンも試食して戴いた。
餅米でお握りを作り、焼きお握りにしたものをカオニョウピンと
言う。お握りに塩を振って卵をつけて焼く。
そんな料理とも言えない単純なものだ。

残念なことに、この写真も撮り忘れた。
面白いことが起きる予感がすれば、写真を撮ったと思う。
たかが焼きお握りだ。日本の焼お握りと見かけは変わらない。
ちがうのは餅米を使っているだけだ。
新しい展開なんてないと思い込んでいた。

焼き上がったものを、これだけで食べても美味しいお握りだ。
お客人にイランの方がいた。彼は最初、焼お握りをそのまま
食べた。次に彼は焼お握りにタイカレーをかけている。
変な食べ方をする人だ。
そんなことをしたら、パリッとした表面が柔らかになってしまう。
「ああーあ!このまま食べるんだよ」
彼は俺の言葉を無視して、タイカレーをかけた焼お握りを食べ
ている。
「これは美味しいよ。食べてごらん!」
俺達にも彼流の食べ方を勧める。俺も同じことをやった。
確かに美味い。この味は知らなかった。
「美味いね」
「そうだろう?」
彼は嬉しそうに笑いながら説明してくれた。
イランではお米にサフランなどの香辛料や肉、バターなどを加え
て炊き上げる。ご飯が炊き上がると、釜の底にはパリッとした
おこげができる。おこげが香ばしくて美味いのだと彼は懐かし
そうに言う。そのおこげにシチュウのようなものをかけて食べる
習慣がイランにある。
餅米の焼お握りを見て、イランのおこげを思い出したようだ。
それで彼は焼お握りにタイカレーをかけてみた。
期待通りの美味さがでた。
「美味いから、試してみろ」
そんなわけで、彼は俺達におかしな食べ方を勧めることになった。
こんな食べ方はタイ人でも知らない。
新しいタイ料理の食べ方をイラン人から教わった。
吃驚するような物を知ると、一日が楽しくなる。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラープと食文化

P1050287pct13

ラープもお出しした。今日のラープも千枚のラープだ。
「内臓・モツをお客人に出すなんて、失礼じゃない?」
なんて思うかもしれない。俺が見たタイの食文化では内臓も赤肉
も価値は同じようだ。個人の好みで内臓を食べたり、赤肉を食べ
たりする。

日本では豚のガツ、つまり胃袋はモツだから安い値段で売られ
ている。ガツはタイ人の好みに合いタイでは高級品扱いされる。
一頭の豚からガツは少ししか取れないから高くても仕方がない。
需要と供給の関係で値段は変わる。
「日本ではガツが安いからいいわ。タイでは高いのよ」
ヌチャナートは喜んでいる。
千枚は日本のスーパーで時々みかける。置いていない店も多い。
いろいろな外国人がよく買物にくる商店街にでかけて千枚を買っ
てきた。千枚はヌチャナートの好みでもある。
今日の為に千枚を求めてきて、お出しした。
食文化の差を理解すればなんでもないことだけど、食文化の
差がわからないと
「安いモツ肉をだした!」
なんて思うかもしれない。これも立派なタイ料理なんです。
ヌチャナートは千枚のラープは自分の好みの料理だから、日本人
も好むと思い込んでいる。
こうやっているうちにヌチャナートも食文化の差を学び視野が
広がるだろう。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤムウンセン

P1050285pct13

今日のタイ料理試食会でまず食べて戴いたのがヤムウンセン
だ。赤く外側を着色した蒲鉾と蟹もどきを使っている。
魚のすり身に蟹の香りをつけた蒲鉾だから、俺はカニボコと呼ん
でいる。日本の蒲鉾を使ったヤムウンセンを初めて食べた時、
俺はその美味さに驚いた。
こんな美味いタイ料理が日本の食材で、できるのだ!
俺はそれを近所に持っていった。
「辛いですけど、美味いですから味見してください」
今、考えるとご近所さんはちょっと試食して辛過ぎて食べないで
捨てていたと思う。迷惑だっただろうな。ご近所さんごめんなさい。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カオパット

P1050291pct13

カオパットはタイ風焼飯だ。
辛い料理ばかりだと、口の中が火事になるのでカオパットをお出し
した。タイ人の集まりなら、辛い料理だけでいいが、日本人の集ま
りとなるとそうわいかない。
火事を消すためにも辛くない料理が必要だ。
焼飯なら食えない人はいない。
レモンを絞ると、焼飯の味がぐーんと引き立つ。

俺の常識では飯を炒めたものがカオパットだ。
加える具はなんでもいい。卵なんてもちろんなくてもいいと
思っている。タイ人にとっては卵なしのカオパットなんて考えられ
ないようだ。卵のないカオパットを日本の料理に例えると山葵の
ない寿司のようなものだろう。
俺がヌチャナートに「カオパットを作ってくれよ」と頼む。
その時、卵がないとカオパットを作ってくれない。
「卵なしでいいからさ」
「駄目よ。卵なしのカオパットなんて美味しくないわよ」
卵がない時はカオパットを作ってもらえない。
これだけは頑固に拒否する。
食文化・食習慣の差なんだな。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ料理試食会

日頃お世話になっている方をウチにお招きしてタイ料理の
試食会をやった。今日の料理はカオパット、タイカレー、ヤム
ウンセン、ラープ、写真を撮るのを忘れたがトムカーガイ、パッカ
パオ、カオニョウピンも試食した。
秋刀魚の丸干し、お新香も食べて戴いた。
「タイ料理の試食会になんでお新香なの?」と不思議に思うだろう。
お新香のような食べ方はタイにはない。
日本でお新香を食べて、ヌチャナートは美味しい野菜の食べ方
を学んだ。
ヌチャナートは新しい料理を味見してもらいたかったのだ。
これは日本の味になっており、おおむね好評だったとしておこう。

秋刀魚の丸干しは日本人には珍しくない。
だが、その干し方が日本とは違う。
ヌチャナートは秋刀魚の頭を切り落としてしまう。
日本人の目から見ると、なんとも不恰好な丸干しだ。
焼き上げた丸干しを唐辛子ソースをつけて食べるとタイ風の味
になる。醤油をたらして食べるのとは一味違う。

トムカーガイはココナッツを使った鶏肉シチュウと思えばいい。
レモンやタマリンドの酸味を加える。唐辛子は約束のように必ず
入る。酸味があって辛いシチュウだ。この味は何処の国の人にも
受ける味だと思う。

パッカパオもあったな。これは俺の好物だ。
これが出た時はお腹が一杯になりはじめたのか?
辛さにまいったのか?
手が出る速度が鈍っていた。

今日の試食会は食文化の差を見ることが目的だ。
美味しいとか、美味しくない、好きだ嫌いだとかは別問題だ。
「世の中にはこんな味があるのだ」
「この味を美味しいと感じる人々がいるのだ」
それが分かってもらえればいい。
タイの食文化を理解してもらえて、ヌチャナートも喜んでいた。

何品かを試食して戴いた、その結果を別に掲載しよう。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »