« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »

2008年6月 7日 (土)

元寇とベトナム

ベトナムのことをヌチャナートと話していた。
現在はカタカナ表記の国名は現地の発音に近くなっている。
ちょっと前までは日本で通用する国名・地名は現地では通用し
なかった。特に中国・朝鮮の地名は顕著だ。
例えば韓国のソウルは「京城」と書いて「ケイジョウ」と呼んで
いた。ベトナムのハノイも「河内」と書いた。中国語の知識が
なかったので「河内」と書いてどうしてハノイと読ませるのかわか
らなかった。「河内」は「カワチ」と読むのじゃないのかと素朴な
疑問を持っていた。現在のホーチミン市も漢字だったがどのよう
に書いたか覚えていない。
「ベトナム」のことを正式にはプラテートベトナムとタイ語ではいう。
プラテートは国と言う意味だから通常は省略してベトナムとだけ
言う。話をしているうちに、ヌチャナートが変な単語を口にした。
「えっ・・・?」
「ユアンよ」
それを聞いて俺は驚いた。
元寇はベトナムにまで侵略の手をのばした史実がある。
「元」を中国語、蒙古語、英語ではユアンと言っているのを思い
出した。
「ユアンはベトナムのことかい?」
「そうよ」
俺の知識では元寇はタイには来なかった。
タイ人はベトナムの人々を元の人と勘違いしていた。
そのため、タイ人はベトナム人を「ユアン」と言ったのではないか
と推定した。元寇の影響が現代にまで引きずっているのを知り、
驚いた。
日本でも元寇の影響を受けた九州地方では蒙古語が方言とし
て残っているのではないか?弓・矢・刀などの武具や刃物の名前、
船とか風などに蒙古語が伝わっているのではないか?
そんな気がしていた。

そうしたら子供の頃、風呂上りに裸で部屋を駆け回っていたら
祖母に「そんな事をしたら蒙古が来るよ!」と怒られたと知人が
教えてくれた。
約800年前に起きた元寇の襲来は当時の日本人には地球消滅
のような衝撃だったのだろう。
蒙古や高句麗の兵による殺戮を目撃した北九州の人々は、蒙古
や高句麗がどんなに恐ろしいか伝えた。
それが日本人が存在を信じる鬼と重なり、蒙古や高句麗を鬼と
考えるようになった。蒙古・高句麗が「むくりこくり長崎県壱岐」
とか「モッコ青森県」と訛った。壱岐では原音に近いけど、青森
に来るとだいぶ音が変化しているのが面白い。

ベトナムのハノイからタイのコンケーンまでの距離は長崎県壱岐
から青森までの距離に等しいのではないか?
タイ人がユアンと言うのと、青森県人がモッコというのは何処か
共通したものを感じる。
青森では蒙古人は恐ろしい存在、鬼と考えた。
タイ人も蒙古人・ベトナム人を恐ろしい鬼のような存在と考えて
いるのだろうか?
多分、そんなことはないと思う。
タイには多くのベトナム人が住んでいる。
ベトナム戦争の影響もあるだろう。
タイ人はベトナム人を見てベトナムの料理を食べている。
「ユアン」という言葉はタイに残っているが、「ユアン」がタイに
いる鬼・お化けを意味する「ピー」とは結びついていないと思う。

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

2008/6/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芽の出ちまったニンニクを

P1050469pct13

ウチの料理はタイ料理が主体というより、ほぼ完全にタイ料理
だから唐辛子とニンニクを大量に使う。
買った時のニンニクは白い玉のような形をしている。
その玉を割ると半月状の粒が中からでてくる。
半月状の粒を薄切にしたり、潰して食べる。
なにしろ買う量が多いから、食べきらないうちに半月状の粒から
青い芽がでてきてしまうことがある。
台所に放置したままなのに、新しい命の息吹がでている。
ニンニクの生命力の強靭さに驚く。
この芽を食べても毒ではない。芽が出てしまったニンニクの粒を
鉢に植えておく。水さえ、適当にかけていれば、手入れをしなく
ても芽は元気に育つ。
芽はぐんぐん伸びて葱のような葉をつける。
アブラムシのような害虫もつかない。
青々とした葉を切って、料理に使う。
葉が伸びてくると食われてしまうので、ニンニクは大きくなれない。
食われても食われてもニンニクは地下で成長を続け、新しい葉
を出す。元気に葉を伸ばしていたニンニクの勢いが止まった。
収穫時期が来たらしい。
ヌチャナートがニンニクを掘り起こした。
地下から小さな丸い玉が幾つも出てきた。
植えた時は半月状だった粒も時が経つにつれて丸い玉になって
いる。これを乾燥させると、またニンニクとして料理に使える。

青い芽が出たニンニクを鉢に植えておくと、成長を目で見て楽し
める。地表に芽が出たと思うと、ぐんぐんと大きくなるから面白い。
元気を貰っちゃうような気がする。葉がでると食べられる。
時が流れると、収穫時期になり、新たなニンニクが出来上がっている。

クチコミblogランキング TREview

2008/6/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンジュウ、番重と山田長政

「バンジュウ」なんて言われても知らない人が多いだろう。
食品を入れる底の浅い容器のことだ。
材質は木・アルミ・ステンレス・プラスチックといろいろある。
和菓子などを綺麗に並べる、塗り物のものもある。
漢字で書くと「番重」となる。
「番」も「重」も器や食品とは関係のない漢字だ。
「番重」は完全な日本語になっている。
このように意味不明の漢字を使う単語は大抵は大昔に日本に
入って来た外来語だ。例えば金襴緞子の花嫁さんが着る「緞子」
はシリアの都市ダマスカスが訛ったものだ。
「番重」も外来語に違いない。

タイ語の辞書を開いていた。「container」つまり容器・入れ物の
ことをタイ語では何と言うのか調べた。
持っていた小さな辞書には「container」はなかったが、
「contain」つまり、「入れる」という動詞なら載っていた。
「入れる」という単語はタイ語では「バンジュウ」と言うと分
かった。
「バンジュウ=入れる・・・・・??」
何処かで聞いたことがある発音だ。
「バンジュウ、バンジュウ、バンジュウ、・・・・」
と口の中で繰り返していたら、「番重」と発音が似ていることに
気づいた。日本語のバンジュウは食品を入れる容器だ。
もしかして、「番重」はタイ語から派生した言葉ではないだろうか?
アユタヤで活躍した山田長政と接触した日本人が日本にもた
らした言葉かもしれない。
こんな風に想像を膨らませていると、外国語の勉強も面白い。

クチコミblogランキング TREview

2008・6・7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

ハラスの塩焼き

P1050461pct13

寒い所を住処にしているシャケはタイにいるわけない。
タイの高級スーパーに行けば、多分冷凍物とか塩干物のシャケ
があるだろう。庶民の市場にはシャケなんてない。
ヌチャナートは日本で初めてシャケを食べた。
シャケの赤い身を塩焼にしたり、塩漬けにして食べていた。
そのうちに、ハラスが美味いと言い出した。

脂が多くついているハラスはこってりとした美味さがある。
ハラスを塩焼きにして、ミントの葉で飾って出してきた。
魚料理の飾りにミントなんてタイ人の発想だ。
ヌチャナートは刺身や鮨の飾りに使う、大葉やバランの代わりに
ミントを使っただけかもしれない。
日本人の持つ美観に影響されてきたみたいだ。

それと唐辛子ソースもでてきた。
ハラスを唐辛子ソースにつけて食べる。
こうすると完全にタイの味になってしまう。
唐辛子の辛味とシャケの脂の味が合う。
ハラスを唐辛子ソースにつけてからご飯に乗せる。
ご飯にはシャケの脂と唐辛子ソースが移る。
シャケの脂とナンプラ・唐辛子の味がついた温かいご飯もいい
もんだよ。

クチコミblogランキング TREview

2008/6/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

ゲンカイマラ、苦瓜のシチュウ

P1050455pct13

「苦瓜のことを日本語でなんと言うの?」
「ニガウリだよ」
「えっ?・・・・」
「苦い瓜という意味だよ」
「ああ、そうなの。アハハハ・・・・・」
苦瓜を使ってシチュウを作ってくれた。
この苦瓜はそれほど苦くないと感じた。
「苦い?」
「ううーん、苦くないよ」
タイ人は苦味のある食べ物が好きだ。
胆汁のような苦味のあるものを加えて「美味しい」なんて言う。
俺達にはわざわざ不味くしていると感じる。
好みの文化差は面白い。
苦瓜を食べていると、時々苦い物にあたる。
今は苦瓜はあちこちで買えるが昔は苦瓜なんてなかった。
初めて苦瓜を食べた時「なんでこんな苦い物を食べるのだ!」
と驚いたことを思い出した。
俺にとって苦瓜は異質の食べ物だが、ヌチャナートにはごく
普通の野菜だ。苦瓜を使うヌチャナートの料理を食っているうち
に、苦瓜の美味さが分かってきた。

クチコミblogランキング TREview

2008/6/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

ヤムクラポンパ、魚の缶詰サラダ

今日のサラダは魚の缶詰をつかったものだ。
これが実に美味い。
魚ならなんでもいいのだが、今日の魚はシャケの中骨の缶詰だ。
俺は子供の頃からシャケの中骨が好きだった。
シャケ缶をあけると、中骨を食べた。身の部分より中骨の方が
好きだった。中骨だけを集めた缶詰が発売されたのは比較的
新しい。発売されてから30年はたたないと思う。
初めて市場で中骨の缶詰を見た時、
「こんなもんが売れるのか?」と疑問に思った。
中骨が大好きだという俺は異端だと思っていた。
それなのに、中骨の缶詰がいまだに売れている。
俺の他にも中骨の愛好者がいる証拠だ。

日本缶詰協会なんて団体がある。缶詰料理を普及させるため
に講習会を開催したり、アイデア料理の募集などをやっている。
そんな場所にだしてもいいような料理をヌチャナートは作る。
作り方なんて簡単だ。缶詰をあける。レモン汁をかける。
ニンニク、ニラ、生唐辛子、焙煎唐辛子をのせる。
たったそれだけだ。
唐辛子を焙煎するには気合と根性が必要だ。唐辛子の油分が
焦げて煙がもうもうと出る。その煙を吸うとくしゃみがでる。
そんなことにもめげずに唐辛子をかき混ぜる。
唐辛子全体が均一に焙煎されなくてはいけない。
焙煎した唐辛子を臼で叩き潰す。
タイ人でも唐辛子を焙煎する時は屋外でやる。
マンションなどでやる場合は、換気扇を回して、真冬でも扉を
あけてやらなくてはいけない。

このサラダは見た目もきれいに仕上がっている。
唐辛子の辛味がピリッとする。
辛味に慣れていない人が食べたら口の中が火事になるのは
間違いない。ニンニクの香りが食欲をそそる。
この料理を一度味見すると病みつきになる。
周囲の汁の上にぶつぶつ浮かんでいるのは唐辛子だ。
いかにも辛いタイ料理だという感じがするでしょ。

P1050452pct13

クチコミblogランキング TREview

2008/6/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

健康と食べ物の関係6029

何を食ったら体にいいか、本の広告から調べている。
「あれは何にいい」「これはナントカにいい」と書いた出版物が
多い。広告で統計をとり、食べ物と健康の因果関係を調べたら
どんな結果になるか楽しみにしている。
今日、目についた広告はこんなことが書いてあった。

わかさ出版 「夢21」誌2008年7月号

物忘れやボケの改善する人が続出!欧米では薬に使う 
イチョウ葉の驚くべき力

アルツハイマーを防ぐ秘訣は食事で 青魚 発芽玄米 乳酸菌
をとれ

体重は減っても体脂肪率が下がらないのは筋肉不足が原因で
解消の妙薬は粉末豆乳

クチコミblogランキング TREview

2008/6/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のインスタントラーメン

P1050437pct13

これはヌチャナートが作ったラーメンだ。
素材は日本のインスタントラーメンだ。
パクチーと真っ赤な唐辛子をいれないと、麺類のような気が
しないのだろう。こんなラーメンを出されたなら、日本人は
パクチーと唐辛子をさけて食べると思う。
「なんだこれ!?タイのラーメンじゃないか?!」
チャーシューを浮かべ、葱をのせるのが日本のラーメンだ。
「小さい時から体に染み付いた習慣を変えるのはいかに難し
いか」というのがこのラーメンのスタイルから分かる。

クチコミblogランキング TREview

2008.5/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーボ豆腐ヌー風

P1050446pct13

ヌチャナートがマーボ豆腐を作ると言い出した。
俺はよせばいいのにと冷ややかに見ている。
マーボ豆腐の素を買ってきて作れば簡単に作れるが、そんなも
のを買わない。
ヌチャナートが「これがマーボ豆腐だ」と思う味を作った。
挽肉を炒めて粉唐辛子をたっぷりいれて赤身をだした。
その他に生唐辛子も加えた。
エノキダケと豆腐を加えて完成だ。
豆腐を入れてかき混ぜたから豆腐が崩れている。
ヌチャナートは自分では食べない。俺だけに食わせる。
はっきり言って不味い!
日本で食べるカレーライスのスタイルでマーボ豆腐を出すのも}
気に入らない。自分でも味に自信がないから、俺が不味いと
言ってもヌチャナートは笑っている。
マーボ豆腐ヌチャナート風と言えばいい料理だった。

タイでも中華料理屋に行けば、マーボ豆腐はあると思う。
ヌチャナートはタイの中華料理屋でマーボ豆腐を食べたことが
ないのだろう。
タイ語でマーボ豆腐をナンと言うのか俺は知らない。
ヌチャナートはマーボ豆腐を「マボドー」とタイ語訛りで発音
する。俺の耳には「マグロー」と聞こえる。
「マーボ豆腐を食べる?」と聞いているのだが、俺には
「鮪を食べるか?」と聞こえる。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

食用ガエルなら沢山ある

2008年5月31日付の読売新聞にサイクロンの被害で苦しむ
ミャンマーに関する小さな記事があった。
「これからは食用ガエルの季節になる。外国の援助がなくとも
ミャンマー国民は自活していける」とミャンマー軍事政権は発表
したという内容の記事だった。

この記事を読んで、「ミャンマー政府は国民に蛙を食べさせる
のか!酷い政府だ!」とミャンマー軍事政権を非難する人が
でるのではないかと思ったのと同時に、俺はミャンマー人も
タイ人と同じように蛙を食べるのだと知りふと笑ってしまった。

日本人は太平洋戦中、戦後の食糧難の時代は米を食えなかった。
芋などを食って飢えをしのいできた。
その当時の日本人は米だけが食品でその他の物は食品と考え
なかった。米の代わりに腹を満たせてくれる芋は代用食と
いわれた。その考えの延長でミャンマー政府は国民に蛙を代用
食として食わせるのだと考える人々がいると思う。
それはとんでもない誤解だ。ミャンマー人にとって蛙は大切な
食糧なのだ。しかも彼等の好みにあっている。

だが、俺は別の心配をしている。
食糧として蛙を捕まえることが出来るだろう。
蛙を刺身のように生で食うわけではない。
煮炊きするための燃料は十分にあるのだろうか?
調味料や野菜がなければ、蛙を食えない。
ミャンマー軍事政権は国民に十分な燃料と調味料などを供給
できるのだろうか?
余計な心配かもしれないが、俺にはそっちの方が気になった。

クチコミblogランキング TREview

2008/5/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大食いも芸のうち

5318

俺達はよく「大食いも芸のうち」と言って笑う。
しかし、大食いをして金儲けをしている奴はいない。
食った分だけ自分の財布から金を払っている。

テレビの大食い番組によく出てくるギャル曽根という女は大食い
で芸能界にでてきた。
今回、講談社から「大食いHappy道」という本までだした。
ここまでくると「大食いも芸のうち」だ。

断っておくけど、俺は講談社の回し者じゃないよ。
講談社も俺に本の宣伝をしてくれと頼んできたわけじゃない。
「大食いも芸」だとこの広告を見て感じただけだ。

彼女が大食するのを見て、俺は余計なことを考える。
「本当に食った物を消化してウンチになってでているのだろう
か?」
「食った物がそのまま排泄されるのではないか?」
どうなんでしょうね????

食う量が半端じゃないから、出て行く量も半端じゃないはずだ。
トイレも3回ほど流さないとウンチが流れていかないのでは
ないか???
もしかしてトイレが詰まるのは日常茶飯事ではないの
か???

クチコミblogランキング TREview

2008/5/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »