« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月19日 (土)

蒸した魚

タイ料理の食材屋に行った。タイの市場でよく見かける魚が
あった。それを見ていたら、ヌチャナートが手にとって買い物籠
にいれた。魚は真空パックされ、冷凍にして輸入しされていた。

P1030909pct13

タイの市場ではこの魚は小さな蒸篭のような器に入れて売られ
ている。飲茶でシュウマイが乗ってくる蒸篭ほどの大きさだ。
その蒸篭の中に二匹の魚が入っている。
必ず、腹を合わせてお互いの尻尾を見つめる形で入っている。
そして頭をカタンと落として、頷く形になっている。
二匹の魚が話をして「そうだ、そうだ」と言っているみたいで面白
い。なんだか可愛らしい感じの魚だった。
俺は魚はそれほど好きでないから、その魚をタイで食べようとは
思わなかった。

今日はタイの食材屋で買ってきた魚を食べると言い出した。
フライパンに油をちょっと入れて炒めるというより揚げるように調理した。
「できたわよ。食べて!」
魚を摘んで食べた。俺が想像していた味ではない!!
何だ、この味は!?
「タイ人はこの魚が大好きなのよ」
つまり庶民的な味ということだ。日本人で言えば秋刀魚みたい
なものだ。ヌチャナートの言葉を上の空で聞きながら、俺は別の
ことを考えていた。
「こんな味じゃないか?」「こんな味のはずだ!」と想像していた
味と違う味に出会うと、戸惑う。
俺はこの魚は塩干物だと思っていた。
塩干物でなければ醗酵食品だと思っていた。
それなのに、全く塩っけがない。
「これは蒸しただけよ!」
とヌチャナートが言うけど、俺は理解できなかった。
タイの市場では魚の表面は乾燥して干物のようになっている。
俺は絶対に干物だと思っているからヌチャナートが蒸した魚だ
と言ってもなかなか信じられなかった。
「塩をして乾燥させたものだろう?」
「違うわよ。こんな大きな物で蒸すのよ」

P1030914pct13

話をしながら魚を食べる。柔らかな白身の美味しい魚だ。
醤油を取り出してきた。
「醤油を使うの?」ヌチャナートには意外な組み合わせに見える
らしい。
「うん」魚を醤油につけると、旨みが増した。
やっぱり俺は日本人なんだ。
これなら、日本人でも食べられる。

魚の頭を見た。魚の顎の部分を切り開き、頭を押し下げて
いる。それで頷いているように見えるのだ。
この魚を頷くような形にして丸い蒸篭に二匹入れる。
この形が最も効率のよい入れ方だったのだ。
可愛いから、格好いいから頷く形にしているのではない。
その蒸篭を大きな蒸し器に入れて蒸し上げる。
蒸しあがったものを、蒸篭のまま店頭に並べる。
熱帯の暑さの中で、魚の表面は乾燥する。
俺は乾燥した表面だけを見て、塩干物と思っていた。
思い込みはいけない。いい反省材料になった。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイソーの餅米

ウチは餅米を良く食べる。タイの餅米を買ってくることもある。
日本の餅米の時もある。100円ショップのダイソーへ行ったら
小袋に入った餅米があった。
「ヌチャナート、こんなものがあったよ!」
「なあに?餅米?」
「そうだよ」
「あら、いいわね」
一回分にちょうど良い大きさなので喜んでいる。
試しに買ってみた。
蒸し上げて、タイの器に餅米をいれた。
餅米をこの器に入れると美味しく食べられる。
乾燥せず、適度に水分を保つ。

P1030911pct13

ダイソーの餅米だから、不味いのではないか?
そんな疑問を一掃してくれた。食える!
ウチの場合、餅米を主食として食べる。
日本の家庭では餅米はおはぎとか赤飯を炊く時にしか使わない
だろうな。

P1030910pct13

クチコミblogランキング TREview

2008/1/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

菜の花と唐辛子

P1030895pct13 菜の花を一度食べてヌチャナートは気にいったようだ。
時々、菜の花を買ってきて食べる。
なんで菜の花が気に入ったのか深く考えていなかった。
最近、思うに、菜の花にはちょっと苦味がある。
その苦味がいいのだろう。
タイ人は苦いラープとか苦い野菜を好む。
菜の花の苦味がいいのだろう。

茹でた菜の花に唐辛子ペーストをつけて食べる。
唐辛子の生とニンニクを潰して塩味を加えたものだ。
「これも美味い食べ方だよ」と言っても日本人には辛すぎて
駄目だろうな。
毎日、辛い物を食べている俺だから、これを美味いと思うだけ
かもしれない。
ニンニクの香り、いや臭みにも鈍感になっているから、こんな
食べ方を美味いと感じるのかもしれないな。
一風変わった菜の花の食べ方ということで味見したらどうかな???

クチコミblogランキング TREview

2008/1/17

| | コメント (1) | トラックバック (0)

燗酒とヒヤ酒

俺が若い頃、酒の飲み方は二つしかなかった。
燗とヒヤだ。人肌に温めた酒が燗酒で、温めないでそのまま
飲むのがヒヤ酒だ。ヒヤ酒というのは室温に放置した酒だ。
その温度は夏と冬で違うが、そんなことは気にしない。
お燗をしていない酒がヒヤ酒だ。
25年ほど前から冷蔵庫で冷たくした酒を飲む習慣が定着した。
冷蔵庫で冷やした酒はレイシュと呼んでいる。
現在の酒の飲み方は三つになった。
温度の高い方から並べると、燗酒、ヒヤ酒、レイシュだ。

最近、居酒屋でヒヤ酒を頼むと若い店員に「常温ですか?」と
聞き返される。
「ヒヤは常温に決まっているじゃないか?」と店員の常識の無さ
に腹を立てたことがある。注文を受けた若い店員は「ヒヤと冷酒」
を区別しろと教育を受けているのだろう。

俺は冷蔵庫で冷やした酒を飲むのは異端の飲み方だと思って
いる。ウチじゃ、燗をつけるのが面倒なのでいつもヒヤで
飲んでいる。ヌチャナートは酒に燗をつけることを知って
いるが、いつもヒヤで飲んでいる。
たまに燗をつけることもあるが、お湯に徳利をつけて燗を
つけることはない。徳利を直火にかけて、燗をつける。
時々、燗をつけていることを忘れて酒が沸騰することもある。
今晩は久しぶりに燗酒を飲もうかな。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌチャナートの鍋料理

今までごろっとなっていたヌチャナートが起きてきて言った。
「今日は"ナベー"にするわね」
「えっ!?・・・・?」
"ナベー"というのは日本語で鍋のことだ。いつもタイ料理なので、
日本人が大好きな鍋料理にしようというのだ。
「豆腐、あるかい?」
「あるわよ。買ってきたわ」
どうやらヌチャナートには木綿豆腐と絹ごし豆腐の区別がつか
ないらしい。ヌチャナートは木綿豆腐を買ってきた。
いつも俺が絹ごし豆腐を買っているのに、ヌチャナートは気づい
ていない。豆腐はどれも同じだとヌチャナートは思っているの
だろう。俺は感触が滑らかな絹ごし豆腐が好きでいつも絹ごし
豆腐を食べている。ごわごわした木綿豆腐の喉越しより、
さらっとした絹ごし豆腐の喉越しはいい。
布地の場合、木綿より絹の方が高価だ。
だから俺は絹ごし豆腐の方が木綿豆腐より高級品だと勘違い
している。木綿豆腐の方が絹ごし豆腐より栄養価が高いはずだ。
頭では理解しているが、気持ちでは絹ごし豆腐の方が高級で
エライと思い込んでいる。
鍋料理にはヌチャナートが買ってきた木綿豆腐は型崩れがしない
のでいいと考えることにした。

P1030892pct13

海老、牡蠣、豆腐、白菜という型通りの鍋だ。
近くの食品工場から頂いたポン酢を使ったが、柚子の香りが強す
ぎて俺の好みとずれている。俺はヌチャナートが作った唐辛子入
りのタレをつけて食べる。ヌチャナートは柚子の香りが強いポン
酢に牡蠣などをつけ、「いい香り」と言いながら食べている。
「トーフが美味しいわよ。トーフを食べて」
「ヌーはなにを食べるんだよ?」
「アタシは海老と牡蠣を食べるわ。サミイはトーフを食べてね!」
どうやら俺に海老や牡蠣を食わせない魂胆だ。
この海老は飼い猫サダム フセインのために買ってきたものだ。
俺たちは猫の餌を横取りして食っていることになる。
「海老は煮すぎると美味しくないのよね」
そう言いながら、海老を摘んでいる。
俺は白菜を鍋に加える。
小さな鍋だがゆっくり酒を飲みながら食べるにはこれで十分だ。
「忍」という名前のタイ製の清酒がある。
タイ製の清酒は不味いと言って飲まないのに、日本の清酒は
美味いといいながらヌチャナートは清酒を冷で飲んでいる。
アルコール燃料を加えると、また鍋はぐつぐつ煮え始めた。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/16

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

食べ物と健康1168

夏痩せには鰻を食え、二日酔いには何を食えとか昔から言われ
ている。食べ物と健康は大いに関係がある。
昔からの言い伝えはある病気に対してはこの食べ物が効果が
あるという物が多いような気がする。
薬としての食べ物と言う考えだ。
最近は病気というより健康のためにこれを食べなさいという考え
が多いのではないか?
病気と健康の境目はどこにあるのかよくわからない。
寝込む、寝たきりではない。通常の仕事をしている。
しかし高血圧、糖尿病などで何時倒れてもおかしくな
いという
状態の人はいる。
最近テレビのコマーシャルで言う未病という奴かな??
高血圧を抑えるために、これを食べろ、血糖値を下げるにはこれ
がいいという本などが沢山でている。

目に付いた本や雑誌から食べ物と健康に関係している所を抜き
出してみる。このデータが沢山集まると何かが見えてくると思う。
今日は壮快2008年3月号という雑誌の広告から食べ物と健康
関係の広告記事を抜き出す。
雑誌「壮快」で言っていることを批判する積りは毛頭ない。
俺の興味から何を食ったら、何に利くかを見ているだけだ。

医師も看護師も減量成功! 
<トマトスープ>で15キロ、10キロ、8キロ 
楽(丸で囲んである)やせた。
腰痛頭痛がピタリ消えた

<ピーナッツ>で性力が大爆発!!
血圧が正常化!耳鳴りが消えた、12キロやせた

今日はトマトとピーナッツが健康にいいらしいことがわかった。
椎茸健康法とかいろいろな物がある。特定の食べ物を食べ続け
ると異常が起こる可能性もある。食べ物と健康の関係を見て
いくと、「適度にバランスをとれば、何を食っても健康にいい」と
いう結論がで
るのではないかと思っている。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/16

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ゲンマクワ、茄子のタイカレー

冷凍庫に白い物がある。
「ヌー、これはなんだい?ココナッツかい?」
「そうよ」
ココナッツと聞いてタイカレーを思い出した。
「カレーが食いたいな」
「カレーがいいの?作ってあげるわ」
ヌチャナートは立ち上がってカレーを作り始めた。
茄子が沢山入っている。
日本のナスだから色が黒に近い紫だ。
タイの茄子なら緑色の物を使うだろうな?
いろいろな形、大きさの茄子がタイにはある。
小さな葡萄のような茄子もある。
初めて葡萄のような小さい茄子を食べた時は茄子だとは思わ
なかった。英語ができる女に「これが茄子だ」と教えられた時は
驚いた。

P1030884pct13

カレーの味を含んだ日本のナスは柔らかで旨みがある。
一夜漬けの茄子も美味いが、このように煮込んだ茄子もいい
もんだ。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリフラワーと豚肉の炒め物

豚肉の炒め物を食べるか聞かれたので、「ウン」と答えておい
た。タイ料理の臭いが台所からしてくる。
今は何処の家も窓を閉めているから、臭いを心配する必要は
ない。でも夏は気を使う。
近所の人はこの臭いを悪臭、異臭と感じるのだろうな。
そうかと言って、この臭いが無かったならタイ料理にならない。

P1030888pct13

今日のカリフラワーは冷凍品だ。
最近、ヌチャナートは冷凍の野菜が気に入っている。
ゴミがでないからだ。それと既に適当な大きさに切ってあるので
手間がかからない。そうだ、冷凍野菜を使えば、自治体に出す
ゴミの量が減るな。環境にも優しいことになる。
そうなんだけど、冷凍のカリフラワーを炒め物に使うと水っぽく
て美味しくない。ヌチャナートは今日の経験から冷凍品に味付け
をする工夫をするだろう。
煮物に使えばこのカリフラワーも美味しく食べられるはずだ。
素材はその性質を見て料理すれば、美味しくなる。

飯を食いながら
「そういえばカリフラワーってタイ語でなんと言うのか?」と疑問
になった。
辞書を引く。飯を食っている時に、辞書を引いたことありますか?
胃に集まっていた血液が脳に流れ、消化が止まる感じがします。
読みにくいタイ文字を読む。
「なんだよこれっ!」俺は驚いた。
カリフラワーのことを日本語では「花キャベツ」と言う。
タイ語でも同じく「花キャベツ」というのだ。
花もキャベツもタイ語でなんというのか知っている。
その二つを組み合わせればよかったのだ。

クチコミblogランキング TREview

2008/1/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月15日 (火)

鍋料理をタイで

日本では鍋物は冬の料理となっている。
寒い冬の夜に食べる鍋は体が温まり美味い。
鍋なら何でも良い。すき焼きでもしゃぶしゃぶでも、ちゃんこでも
・・・・・。河豚もいいな。鮟鱇鍋もいい。

鍋は寒い時の料理というのが日本人の常識だ。
タイのような熱帯の国では鍋料理はないと思うだろう。
ところがタイにも鍋料理が沢山ある。
素焼きの壺のような鍋を素焼きの七輪で温めながら食べる。

俺は日本人が屋台と呼ぶ店に一人で入った。
こんな店はタイではごくごく普通の店だ。
日本で言えば赤い暖簾にラーメンと書いてある何処にでもある店
みたいなものだ。安っぽいテーブルが店の前の通りにはみ出して
並べてある。誰も通行の邪魔だなんて文句を言わない。
何人かのグループが楽しそうに笑いながら、鍋料理を食べて
いる。一人じゃ、あの鍋料理は食い切れない。
うらやましそうに素焼きの鍋をみていた。
明日はあの料理を食べたいと思った。
でも注文したくても料理の名前が解らないから注文できなかった。

鍋料理の代表はなんと言ってもトムヤンクンだ。
その他にもいろいろな鍋料理がある。
普通の日本人観光客が行く店はエアコンがある。
そんな店でトムヤンクンのような鍋料理を食べても本当のタイを
味わえない。通りに並んだ屋台やエアコンではなくて天井の大き
な扇風機がゆっくり回っている店で食べると本当のタイの味が
解る。

夜になっても気温は35度だ。
昼はもっと暑いから、夜の35度は涼しい気持ち良い温度だ。
どの客も気持ち良さそうに、冷たいビールを飲みながら料理を
たべている。そこで鍋料理を注文する。
赤い素焼きの鍋に入った料理が運ばれて来る。
七輪で料理を加熱しながら食べているのだから、体が熱くなる
はずだ。なぜか、こうやって食べていると体が温まるとか、熱く
なったとは感じない。

日本で夏の夜に屋外で鍋物をやったら、蒸し暑くて気分が悪く
なる。唐辛子の辛みのせいだろうか?
鍋料理で体が熱くなったとは感じない。
むしろ、料理の美味さにひかれて食が進んでしまう。
タイで鍋料理を食べても暑くならないのはどうしてなのだろう?

クチコミblogランキング TREview

2008・1・15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

焼肉に山葵

飯を作るのが面倒になったのだろう。
ヌチャナートが「焼肉屋に行きたい」と言い出した。
まあいいだろう。
「それじゃ、ナムチムを作ってくれよ」
「ああそうね!」
焼肉屋にあるタレはヌチャナートにとっては甘すぎる。
辛口のタレというのもあるが、そんな物は辛いうちに入らない。
自家製ナムチムを持っていかないと、ヌチャナートは焼肉を食べ
られない。ナムチムは乾燥唐辛子を醤油で水戻ししたものと思え
ばいい。液体のタレではなく、糊を薄めた程度の濃さだ。
膨らんだ唐辛子のなかに醤油がある。正確には醤油ではなくて
ナンプラだ。このくらい辛くないとヌチャナートは満足しない。
「ねぇー、こんな物をお店に持って行っても怒られない?」
「大丈夫だよ」
唐辛子が一杯入ったナムチムをポリ袋に入れて焼肉屋にでか
けた。ヌチャナートのナムチムには苦い胆汁が入っている。
俺の物には胆汁は入っていない。
通常通り焼肉を食べていた。自家製のタレを持ってきた客は
俺たちだけだろう。

ナムチムの他に試したい物があった。練りワサビだ。
今日は焼肉にワサビをつけて食べてみることにした。
「えぇー?!」と言うだろう。
気持ち悪そうな顔をするもんじゃない。
やってみればわかるが、この味って結構いい味だよ。
一流ホテルやミシュラン三ツ星レストランなどではローストビーフに
ホースラディッシュをつけて食べる。
ホースラディッシュは日本語では西洋ワサビだ。
日本のワサビと同じ香りがするが、香りは弱い。
薄切りの牛肉をさっと炙って練りワサビをつける。
ローストビーフにホースラディッシュをつけたのと同じ味がする。

新しい味を作ることで食べる楽しみが増える。
まだ、刺身にジャムをつけて食べる人はいないが、寿司に
マヨネーズという組み合わせは定着してしまった

20年前には寿司とマヨネーズの組み合わせなんて考えられ
なかった。

焼肉=>韓国料理=>唐辛子という発想を切り替えて、
焼肉=>和風=>ワサビと考える。
欧米文化が優れていると思う人には「欧米にもワサビに似た
ホースラディッシュを使う料理がありますよ」
と言えば説得力が
あるだろうか?
こういう発想の転換はビジネスの世界でも役立つよ!

クチコミblogランキング TREview

2008/1/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »