« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2008年7月26日 (土)

コーヒー粕

朝のコーヒーはうまい。
今までコーヒーを飲む習慣がなかったヌチャナートも朝のコーヒーを喜ん
で飲むようになった。タイ人もコーヒーを飲む習慣はあるが、たいていは
ポリ袋に入れた氷の上から熱いコーヒーを注いだアイスコーヒーだ。
砂糖とコンデンスミルクをたっぷり入れて甘くしたものをストローで吸い
ながら飲むのも美味しい。
タイのように暑い国だから美味しいのかもしれない。
こんなコーヒーを屋台で買って飲みながら、町の風景を見て歩くのも
楽しい。

朝の市場を探索して、ちょっと歩き疲れたので座りたくなった。
コーヒー屋台の隣にテーブルがあった。
座ったら、何故か熱いコーヒーを飲みたくなった。
注文すると縁のかけたコーヒーカップに熱いコーヒーを入れて出して
くれた。太陽は照りつけ始めていたが空気はまだ涼しい。
市場で買物をする人々を見ながらゆっくり熱いコーヒーを飲む。
フランスの影響がある、ベトナム・ラオスならともかく、タイの屋台で熱い
コーヒーを飲むなんて場違いの気がする。大きなパラソルの下で飲む
コーヒーはなんとなく風情があった。
こんな所でも熱いコーヒーを飲める、縁がかけているがちゃんとカップも
用意してあることから、少数ながらタイ人も熱いコーヒーを飲むのだと知った。

今朝も俺はエキスプレッソを作った。
朝のコーヒーは俺の仕事にさせられている。
エキスプレッソ器から古いコーヒー粕を取り出そうとした時、コーヒー粕
をこぼした。綺麗に掃除したつもりだったが、取り残しがあった。
ヌチャナートがそれを見た。
「なぁーに、これ!?」
「あっ!コーヒーだよ。ごめん。」
「コーヒーの糞ね」
「えっ?!」食い物に糞なんて言葉を使うなよ!汚らしいと俺は思った。
どうやらタイ語の糞という言葉は「人間にとって不要な物は皆な糞」らしい
と気づいた。魚のはらわたも糞だ。
かんな屑も「木の糞」と言ったと思うな。
タイ語の「糞」という言葉の使い方は面白い。

「鼠の糞」という辛くて香りがよくて小さい唐辛子がある。
タイ人が大好きな唐辛子なのに「糞」なんて言葉をつけるのはおかしい。
その形が「鼠の糞」を連想させるのかな?
「糞」は不要な物につく言葉だが、「鼠の糞」は例外だ。

今朝はコーヒー粕からタイの文化についてちょっと考えた。

2008/7/26

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

缶ビールで省エネ

暑いね!連日の猛暑で参っている人が多いと思う。
これはウチの料理とは関係ないが、食べ物に関係しているから
紹介しておこう。

環境だ、エコだ炭酸ガス削減だ!と世間は五月蝿い。
省エネの時代だ。エアコンの温度設定を下げる、できる物なら
エアコンを使わなければ環境に優しくなる。
そんなの無理だ!でもナントカしなくてはいけない。
俺はこんなことをやった。普通サイズの缶ビール一本でエアコン
は不要になる。やり方は簡単だ。

まず、風呂に朝の冷たい水を入れておく。
よく冷えた缶ビールもって水風呂に入る。
心地よい冷たさだ。子供の頃の水遊びを思い出す。
そして冷えた缶ビールをぐいとあける。
体の外と中から冷やす。唇が紫色になるのがわかる。
こうして水風呂から上がると、もうエアコンなんて必要ない。
うまくやると三日くらいエアコンは不要だ。

缶ビール一本で体が効果的に冷えることを実証した。
水風呂は心臓の弱い人や年寄りには危険だよ!
断っておくが、俺は命の保証はしないから真似するなよ。
こんなおバカな実験は俺一人がやれば十分だ。

2008/7/24

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝉が鳴かない

今年はまだ蝉が鳴くのを聞かない。
ヌチャナートも蝉が鳴かないのを不思議に思っている。
「去年、ヌーが蝉を食べちゃったからだよ!」
「そんなことないわよ」
蝉は当たり年とはずれ年があるらしい。
今年ははずれ年なのか?

タイ人は蝉だけでなくいろいろな昆虫をよく食べる。
昆虫は食品として売られている。
日本の蝉は食べられることを知らないから、木の低いところに
いる。タイの蝉は見つかったなら人間に食べられちゃうので木の
高いところにいる。
「日本では蝉を捕まえるのが簡単ね」
ヌチャナートはそんなことを言っている。
日本にもタイ人が多く定住するようになると、蝉はだんだん木の
高い所で鳴くようになるかな?

蝉など昆虫食を軽蔑してはいけない。
世界にはいろいろな食習慣がある。
南米の何処かでも蝉を食べる。蟻を食べる国もある。

日本人は当たり前のようにタコを食べるが、あんな物を食べる
日本人を理解できない人々がいる。
しかも明石のタコは旨いが、何処其処のタコはまずいなんて
産地によって旨さを識別している。
タコを食べない人々には日本人は気が狂った、ゲテモノ食いと
しか思えないだろう。

人間を食べることがあるサメを日本人が食べるのを見てタイ人
は気持ち悪がる。そのくせ、ふかひれスープは美味しいと言って
タイ人も食べる。
なんだか矛盾しているがそれが食習慣の面白さだ。

蝉が五月蝿いほど鳴くから夏だ。
蝉が鳴かない夏は物足りない。

2008/7/24

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

冬瓜のトムチュート

P1050859pct13

夏の野菜なのだが、冬瓜という。
煮込むと冬瓜は透明になる。光の具合で煮えた冬瓜は氷のような色合い
を見せる。口の中でとろける。
冬瓜はクセのない味だから、どんなものとでもあってしまう。
挽肉をちょっと辛く味つけして片栗粉でとろみをつけたものを冬瓜に
かけても美味しい。
鶏のスープをナンプラで味付けして冬瓜と鶏肉を煮込んだトムチュート
だ。辛くないから誰でも食べることができる。

この料理をトムチュートなんて言うと
「えっ?!タイの料理?気持ちわりい!!」
なんて言って東南アジア蔑視・西洋崇拝の人は最初から食おうとしない。
食っても美味しいとはいわないだろう。

これを英語でWinter Melon Soupと言えば評価はがらりと変わる。
「えっ?!ウインターメロンってなぁーに?聞いたことある?」
「聞いたことない」
Winter Melonと言うと特別高貴なメロンと勘違いするが、実は冬瓜という
ごくありふれた野菜の英名だ。
「英国の王室で出される料理です」なんて言って名前で貫禄をつける。
凝った器を使い、もったいぶって出す。
そうすると「旨い!今まで食ったことがない味だ!」なんてことになる。
俺は今、いい加減なことを言っているが、英王室で出された料理を調べ
れば冬瓜を使った料理はあると思う。

中国の皇帝が食べた料理の中には間違いなく冬瓜のスープはある
はずだ。味は英王室とか中国皇帝と言った権威と関係ない。
美味しい物は美味しいのだ。自分の舌で旨さを追求しなくてはいけない。

目黒の秋刀魚という落語を思い出した。
もうもうと黒い煙を出して焼いた秋刀魚を殿様が食べて旨いといった。
殿は城で秋刀魚を焼かせた。
万一、殿の喉に骨が刺さったならいけないと全部骨を抜いた。
そんな秋刀魚を食っても旨くない。
「秋刀魚は目黒に限る」と言う殿の言葉で落語は終わる。

殿の城・王室・宮廷の中には美味しい料理がたくさんあるが、それ以上
に庶民の料理の中に美味しい物が沢山ある。
自分の舌で味の冒険をしよう。

2008/7/23

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

ラッタナー、餡かけビーフン

ヌチャナートが盛んにラッタナーを食べるかと聞いている。
俺はラッタナーというのがどんな料理なのか知らない。
ビーフンが入った袋をもって、「これの料理よ」とヌチャナートが
言う。俺は作ってくれる物なら何でも食べてしまうから、どんな
食べ物でも構わない。
「ラッタナーに何を入れる?」
「・・・・」
ラッタナーがどんな料理なのかわからないから応えようがない。
「豚肉?」
「うん。そうだね」豚肉が食いたいのではない。応えなくては
いけないので、息をする代わりに返事をしている。
「海老もいれる?」
「うん」またいい加減な返事をする。
「野菜はキャベツとナスでいい?」
「いいよ」
これでヌチャナートは俺がどんなラッタナーを望んでいるのか
了解したようだ。それ以上の質問はなかった。
俺はパソコンに向かって作業をしていた。
「お腹が空いたら言ってね。ご飯を作るから」

P1050856pct13

真ん中に窪みがあり、そこに氷をいれる冷酒用のお銚子で
冷やした白ワインをヌチャナートは飲んでいる。

「まだご飯を食べないの?寝ちゃうわよ!」
俺の弱みに付け込んだ脅迫だ!
ヌチャナートが寝たら、今晩はご飯がないか、自分でつくら
なくてはいけない。慌てて「ハラ減った!」と言った。

野菜と豚肉などを炒めて餡をかけた。
それを茹で上げたビーフンにかけてこの料理はお仕舞だ。
唐辛子ソースを持ち出してきて、これをかけてよくかき回して
食べろという。辛味が加わって美味しくなった。
唐辛子の味と香りがないと食べられなくなっている自分を笑った。

飯を食いながら毎日かかってくる押し売り電話?のことを考えて
いた。
「迷惑電話だな」「今度、かかってきたらどう対応しようか」
と思いながら食っていた。
「サミイはさっきから黙って食べているわね。美味しくないの?」
俺はつまらない考え事をしながら飯を食っていたので、黙って
飯をくっていたことに気がついた。
「そんなことないよ。美味しいよ!」慌てて応えた。
感激する味ではないが、そこそこに美味しい料理だった。
俺が飯を食い終わると、ヌチャナートは安心したのか猫の
サダムを抱きながらさっさと寝室に消えた。

2008/7/21

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインに合うタイ料理

先ほどから冷たく冷やした白ワインをヌチャナートは飲んでいる。
美味しくワインを味わうには肴はチーズとか生ハムと決めて
かかっているフランス人やスペイン人が見たら驚くような物を
ヌチャナートはワインの肴にしている。
悪臭漂う野菜の漬物パクドンと一緒にワインを飲んでいる。
発酵食品、とくに悪臭がでる発酵食品は好きな人にはたまらない
ほど美味しい食べ物だ。
嫌いな人にはとても受けつけられない酷い食べ物だ。
パクドンで飯を食っていても俺は驚かないが、パクドンでワイン
を飲んでいるのにはフランス人ではない俺も驚いた。

30年も前にはワインと刺身や鮨は合わないという固定観念が
日本人にもフランス人にもあった。ミシュランの三ツ星を取った
和食店にはみんなワインがあるそうだ。これで暗黙のうちに、
ワインと和食が合うというお墨付きができてしまったような
ものだ。本当にフランス人がワインと刺身や鮨が合うと思って
いるのか俺には疑問だ。
フランスのある地方で僅かに作られているチーズと地酒の組合せ
は最高に美味しいと言われて味見をしても、チーズもワインも
フランス人ほど経験を積んでいない俺のような日本人にはその
旨さをなかなか正当に評価
できないものだ。
和食の経験が少ないフランス人が
「この店の料理とこのワインの組合せがいい」
なんて正直で気が弱い人
にはなかなか言えるものではない。
ミシュランの場合は、なにしろ覆面審査だからどんな無責任な
ことでも言える?これはちょっと言いすぎかな??

タイのワインだが、フランスの醸造技術を取り入れて良質の
ワインがタイでも作られるようになった。関税だか酒税だか
高額な課税があるためタイでは輸入ワインはもちろん、
国産ワインも高価な飲み物だ。
そのうちに税制が変わり安いフランスワインをタイの庶民が
楽しめるようになるだろう。そのためにはフランス人はいかに
フランスワインがタイ料理と合うか宣伝しなくてはいけない。
宣伝では「ワインとトムヤンクンは合う」なんていうだろう。
俺もこの組合せはワインと刺身の組合せより合うと思う。
「ワインとソムタムはいい」とも言うだろう。
えっ!?あの生臭い蟹のにおいが?
腐った魚の臭いがワインとあう?
タイではワインの宣伝のために、フランス人は
「ワインの香りはパクドンの香りと絶妙なハーモニーをかもし出す」
なんて
言い出すかな?
フランスワインの普及のためにはそのくらいのことを言わなくては
駄目だ!現にヌチャナートはパクドンと一緒にワインを飲んで
いるではないか!
タイではワインは高価な飲み物だから、ウチの安物ワインでも
ヌチャナートは「美味しい」と言う。他の料理では厳しい味の評価
をするヌチャナートだが、ワインの評価は俗っぽい。

パクドンは俺を含めて外国人は嫌うが、ヌーの好みの料理だ。
好みの料理と高級ワイン?でヌチャナートは幸せな気分に
なっている。パクドンとワインの組合せをフランス人は美味しい
というか?幾ら、商売の為とは言いながらも、ここまで無理して
来ると俺はフランスワインは味噌の香りでも糞の香りとでも
あってし
まう気がする。

2008/7/21

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本製インスタントラーメン

P1050857pct13

俺達がタイで驚くことの一つにタイ人はラーメンに砂糖を入れる
ことだ。俺も真似してタイラーメンに砂糖を入れた。
塩っぱいはずのラーメンスープが甘くなり、泣きたくなるほど
不味いものになった。

ある時、俺が「タイラーメンを食いたい」と言った。
タイ人が俺の為に近所の屋台からタイラーメンを買ってきてくれ
た。「スープに砂糖をいれるな」と言うのを忘れた。
丼を両手で抱えながら買ってきてくれたラーメンには砂糖が
入っていた。「失敗したな」と思いながらラーメンを食った。
塩っぱい味に辛味が加わる、その後に甘味を感じた。
その甘味になんとも言えない快さがあった。
辛味の後に感じる甘味には優しさがある。
「なぁーるほど、ラーメンに砂糖を加えるとこんな美味しさが
でるのだ!」俺はその旨さに感心した。
照りつける太陽の下で食べるラーメンだから感じたのか?
自分で砂糖を加えると味のバランスがとれない。
いつも変な味になるので、俺は砂糖を加えるのを諦めた。

ヌチャナートは飯を作るのが面倒なので日本のインスタントラー
メンを作った。ラーメンにソーセイジが入っているのも面白い。
タイラーメンを注文すると、魚のつみれのような物を入れてくれ
る。つみれの代わりにソーセイジをいれたのだろう。
ラーメンなのに、こんな器に入れてだす。
日本人はこの料理にはこんな器と料理と器の関係にこだわる。
タイ人はそんなこと、気にかけない。
王宮料理の場合は規則とか習慣というのがあるかもしれないが、
ウチの場合は庶民料理だから「
そんなのカンケーネェー」ようだ。
「サミイが作ったナムソムを加えると美味しいわよ」
俺が酢に生唐辛子をいれたものをインスタントラーメンに加えろ
というのだ。タイの屋台ではどのテーブルにも必ず置いてある
調味料だ。酸味と辛味が加わって美味しい味になる。

ヌチャナートも俺が作ったナムソムを加えてインスタントラーメン
を食いだした。一口、味見したら立ちあがった。
「あれ?どうした?」
見ているとヌチャナートは砂糖を持ってきてインスタントラーメン
に加えた。タイ人にはラーメンスープに砂糖を加えないと駄目
なんだと改めて感じた。

2008/7/22

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

パクブンファイデン、朝顔の火炎料理

P1050843pct13

バンコックのレストランで俺のために英語のメニュウがだされた。
ヌチャナートが居れば、ヌチャナートが料理を選んでくれるから
英語のメニュウなんて必要ない。。今日はヌチャナートが居ない
から、自分で料理を選ばなくてはいけない。
一緒に居る二人のタイ人も
「どうぞ、お好きな料理を選んでください」という。
何か珍しい物を食いたかった。
「朝顔の炒め物」という料理があった。
朝顔ってあの朝顔?小学生が4月に鉢に植えて夏休みに自宅
に持ち帰るあの朝顔?
夏の朝に咲く赤や青の花か葉っぱの料理なの?
こりゃ珍しい、それを戴くことにした。
出された料理はニラ炒めのような料理だった。
想像していたのとは違うが、旨い。気に入った。

この野菜は英語では朝顔となっているが、漢字では空芯菜
となる。この料理をレストランで頼むと、野菜を炒める鍋から
真っ赤な炎を派手に上げながら作るからパクブンファイデン
(赤い炎の空芯菜)という。通りに面した場所で料理を作り
パッと広がる炎を看板にしている店もある。
ヌチャナートは炎が出ないように調理している。
「それじゃぁ、ファイデンにならないね」
「こんな所でやったなら、危ないじゃない!」
出来上がった料理を家の外に持ち出して食べた。
夜風が涼しい。今日は蚊がいない。蚊取り線香は必要ない。
ヌチャナートは白ワインを飲む。
俺はウイスキーのソーダ割を飲む。
この料理ってダイエットになると感じた。
俺が考えたダイエット法は次に書こう。

2008/7/20

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

噛むダイエット

昔々のことだった。兵隊から帰った学校の先生が言った。
「兵隊から帰った」と言っても、なんのことか分からない人が
増えてしまった。太平洋戦争中の日本は徴兵制だった。
兵隊にとられて戦地に行く。
戦地から帰ってくることを「兵隊から帰った」と言っていた。

元兵隊だった先生はたしかフィリッピンに居たそうだ。
終戦末期には食糧の補給ががなく、自給自足もままならず兵隊
は餓えた。餓死する兵隊も多かった。

「50回噛むまで飯を飲み込んではいけない」
というおかしな命令がでた。
腹が減っている、飯は少ない。ガツガツしている兵隊は50回も
噛まずに飯を食い終わる。
早飯食いの兵隊は厳しく叱責された。
先生は怒られたくないから50回噛んでから飯を飲み込んだ。
その先生が言った。
「不思議なことに50回も噛んでいると少ない飯でも腹いっぱい
になるんだ」
今は噛むことで満腹神経が刺激され空腹感がなくなると科学的
に証明されている。その当時はこのような脳神経的知識は
なかったと思うが、経験的に噛むことの生理的働きを知っていた。
この命令のおかげで多くの兵隊の命が救われた。

昨晩、空芯菜の炒め物を食べていた。
空芯菜はちょっとスジが硬くてよく噛まないと食いちぎれない。
噛んでいるうちに空腹感がなくなった。
この時、兵隊から帰った先生の話を思い出した。

そうだ!これをダイエットに利用できる。
何でも好きな物を食っても良い。ただ、それを飲み込む前に必ず
50回噛まなくていけない。
噛むことができない、コーラやアイスクリームは食うことを諦める。
チーズなら噛めるから食っても良い。
少ない飯で満腹になるから、食物の摂取量が少なくなる。
結果的に摂取カロリーが少ないからダイエットになる。

よく噛んで食べるのが健康の基本的姿勢なんだ。

2008/7/21

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉のない唐辛子

P1050847pct13

辛い唐辛子だと思って唐辛子の苗をヌチャナートが買ってき
た。白い花が咲き、実ができた。やがて辛い唐辛子が出来ると
思ったが、どうやらしし唐のようだ。
先がとんがってこない。
苗が植わった鉢には唐辛子の種類が書いてあったはずだ。
それを読んであげなかった俺が悪い。
でもヌチャナートは気にしていないようだ。
ヌチャナートのお目当ては辛い実ではなくて新鮮な唐辛子の
葉っぱだ。これを摘んで料理に使う。

こんなにも葉を摘んでしまった。
大丈夫なのだろうか?
ヌチャナートは経験が豊富だから、絶対に枯れないと知っている
のだろう。これだけ葉を取ったなら育たないと思うのだが、
ヌチャナートは心配していない。
「これが赤くなったらきれいだから、赤くなるまで食べないわ」
しし唐を赤くする気でいる。

2008/7/21

TREview

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »