« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »

2008年9月 5日 (金)

タイの漢方薬

漢方薬はタイにもある。タイ語では漢方薬のことを「中国の薬草」
と言っている。ある漢方薬店の前で、男が木を削っていた?
或は薬研で何かを粉にしていた。
詳しい状況は忘れたが、削っていたことにしよう。
店の陳列棚に並んでいる商品を見て削っているのは薬木だな
と分かった。俺は木を削っている男に話しかけた。
男は俺が薬草に興味を持っているのを知り、店から分厚い本を
取り出した。こんな立派な装丁の本はなかなかタイでは見かけ
ない。辞書など大量に売られている本は値段は安いが装丁が
悪くてすぐにボロボロになる。この本はそんなことはない。
発行部数が限定されている専門書は日本でも高価だ。
さぞ高価な本だろうと推定した。
男はページをめくり、素早く削っていた木の説明が載っている
ページを開いた。本の取り扱い方を見て、色が黒くて上半身裸
のこの男はよくこの本を使っているインテリだなと分かった。
そしてこの木の効果について俺に説明してくれた。
俺は「うんうん」と無責任に返事をしながら聞いていたが、彼の
タイ語はまるで分からない。でも彼の動作や本のイラストから
何に効くのかなんとなく分かった気がした。

町を歩いていると、行商人がいた。
担いだ籠の中身を見ると、俺には必要のないガラクタばかり
だ。木の二股にゴムをつけたパチンコ、軽石、玩具・・・そんな
ものだった。その中に漢方薬のようなものがあった。
行商人を呼び止めて漢方薬のようなものを求めた。

家に戻り、近所のおばさんに買った物を見せた。
説明書がある。俺は読めないからおばさんに読んでもらった。
おばさんはそれを読んで笑い出した。
「これ精力剤よ!大きく元気になるわよ!!アハハハ・・・・・!」
日本に戻り、おばさんに言われたように漢方薬を焼酎につけた。
飲んでみたが効果はあるのかないのかわからない。
少なくとも養命酒のような薬効はあるだろう。苦かった。
良薬口に苦しというではないか。きっと効いていると思い込ま
せた。

その次にタイに行った時、この漢方薬を思い出して買おうと
した。行商人と出会った街角に行けばまた会えるだろう。
少なくともこの近辺で漢方薬を売っている人を見つけることが
できるはずだ。しかしそんな漢方薬は見つからなかった。
人間って面白いもので見つからないとかえって欲しくなる。

外国で出会った行商人=>薬・実はただの精力剤 =>
行商人いない =>ただの精力剤が魔法の秘薬に

俺の想像は漫画か小説のように膨らみ、あの薬は空を飛んだり
透明人間になれる魔法の秘薬か不老長寿の薬のように思えて
きた。うーん、残念だな。
また、タイに行ったら秘薬を見つけるぞ!
いつしかそんな気になっていた。

ヌチャナートにこの話をした。
「バッカねぇ!そんなもの欲しけりゃ、薬屋に行けば売ってる
わよ!」
確かにその通りだ。漢方薬屋へ行けば、もっと効果の
あるものが手に入るかもしれない。
我ながら己の愚かさに嫌悪感をもった。

最初に買ったのが行商人だったから、行商人しか売っていない
と思い込んでいた。出会えないと行商人が謎めいた人に思え
てくる。謎の人から秘薬を買った。

秘薬=>魔法=>ハリーポッターと膨らんだ俺の想像は
ヌチャナートの「バッカねぇー!」の一言で潰れた。


TREview


2008/9/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果物のトムチュート

タイ料理を知らない人が、こんなタイトルを見ると、デザートだと
思うだろう。タイやタイ料理を知っている人が見れば、
「なんだこれ?」「そんな料理はタイにはない!」と思う。
これはデザートでなくて、立派な食事なんだ。
果物と聞いて誰しもまず想像するのはリンゴやイチゴのような
食後に食べる甘い物だ。

「ねぇー、お風呂場にある果物を持って来てよ!」
こんな会話から今日の料理は始まった。風呂場に果物なんか
あったか?先日買った果物はマンゴー、プラム、スイカ・・・だよ
な。その他に果物なんか買ったっけ?
俺のタイ語が不十分だから、俺は誤解しているのかな?
とにかく風呂場に行ってみた。
果物なんてなにもない。果物の絵が描いてあるものを探した。
レモンの香りがするバスクリーンのようなものを求めているの
か?そんなもん、料理に使うわけない。
足元を見ると冬瓜があった。
これも花が咲いて実った果物の一種に間違いない。

「これかい?」
「そうよ、ありがとう」
ヌチャナートが求める果物を理解し見つけるのに、時間が
かかったのでむっとして言った。
「これは果物ではなくて野菜だよ」
そうは言った物の野菜と果物の境界は何処にあるのだ?

スイカは果物か野菜か?トマトはどっちだ?
メロンは果物だ。
胡瓜は野菜だ。
冬瓜は野菜だと思うが、ヌチャナートは果物と言った。

「うーん?」俺は考えてしまった。
日本人とタイ人では考え方が似ているのは幾つも経験したが、
冬瓜の場合は違う。英語の「fruit」はデザートに食べる果物の
他に、花が受粉して子孫を残すために作る果実という意味も
ある。タイ語で言う「果物」は英語と同じように「果実」という意味
もあるのだと初めて理解した。この考え方は日本語にはない。
冬瓜が欲しけりゃ、日本人は
「風呂場にある野菜を・・・」と言うが
「風呂場にある果物(果実)を・・・・」とは絶対に
言わない。
今までタイ語と日本語の類似性について見てきたが、これからは
タイ語と欧州語との類似性も見てみよう。
新しい発見があると思う。

P1060364pct13

冬瓜のトムチュートが出来上がった。
透明になった冬瓜にはスープが染込んでいる。
柔らかで口の中で冬瓜がとろける。その優しさが嬉しい。
うっすらと油が浮いている。
このトムチュートは鼠の糞と一緒に食べると美味しい。
「えっ!鼠の糞ですって!?」
「不潔!汚い!気持ち悪りぃー!」
本物の鼠の糞ではなくて、鼠の糞と言う変な名前の唐辛子の
ことです。香りの良い唐辛子ですから、心配しないでください。
「いい香りがする唐辛子だよ。食べてごらん!」
甘い言葉に釣られて食べて、その辛さに泣いても知りませんよ。

これは辛い唐辛子だから、俺は半分か三分の一に切ってご飯
にのせる。トムチュートをご飯にかけて冬瓜と一緒に食べる。
辛味と旨味でパクパクと食べてしまう。


TREview


2008/9/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

ラープを食べる

P1060340pct13

そうそう、先日こんなラープを食べたのだっけ。
ちょっと前まではラープは大好物だったが、最近はそれほど
でもない。食べ飽きたというのではない。
ラープが欲しけりゃ、ヌチャナートに「ラープ」と言えばいつでも
食べられるから、新鮮味がかけたのかな?
そんな状態だけど、食いだすとついつい食ってしまう。
摘み立てのミントの香りと辛さがいい。
ラープと冷たいビールの組合せもいいもんだ。
これはタイの味だ。多くの人はトムヤンクンをタイの味とする
だろう。俺にとってはラープがタイの味だな。
そういえば、最近ネムを食べていないな。


TREview


2008/9/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

ウチの収穫祭

P1060357pct13

今日はウチの収穫祭だ。なんとなく嬉しくておめでたい日だ。
ベランダで育てた唐辛子を初めて摘んだから収穫祭だ。
収穫祭の宴の料理はこんなものだ。
宴なんて大袈裟な表現だ!要するに晩飯だ。

本当は沢山の唐辛子が出来たはずだが、
「唐辛子に大きな虫がついているわ!」なんて言いながら
ヌチャナートは葉を摘んでは食べてしまうから実がならない。
ほとんど坊主にされても唐辛子は生きている。
懸命に次々と葉をだす。花が咲き、小さな実もできたが、
それも食べられたようだ。
なんとか生き残った唐辛子を摘んでパッカパオに使った。
緑色の唐辛子が赤みを帯びて、黒くなった。
それからだんだん赤みがまして唐辛子は茶色から赤になった。
今では色鮮やかな真っ赤だ。
この唐辛子は辛味が少ないタイプだから、彩りに使った。
辛味は別の唐辛子で補う。
パッカパオを作ると家中に唐辛子の煙が立ちこめてくしゃみが
でる。料理が出来上がるまで、二人はくしゃみをしていた。
出来上がったものはよい香りがして誰でも好きになると思う。


TREview


2008/9/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

食べ物と健康の広告9018

昔から「これはなんとかの薬」という食べ物がある。
たしかにその効果があるから、そのように言い伝えられてきた
のだと思う。
近年、「(食べ物の名前)健康法」という本や記事が目立つ。
本や雑誌の広告から食べ物と健康の関係を見ている。
あまりにも沢山の食べ物の名前がでてくるので、何を食べても
健康になるのではないかと思ってしまう。
この健康法にも流行り、廃りがある。
今日、目に付いた広告にこんなものがあった。

「はつらつ元気」誌2008年10月号
40kg 19kg 14kg 楽(○囲み)やせた!
15cmくびれて産後太りも脱出!!
脂肪燃焼 トマトスープで
体脂肪が毎日減って一週間でメタボ解消!!

2日でだるさ解消! 1ヵ月で検査データが正常値!
糖尿病に有効 名薬 クワの葉酒

皮膚科医も効果確認! 古い角質を除去してシミまで消える!
顔・首の粒イボ解消!!
潤い極上
杏仁オイル 実感付録

「安心」誌 2008年10月号
脳梗塞、高血圧、頻尿が軽快!
骨も肌も血管もイキイキ!
免疫力が高まる
ニンニクみそ
マスオさんの元気の源!

「夢21」誌 2008年10月号
腸の白血球が活気づき重い肝炎も高血糖も軽快すると医師も
治療に使う食物繊維ゼリー

TREview

2008/9/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツの炒め物

P1060334pct13

豚肉を揚げるか炒めるかヌチャナートが聞くので、炒めると
答えた。どんな炒め物がでるのかと思ったら、こんなものだった。
キャベツの中に豚肉がちょろっと入っている。
これじゃ豚肉を炒めたのではなくてキャベツを炒めたものだ。
ちょっと甘い味がする。
牡蠣油を使ったのかと思ったら、醤油だけで味付けしたとのこと。
そうするとこの甘味はキャベツからでたものだ。
生唐辛子と一緒に食べると美味しいと感じる。
日本人の味付けだともっと塩味が濃い。
塩味が濃いとキャベツと肉をご飯にのせて食べらると丁度良い
あんばいになる。
タイ料理は塩味が薄い。それで唐辛子が欲しくなるのだろうな。


TREview


2008/9/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

なんで大きい卵は高いの?

しばらく、バーミーナムを食べていなかった。
豚かつとかお茶漬けのような日本食を食いたくなることはない
のに、急にバーミーナムが食いたくなった。
ヌチャナートが作ってくれた。
「卵を入れる?」
「そうだね」
バーミーナムを食っている時、今日の卵は何時もの卵より大きい
のに気づいた。それから、大きい卵は小さい卵より値段が高い
ことを思い出した。多くの商品は大きい物は小さい物よりも高価
だ。テレビでも自動車でも大きい物は高い。
その市場原理を卵に当てはめれば、大きい卵は小さい卵よりも
高価なのは理解できる。

ヨードを含んだ特別な餌を与えて黄色い黄身をもつ卵を作ったと
いうのなら、その努力に対価を払うのは当然だ。
養鶏場は大きい卵を作るのに、どんな努力をしているのだ?
大きい卵なんて自然にできるのではないのか?
ひよこから成鶏になり熟女鶏になり廃鶏になる。
成鶏になり始めた頃の鶏の卵は小さい。
多分、熟女鶏になると卵は大きくなるのだろう。
大きな卵を産ませるには餌代が余分にかかるというわけだ。
航空券で言えば燃料代のサーチャージのように、大きい卵に
餌代のサーチャージがかかるから大きい卵は高いのか?
素人考えだがサーチャージが高すぎるような気がする。
養鶏には餌のほかにも衛生・伝染病管理が必要だから卵を大き
くするには金がかかるのかな?

養鶏場直系の卵屋で鶏が初めて産んだ卵を、縁起物の「初卵」
として高く売っていた。これはなんとなく理解できるし、微笑まし
く思う。

一つの殻に黄身が二個入っている卵に出会うことがある。
これも「子宝に恵まれる」と喜ぶ人がいる。子供を欲しがっている
人は高い金を出してもそんな卵を欲しがる。
その気持ちはわかるな。
黄身が二個入っている卵は、卵を産み始めた鶏が不慣れの
ため一つの殻に間違って二つの黄身を入れちゃったのだ。
いわば失敗作、駄作だ。
鶏にしては未熟者の失敗作だが、人間が傑作と評価している
ようなものだな。


TREview

2008/8/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤いカオパット

P1060330pct13

今日は昨日の残飯をカオパットにしてくれた。
出来上がったカオパットは何時もと違って赤い。
「あれっ!今日のカオパットは赤いね」
俺が子供の頃、デパートの食堂にあったオムライスのようだ。
「トマトをいれたのよ」
どうりで、ケチャップで味付けしたオムライスに似ているはずだ。
いつもは「卵が入らないカオパットはカオパットではない」と言って
いるのに、今日のカオパットには卵は入っていない。
タイ人が言う、アメリカ風カオパットなのかな?
それとも俺に気を使ってこんなカオパットを作ったのか?
俺はナンプラで味付けし、飯がパラパラしているカオパットが
好きだ。これはこれで美味しいのだが、飯がぐちゃっとしている
のが気に入らない。

炊きたての温かい白いご飯も美味しいが、こうやって炒めて食べ
てもご飯は美味しい。ヤッパリ、俺は日本人なのだ。
米の飯があると、「うまいな!」と感じてしまう。

2008/8/30


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

においを思い出す

何かが臭ってきた。
「なんだこのにおいは?何処かで嗅いだことのあるにおいだな?」
俺はこのにおいを知っている。絶対に知っているにおいだ。
「そのにおいが何か?」一生懸命に思い出そうとした。
「そうだ!タイで嗅いだことのあるにおいだ。」
タイのにおいだと分かったが、何のにおいだか思い出せない。
なんだっけなー?よく嗅ぐにおいなんだがな?
「あっ!そうだ!もち米を蒸している時のにおいだ!」
この傍にタイ料理店がある。そこでもち米を蒸しているのだ。
もち米を蒸すにおいはそれほど強いにおいではないので、
気づかない人もいるだろう。
気づいてもちょっと「なんのにおいかな?」と思うだけだろう。
タイ料理店から俺の居る場所まで30メートルほど離れている。
それでも風に乗って臭ってくる。何だか分からなかった臭いを
特定できたので、奇妙なことにほっとした。

国や場所によって特有な臭いがある。
日本中何処へ行っても醤油の臭いがするから、日本特有な
においは醤油のにおいだろうな。
俺はタイの場合、八角のにおいが特有なにおいだとしている。
ナンプラのにおいがタイのにおいだと反論する人もいるだろう。
確かにナンプラのにおいはタイの何処にでもあるにおいだ。
八角のにおいは軽くて遠くまで飛んで行くが、ナンプラのにおい
は重くて遠くまで飛ばない?或は、ナンプラのにおいは余りにも
普遍的なので、鼻がバカになってナンプラのにおいに反応しなく
なっている。ナンプラと違って八角はそれほど普遍的なにおい
ではないので、気づくのが早い。
町の何処かで八角を使った料理を売っている屋台があると、
そのにおいにすぐに気づくから、おれはタイのにおいは八角の
においとしている。

タイの東北のにおいは、このもち米を蒸すにおいかな?
ご飯時になるとあちこちからもち米を蒸すにおいがしてくる。

2008/8/30


TREview


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »