« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008年9月20日 (土)

世界三大スープって何か

トムヤンクンは世界三大スープの一つだと言う。
少なくとも多くの観光案内書にはそう書いてある。
俺はいつもそれに疑問を抱いている。本当にトムヤンクンが
世界三大スープなら、タイを知らない日本人でもトムヤンクンを
知っ
ていてもいいはずだ。
「食べたことはないが名前は聞いたことがある」
という程度の知名度があってもいい。
実際のところ、トムヤンクンなんて知らない日本人の方が多いと思う。
それから考えるとトムヤンクンが世界三大スープなんて、とてもとても
思えない。

こんなことを言うと、俺はトムヤンクンが嫌いなのだと勘違いされる。
トムヤンクンは美味しいスープだ。
酸っぱいと思うと辛味が襲ってくる。その味の調和がなんともいえない
美味しさだ。タイでレストランに入ると必ずトムヤンクンを注文すると
いう白人を知っている。海老にアレルギーがある人以外は誰でも好き
になるスープだと俺は信じている。
ただ、トムヤンクンが世界三大スープの一つだなんて思っていない
だけだ。

日本語で「三大スープ」を検索するといろいろなサイトがひっかかる。
これを英語で「"three bigest soup"」とやってもひっかからない。
「"three bigest" +soup」とやると「three biggest」なんとかというのが
ひっかかる。例えば「三大の川」「三大問題」などだ。
しかし「三大スープ」なんてものはひっかからない。
少なくとも英語国民の間では「三大スープ」なんて概念がないようだ。

スープに関連した「三大」のなかにこんな内容のサイトがあった。
アメリカのスープ缶詰会社キャンベル社で売れている三つのスープ
はチキンヌードルスープ、トマトスープとクリームオブマッシ
ュルーム
だそうだ。キャンベル社は米国の缶詰スープ市場の70%を占拠し
ている。これならなんとなく分かる。
クリームオブマッシュルームは俺の好物でもある。

どうやら世界三大スープなんて言い出したのは日本人じゃないか
な?頭の良い人が居て、タイを売り出すために、タイ名物の
「トムヤンクン」を世界三大スープに仕立て上げたのだと思うように
なっ
た。


TREview

2008/9/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

茄子の炒め物、タイ料理か?

P1060453pct13

茄子と茸と鶏肉を炒めた物がでてきた。俺はこれをタイ料理だと
思って食べた。ヌチャナートはこれを日本の料理だと思って作った
らしい。
皿に盛ったご飯を一口分だけ皿の上で広げる。
料理を広げたご飯の上に乗せる。そして唐辛子をひとかけら乗せて
食べる。この食べ方はタイ的な食べ方だ。

ヌチャナートが日本で覚えた料理、例えばこの茄子の炒め物をタイ
で作る。それをご近所の人々と一緒に食べる。
その料理をご近所の人はタイ料理だと思って食べるようだ。
「日本の料理なのに、タイ料理だと思われるのよ」
そう言ってヌチャナートは笑っていた。

どうしてだろうか?
タイ人の味覚で美味しいと思う日本の料理は何処かでタイ料理に
共通したものがあるのだろう。タイ的な日本料理をタイで作ると、
タイ人は新しいタイ料理だと勘違いするのではないかな?


TREview

2008/9/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉唐辛子の炒め物

P1060450pct13

デパチカに葉唐辛子があった。ヌチャナートは葉唐辛子を買いたい
という。それを見たら、俺もなんとなく葉唐辛子を食いたくなった。
子供の頃、葉唐辛子を炒めて醤油で味付けした物を好んで食べた
ことを思い出した。そんな物を好む子供を見て大人は
「この子はのん兵衛になるよ」と言っていた。
子供の頃の好みとのん兵衛の関係は当たっている。

デパチカで葉唐辛子を買う時、葉唐辛子の間に唐辛子の実がついて
いるのを見ていた。このパッケージは葉っぱだけで唐辛子の実は
あまりないと思っていた。ヌチャナートが作った葉唐辛子の炒め物は、
葉よりも実の方が多い。生の時は葉の方が多かったが、炒めると
葉は小さくなり目立たなくなるが実は炒めても小さくならない。
葉唐辛子を炒めたのか唐辛子を炒めたのかわからない。
これは葉唐辛子の炒め物というよりも、唐辛子そのものの炒め物だ。
「辛い?」
腹がすいている俺はおかしな葉唐辛子の炒め物を酒を飲みながら
食べていた。
「いや、辛くないよ。美味しいよ。」
ヌチャナートが葉唐辛子を箸で摘んだ。
「あら!辛いじゃない!」
タイ人が辛いと言うものを、俺は辛くない丁度良いなんて言っている。
辛いとは思っていなかったが、額に汗が吹き出るのを感じた。
「汗をかいているわよ。辛いのでしょ?」
舌は辛いと感じないが、体が辛いと感じているので汗をだしている。
葉唐辛子の炒め物と酒は相性がいい。


TREview

2008/9/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ料理とポルトガルの影響

日本の食品にはポルトガルの影響がある。天麩羅なんてその最高峰
だろう。ポルトガル人が日本に来た頃、ポルトガル人はタイにも
来ていた。タイのアユタヤにポルトガル人は来て貿易をし、彼等の
食文化をタイに残してきた。ポルトガル人が残した食文化は今も
めんめんとタイの人々に引き継がれている。
ちょっと調べた所では菓子類にポルトガルの影響が強く残っている
ようだ。今日、観光でバンコックに来たポルトガル人は故国で見る菓子
と同じ菓子を昔ながらの製法でタイで作られているのを知って驚く
そうだ。

タイの料理には油で揚げるというのはなかったそうだ。
ポルトガル人が食べ物を油で揚げることをタイに伝えたとのこと。
つまり天麩羅の技術をポルトガル人はタイにも伝えたのだ。
現在でも天麩羅に似た物はタイにもあるようだ。
「あるようだ」なんて自信のない表現になってしまった。
俺は天麩羅のようなものをタイで食べたことがあると思うがはっきり
思い出せない。見た目、姿かたちが天麩羅なので、タイの食堂・レスト
ランで天麩羅を見ても食べようとはしなかったのだろう。
「日本で食べられる物をタイで食べる必要はない。タイでなくては
食べられないものを食べるべきだ」なんて俺は思って天麩羅のような
ものを意識的に避けたのかもしれない。
食べたとしても、感動がなかったのだろう。
ポルトガル人がタイと日本に天麩羅を伝えたのだと知っていたら、
感動していただろう。

「タイにも天麩羅はあるだろう?」ヌチャナートに聞いてみた。
「あるわよ」やっぱりそうか。
「小麦粉をつけて、揚げるのかい?」
「そうよ」それなら間違いなく天麩羅と同じだ。
ある欧州人のインターネットサイトにタイ料理があった。
その中で見たインゲンの揚物の写真は日本の天麩羅にそっくり
だった。
「でも天麩羅はタイ人の好みじゃないわ。中国人は天麩羅を食べる
わよ」俺はやはりそうかと、納得した。


TREview

2008/9/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四角豆

P1060432pct13

この豆の本当の名前はなんというのか知らない。ヌチャナートに聞い
たが直ぐに忘れる。形から四角豆と俺は名づけている。
タイ語でナントカというより四角豆と言った方が俺には親しみが持てる。
この豆も昔はと言っても4・5年前までは余り見かけなかったが最近は
見かけるようになった。食べ方は簡単だ。
これ以上簡単な食べ方はない。生で食べるだけだ。
インゲンのように豆独特のにおいはないから食べやすい。
ナンプラをつけると塩味が加わって食べやすくなる。
さーっと茹でてサラダにしても美味しいと思う。
タイ人は豆や豆もやしを生で食べるが、俺は生の豆のにおいが
気になって好きじゃない。
四角豆なら生でも食べられる。


TREview

2008/9/17

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月18日 (木)

ゲンパームウ、豚肉と苦瓜のシチュウ

P1060424pct13

苦瓜がベランダで育っている。苦瓜を取ってきた。
「日本人は苦瓜の葉を食べないのよね」
そんなことを言いながらヌチャナートは苦瓜の葉も摘んでいる。
苦瓜の産地の人なら苦瓜の葉を食べるかもしれないが、都会に
住む人々は苦瓜の葉が食べられるなんて思ってはいない。
唐辛子の実や葉も摘んだ。
それらを全て鍋に入れて煮込んだ。
豚肉以外の材料は全て自家製だ。すぐに料理はできあがる。
生の唐辛子は煮込まれて柔らかになっている。
そして唐辛子のよい香りが口の中に広がった。


TREview

2008/9/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

食べ物と健康の関係9168

目に付く広告の中から食べ物と健康の関係を探っている。
昔からこれを食うと何に良いという食べ物がある。
その言い伝えを調べると、その食べ物にはあるミネラルが多いの
で目とか鼻によいというのがわかってきた。
昔は特定の食べ物が高血圧とか特定の病気に効くという話が多
かったと思う。最近はある食べ物で痩せたとかダイエットという広告
が多い気がする。

「ゆほびか」誌 2008年11月号
手軽!美味!「酢モヤシ」ダイエット
15Kgやせ、おなかペコン!酵素パワーで重い便秘も一掃!
色白美肌!

「壮快」誌 2008年11月号
パッと作れる<甘いレモン水>で20キロ 16キロ 13キロ 
楽(○囲み文字)やせた
ひざ痛耳鳴りが消えた人大続出

中華料理店主考案
丸ハゲ頭に毛が生えた!
血圧血糖値が正常化
飛蚊症も消えた!
<タマネギジュース>

15キロ減量に成功!
<コーヒー>で頭がよくなる!
糖尿病、メタボ、血栓を防ぐと新判明

愛犬の白内障にも効いた!
<アワビの粉末>で緑内障、白内障、飛蚊症、老眼が大改善!
視力大向上

TREview

2008/9/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月15日 (月)

パッカパオ、タイ風肉の炒め物

P1060420pct13

今晩はパッカパオを作ると言い出した。
これを作ると家中に唐辛子の煙が充満する。
煙と言うと白とか黒いものを想像する。
唐辛子の煙というのは無色透明だが、性格が悪い。
この煙を吸うとくしゃみが出る。
くしゃみも一回じゃすまない。二回とか三回もくしゃみがでる。
それが終わるとこの料理が出てくる。
香りといい、辛味といい、これが出ると俺は夢中で飯を食べる。
この香りはバイフアラパーからでる。
バイフアラパーはタイから空輸されたものを食べた後の茎を鉢に
刺しておいた。
そうしたら、この香草は根付いた。
ヌチャナートは食べたい時に香草を取れるので喜んでいる。
トムヤンクンがタイスープの代表なら、パッカパオは肉料理の
代表だと思う。


TREview

2008/9/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »