« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年10月31日 (金)

タイの庶民とマヨネーズ

昔でもちゃんとした洋食屋が日本にあった。また一流のシェフがいて
一流の西洋料理を作っていた。
それらを知り、食べていたのは特定の社会階層の人々だけだった。
庶民の洋食は極端な話、豚かつとカレーだけだった。
豚かつにはトンカツソースという日本独特のソースをかける。
洋食はトンカツソースをかけて食べる物だと言う固定観念が庶民
に出来上がっていた。その当時の庶民はベシャメルソースや
フレンチドレッシングなんて知るはずがない。
そんな日本人は、見慣れぬ洋食を出されるとトンカツソースを要求
した。トンカツソースがないと洋食を食べられない日本人がいた。
これは笑い話ではない実際にあった話だ。

今から400年ほど前にポルトガル人が当時のタイの都アユタヤに
来て西洋料理を伝えた。そのうちの何点かは昔のままのスタイル
で現在まで受け継がれているが、多くは失われた。
近年になって西洋料理がタイに入り始めた。
バンコックにはちゃんとした西洋料理を食べさせる店はある。
そんな店に入れるのは外国人と裕福なタイ人だけだ。
西洋料理が徐々にタイの庶民にも伝わっていったが、高価な油や
肉を使う料理はタイの庶民には伝わらなかった。
庶民が簡単に手に入る材料で出来る西洋料理はサラダだけだ。
彼等は昔から生野菜を食べる習慣はあるが、必ず何かの料理と
一緒に食べる。生野菜だけを食べることはない。
生野菜を西洋風に食べるためにマヨネーズを使った。
日本人の西洋料理=トンカツソースという構図と同じようにタイ人
には西洋料理=マヨネーズという構図が出来上がって
いる。
ヌチャナートも西洋料理にはマヨネーズがつきものだと信じている。

そんな歴史的背景を頭に入れて話を進めよう。
先日、豚ロース肉の厚切りを買った。なんとなくポークソテーが食い
たかったからだ。それを見て、ヌチャナートが豚かつを作ると言い
出した。
「豚かつでもいいな」別に反対はしなかった。豚かつは西洋にその
起源を持つが、今では日本の風土にすっかり溶け込み
完全に和食
化している。俺にとって豚かつは和食なんだ。昔の日本人が豚かつ
は西洋料理だと思っていたように、ヌチャナートも豚かつは西洋料理
だと思っている。豚かつを食卓に並べて言った。
「マヨネーズいるでしょ?」
俺はタイ人の西洋料理=マヨネーズという構図を思い出して笑った。

2008/10/28


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子丼と義理の息子

親子丼という料理が日本にある。鶏肉を出汁の中で煮て卵でとじた
物を丼飯の上に乗せたものだ。
鶏肉の代わりに豚肉を使うと他人丼と呼ぶ。
これをヌチャナートに説明したら、可笑しそうに笑っていた。
日本人の俺が聞いてもおかしな料理の名前だと思う。

英語で書かれたタイ料理の本を読んでいた。
その中に'son-in-law eggs'と言う面白い名前の料理があった。
直訳すると「義理の息子卵」だ。
こんな変な名前は英語国民が勝手につけた名前だと思い、タイ語
ではなんと言うのか調べた。
タイ語もやはり「義理の息子卵」となっている。
'son-in-law eggs'と言う名前はタイ語を直訳したものだった。

料理の名前を聞けば、それがどんな料理か大体は想像がつく。
しかし、これは全く想像がつかない。
説明を見ると「ゆで卵を油で揚げて甘いタレをかけたもの」となって
いる。どうしてこれが義理の息子になるのか分からない。
想像がつかないから写真を見てください。

1042222

http://pirun.ku.ac.th/~b5043026/pics/1042222.jpg
http://i50.photobucket.com/albums/f340/pookmelbourne/Picture721-1.jpg
から拝借した写真だ。

Picture7211
一つはタレがかかっているが、もう一つはタレをつけて食べるようになっているのがわかる。
しかし、どうして「義理の息子」なのか理解できない。

俺はこの料理が何故、義理の息子になるのか想像を巡らせた。
有名レストラン主の義理の息子が編み出した料理かもしれない。
男の睾丸をタイの俗語で卵と言う。
日本の俗語で睾丸を息子と言うことがある。
卵=>睾丸=>息子と連想して義理の息子卵としゃれたのかな?
俺はこれで納得した。真実を追究するほど重要な問題ではない。

俺は常々日本人とタイ人の考え方は似ているところがあると思っている。
このように考えると「親子丼」「義理の息子卵」も同じような発想だなと感じてしまう。

2008/10/31


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

燻製牡蠣の油漬

こんな食べ物をヌチャナートはタイで食べたことがない。
タイでも買えると思うが、普通の市場では絶対に売っていない。
普通の市場で売っていたとしても俺はタイ独特の食品に興味を
持っていたので、西欧的な食品に注意を払っていなかっ
たから、
こんな缶詰は目に入らなかった。

日本のスーパーに燻製牡蠣の油漬缶詰があった。
おっ!そうだ。これはヌチャナートが知らない食品だ。
これをヌチャナートに食べさせて、その反応をみよう。
魚介類が大好きなヌチャナートはこれを旨いというはずだ。

缶詰を空けてヌチャナートに試食させた。
思っていた通り、牡蠣の燻製を美味しいと言った。
俺はこれを使ったタイ料理を期待していた。
「これでタイ料理を作ってくれよ」
例えばこれでタイ風のサラダを期待していた。
「油が多いから、タイ料理にしても美味しくないわ」
期待と違った答えが来た。
「唐辛子とナンプラで食べると美味しいわよ」
レンゲに唐辛子入りのナンプラをすくい、燻製の牡蠣を一粒
のせた。確かにこの食べ方も旨い。
日本的な発想ではないこの食べ方を旨いと言う日本人は少ない
と思う。牡蠣についてきた油が唐辛子の辛味を消してくれる。
そして唐辛子の心地よい香りが際立つ。
日本人が嫌う油こさがきえるので、こんな食べ方もいいもんだ。

2008/10/30


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

カオパット タイ炒飯

俺の大好きなカオパットだ。タイに旅行した人は一度はこれを屋台
で食べただろう。俺はタイ人と生活しているから、好きな時にいつ
でもカオパットを食べられると思うだろう。それが違うのだ。
ヌチャナートはこんな物は料理じゃないとバカにしている。
「もっと美味しい物を作ってあげるわ」
優しい言葉で俺の要望を無視する。
「もっと美味しい物」と言っているが、実はヌチャナートが食べたい
物を作るのだ。俺がカオパットを食べたいと思っても作ってくれ
ない。なかなかカオパットを食べる機会がない。
今日は何故かカオパットだ。カオパットを作った理由は簡単だ。
料理を作るのが面倒だし残飯もあるから、カオパットにした。
カオパットは手抜き料理なのだ。
これで残飯も整理できる一石二鳥の料理だ。

P1060763pct13
手抜きと残飯整理の料理だが、俺にとっては久しぶりのカオパット
だ。飯粒もパラパラとはがれる。べたついていない。飯が光って
いる。マナオを絞って酸味を加える。こうすると味がしまる。
ラーメン屋の炒飯なら、スープがついてくる。
タイのカオパットにはスープがつかない。
習慣と言うのは恐ろしい物で、ウチのカオパットにもスープがない。
スープはないけど、ビールがあるから文句は言わない。

2008/10/25

TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

生唐辛子を買う

茨城でタイの野菜を作っておられる方がいるらしい。その方から
新鮮な唐辛子を譲っていただいた。今回は三キロ求めた。
唐辛子をキロ単位で買うなんて日本の家庭では考えられない。
これで驚かないでください。生唐辛子を1キロと言われてもどの位か
想像つかないでしょう。この位の量です。この袋が3つです。

P1060782pct13

今回は生の唐辛子です。乾燥物でもキロ単位で買うのですから、
生の唐辛子三キロというのは決して多くないのです。

新鮮な唐辛子は香りが違う。色だって綺麗だ。
乾燥物や冷凍物にはない、美味しそうないいにおいがする。
それだけで食欲をそそる。

P1060784pct13

2008/10/26


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »