« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »

2008年11月12日 (水)

菜の花スープ

P1060844pct13

菜の花と長葱のスープだ。
余計な物や余計な時間は使わない。
市販の粉末スープを使っただけだ。
これだけでも、いい味がでるよ。

2008/11/10


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚ロースとタイの食習慣

P1060854pct13

写真を見て、「この料理はタイ風」と感じる人はタイをよく知る人
だと思う。
日本には文明開化の時、肉料理が入ってきた。
それと同時に西洋風の食習慣が紹介された。
豚ロースの厚切りを食べるには、ナイフとフォークを使うものだと
された。しかし、食べつけない食器で食事をするのは面倒だ。
新しい食習慣も定着先で徐々に変化する。
トンカツのように和風化され、箸で食べるようになったのが良い
例だ。

同じ肉を食べるにも、タイ人には違った食習慣がある。
昔から肉料理を食べていたタイでは肉の食べ方も西洋とは違う。
独特な食習慣がタイでは形成されている。
タイの食事はフォークとスプーンで食べる。ナイフは使わない。
何故、ナイフを使わないのか?
その理由は簡単だ。使う必要がないからだ。
ナイフを使わなくてもいいように、切ってから出すか、柔らかに煮込
んでから出す。皮付きの豚足でもことこと長時間煮てスプーンで
食べられるようにして出す。

豚ロースに味付けしてフライパンで焼くと、写真のように、
食べやすい大きさに切り分ける。それをご飯の上に乗せて出す。
日本人は豚ロースを箸で食べられるように切ったなら、ご飯の横
に置く。それも切り分ける前の姿を変えないようにきちんと並べる。
タイ人はそんなことをしない。どさっと切った肉を飯の上に乗せる。
これをナムプリックと一緒に食べるのがタイ風だ。
もし、肉が大きすぎると思ったなら、スプーンを肉に押しつけて切る。
スプーンでも肉は切れますよ。

こんな簡単な料理の中にも食文化、食習慣の差が見えてくる。

2008/11/10


TREview

| | コメント (1) | トラックバック (0)

渡り蟹と焼茄子

P1060849pct13

この渡り蟹は手抜きサラダに使ったものと同じ材料だ。
茄子を焼いて皮を剥いた。
そこに渡り蟹のサラダを乗せた。
西洋風の蟹サラダだとどうなるかな?
多分、焼茄子と合わないと思う。
タイ風の蟹サラダだと、うまいこと味が合う。
軟らかい焼茄子と辛い蟹サラダを食べると、一風変わった味
となる。

2008/11/10


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡り蟹の手抜きサラダ

P1060848pct13

これは手抜き料理の一つだ。
缶詰の渡り蟹を買ってある。
忙しい時にこれを使う。
生の蟹を使うと、蟹肉を取り出すのが面倒だが、缶詰だと
簡単だ。
「あら、蟹が沢山あっていいわね」
ヌチャナートも缶詰にご機嫌だ。

2008/11/10


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茄子と挽肉の炒め物 タイスタイル

P1060855pct13

茄子を炒めた物は美味しいので大好きだ。
挽肉と炒めるともっと美味しくなる。
中国の料理として麻婆茄子が宣伝されて久しい。
麻婆茄子は日本に定着したといえる。
タイ人が茄子と挽肉を炒めると、唐辛子が入る。
その辛さは麻婆茄子以上だ。
辛い物が好きという日本人にはこの味は受ける。
材料費も安いから主婦の味方だ。
ナンプラなどタイの食材を使う代わりに、醤油を使えば良いと思う。
のん兵衛の酒の肴にぴったりだよ。

2008/11/10

TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

昨日の残り

カイランを買って来た。これを炒めた。
これは結構うまいものだが、食べ残した。
また温めて出してきたので、きれいな青が黄色くなっている。
食べると、傷みはじめていた。
美味しい時にちゃんと食べておけばよかった。
惜しいが捨てた。
食べ物を無駄にしてはいけない。

P1060839pct13

2008/11/9


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空芯菜の炒め物

これも最近よく食べる料理になった。この野菜は昔はなかった。
日本の家庭ではこれをどうやって食べているのだろう?
空芯菜の筋は固い。噛み切るのが大変だ。
便秘に効きそうな料理だ。
単純な料理だからこそ、飽きがこない。
タイのレストランでこれを頼むと料理人が火傷をするのではないか
と心配になるほど、真っ赤な炎を高くあげながら作ってくれる。

P1060834pct13

2008/11/8


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッカパオヌア

P1060837pct13

牛肉の炒め物だ。これは食うと旨いのだが、作っている時は大変
だ。唐辛子の煙でくしゃみが出る。
その苦しさを乗り越えると、美味しい料理がでてくる。
もちろん辛い料理だと思う。タイ料理だから辛くて当たり前だ。
こんな料理ばかり食べているので、辛いというのはどんなものか
わからなくなっている。
俺には辛くないが、日本人には辛いだろうな。

タイ料理も食べているうちに好きな物が決まってくる。
始めは好きだったのに、今では好きではないものもある。
その逆もある。
この料理は最初から好きだ。飽きが来ない。

2008/11/8


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソムタムを作る音

最近は青いパパイヤが簡単に手に入るのでヌチャナートはソムタム
をよく食べる。パパイヤの千切りに唐辛子他を加えて臼で叩き
ながら調味料と混ぜ合わせて作るサ
ラダをソムタムと言う。
この料理はイサーン地方の名物料理で男より女が好む。
和食を作るのに、叩き潰すことはあるが、叩き潰しながら混ぜ合わ
せるという調理方法
はない。あっても少しだけだ。
ソムタムをはじめとして、タイ料理は叩き潰し混ぜ合わせることなし
には作れない。料
理を作るには調味料などを入れた臼を叩く
ポクポクという音が出る。これはウチの生活音だ。
これを五月蝿いと言われたなら、食べる物がなくなってしまう。

P1060841pct13

上階の家で工事をしているようだ。何かを叩く音がする。
「あら、あたしが料理を作っていると、こんな音がしているのね」
ヌチャナートはいつも自分が出している騒音に気づいたようだ。
「そうだね」
暫くすると、またポクポクと音がする。
「上の家でもソムタムを食べるようになったんだよ」
「まさか」

2008/11/9


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »