« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »

2008年2月29日 (金)

朝食のスタイル

日本人には朝食のスタイルがある。
味噌汁、お新香、納豆、生卵、焼き魚・・・などだ。
英米なら、トースト、ベーコン、ハム、卵焼き・・・・だ。
決まりきった朝食のスタイルから外れると、なんとなく落ち着かない。
納まるところに納まらない感じがする。
例えば昨晩の残りのカレー(実は残り物のカレーの方が美味いの
だが)を食って、仕事に出かけると、朝食抜きで家を出た感じが
する。昔の言葉で言えば代用食を食った気がする。

タイにも朝食のスタイルがあるのだろうが俺には分からない。
タイのホテルでは朝食にお粥がある。
お粥は朝食のスタイルだろうと推定できる。
朝、食べるお粥は美味いんだ。実に美味い。
昨晩、飲みすぎたことを忘れさせてくれる。
ウチでは朝食だからと言ってお粥は出さない。
ヌチャナートは朝粥を作らない。
俺の目から見ると、一日中同じような辛い飯を食っている。

ヌチャナートは食パンを買ってきた。
珍しいことをすると思っていた。
プラスチックのお盆も買ってきた。
今朝は新しいお盆にコーヒーを乗せ、食パンにバターを塗って
食べている。コップに入れた牛乳もある。
「ねっ、綺麗でしょ?」西洋式朝食を意識しているようだ。
俺は笑った。
「何を笑っているの?」
「・・・・・」

タイでは全員が床の上に座り、広げた茣蓙の上の飯を車座に
なって食べる。飯は全員の共有物だ。
こういう食べ方も楽しいものだ。
日本で言う、同じ釜の飯を食う実感がある。
食卓に座り、自分専用の飯を食うのが西洋式だ。
どうもヌチャナートはテレビや雑誌で見る西洋の朝食と同じだと
思っているようだ。
多分「タイの朝食とは違う格好良い朝食」と思っている。

2008/2/29

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

卵焼き

P1040228pct13

今日の卵焼きはこんな形で出てきた。
卵の中身は長ネギだけだ。
卵料理は誰にでも作れるが、美味しい卵料理は名人にしか
できない。やさしくて難しいのが卵料理だ。
考え方を変えれば、どうにも食えない失敗作はないと言える。
そう言えばヌチャナートの卵焼きは固焼きだな。
タイ人が作る卵焼きでふわっとしたのはないのかな?
茶碗蒸しのような卵料理はあるから、ふわっとした卵料理も
あるはずだ。卵料理の奥は深いなあ。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコのスープ

P1040225pct13

またエリンギのスープだ。エリンギが安かったから俺が買った。
多分、安いのだと思う。安いと信じて買ったと言う方が正解だ。
ちょこちょことスープを作ってだした。
手早く作ったスープだが、味はしっかりしている。
最近、俺はエリンギが気に入っている。
昔はなめこの味噌汁なんて好んだ。
なめこを買ってきてもヌチャナートはタイ料理にしてしまう。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦いラープ

P1040230pct13

パッカパオのような料理が食卓にでた。
俺はそれを食べた。スゲェー苦味があった。
「なんだ、これは?!」
「あら、それは昨日のラープよ」
昨日作った苦いラープをヌチャナートは食べ残した。
食べ残しを冷蔵庫にしまっておき、フライパンで熱をかけた。
苦いラープを加熱処理したものだとは知らない俺はそれを
パッカパオだと思った。
「これは、こんな味だぞ」と期待、想像した味がとんでもない味だと
がくっとくる。なんだか腹立たしくもなる。悲しくもなる。
「ああ、また苦い料理を食ってしまった。」
昨日の苦いラープを温めてヌチャナートは美味しそうに食事をして
いた。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラープ

P1040222pct13

俺の大好きなラープだ。今日のラープはどういうわけか熱が
かかりすぎだ。あんまり熱がかからない、半生の方が美味しい。
ヌチャナートの料理としては、ちょっと珍しい。
こっちは俺専用のラープだ。ヌチャナートは胆汁で苦くしたラープ
を好む。俺にはあの苦味は耐えられない。物凄く苦いと感じるの
だが、ヌチャナートには快い苦味らしい。
苦くないラープを食べて俺は幸せ。ヌチャナートは苦いラープで幸せ。
見た目はどちらも変わらない。
「食事ができたわよ」
ヌチャナートはラープを食卓にだした。
最初に食卓に置かれたラープを俺は自分用のラープだと思い、
苦いラープに手をつけてしまった。それを見たヌチャナートが
「あら!それはあたしのよ!」と言った瞬間に苦味が口の中で
弾けた。ニゲェー!やたらとニゲェー!
自分用のラープを食べたらウメェー!
なんであんな不味い物を喜んで食べるのか、ヌチャナートの気持ち
が分からない。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

ヤムプー、渡り蟹のサラダ

P1040218pct13

渡り蟹の缶詰を買ってある。緊急時の備蓄食糧として買い溜め
してあるものだ。缶詰とはいえ古いものは消費し新しい物と入れ
替える必要がある。

「ヌチャナート、この蟹を使ってくれ」
渡り蟹の缶詰を渡した。
「なんにする?サラダでいい?」
「そうだね」
蟹は飼い猫のサダムフセインも大好きだ。サダムのために蟹を
ちょっと別にとってある。ニンニク、パクチー、セロリーなどと一緒に
蟹を混ぜ合わせたものだ。
西洋料理の蟹サラダは野菜の上に蟹を乗せる。
タイのサラダは野菜と蟹を混ぜ合わせる。
ドレッシングはナンプラと酢、砂糖だ。蟹缶に溜まっている汁も加
えた。この汁には唐辛子の辛味が移っている。
ごはんにこの汁をかけるとうまい。
こういうサラダもいいよ。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリンギのスープ

P1040220pct13

エリンギという茸が市場に出回ったのは何時頃からだろうか?
俺はこの茸の食感が好きだ。鮑のような食感がある。
貧乏人の鮑と思ってエリンギを食べている。
エリンギは調理の仕方では鮑と勘違いさせることは可能だ。
自分の好物だから、俺はエリンギを求めていた。
ヌチャナートはそれほどエリンギを好んでいなかったようだ。
俺がエリンギを買おうとすると、ヌチャナートは「いらないわよ」
と言って買わせてくれない。
そのうちに「サミイはこの茸が好きでしょ?」と言ってエリンギを
買ってくれるようになった。
最近はヌチャナートもエリンギを好むようになったみたいだ。

今日はエリンギ、泥葱、白菜、セロリのスープがでた。
「野菜のスープよ。肉は入っていないわよ」
笑いながら、スープを食卓にもってきた。
粉末の和風だしで味付けしてある。
単純な味付けだが、あっさり、さっぱりのスープだ。
泥葱の甘味もうまい。エリンギの噛み心地もいい。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ風焼肉と辛さの問題

P1040215pct13

この料理の名前を聞いたが忘れた。ようするにタイ風の焼肉だ。
タイの料理だから間違いなく辛い。辛いけどうまい。
俺には丁度よい辛さだ。この丁度よい辛さというのは個人差が
ある。ちょっと前だったなら、これは辛すぎて食えなかったと思う。
辛いと感じるが、口の中が火事にならない程度が丁度よい辛さ
かな?最近、口の中が火事になる感覚を忘れている。
口の中が火事になると、水を飲んで辛さと熱さ、痛さを冷ました
もんだ。最近は火事にならないから、熱いとか痛いという感覚を
忘れている。

丁度よい辛さなのだが、これを食うと汗が吹き出る。
ヌチャナートがコップに水を入れてくれた。
口の中の火事を消すというよりも、喉の渇きを消すために水を
飲む。「辛い、美味い、辛い、美味い」と感じながら全部を食った。
この程度の辛さの料理を食ってもタイ人は汗をかかない。
どうしてだろう。

タイのレストランでプリッキヌーと言われる小型の激辛唐辛子が
でた。
「これは辛いから日本人は食べちゃダメだよ」
タイ人が教えてくれた。
「俺は慣れているから、これを食べることができるよ」
そういってタイ人は緑色の小さな唐辛子を摘んで口に入れた。
タイ人はいかに辛味に強いか示すデモだ。
西洋人が嫌う、納豆や、クサヤを日本人が西洋人の前で食って
みせるようなものだ。それと似たようなことをタイ人は俺の前で
やろうとした。唐辛子は同じ品種でも辛味にバラツキがある。
タイ人が摘んだ唐辛子はプリッキヌーの中でも特に辛味が強い物
だったようだ。さすがのタイ人も「辛ぇー!」と悲鳴を上げた。
デモは完全に失敗した。
タイ人でも辛いと感じるものはあるのだ。

クチコミblogランキング TREview

2008・2・26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかさぎ料理、モックパー

P1040158pct13

冬になると氷上のワカサギ釣りがかならずテレビで映し出される。
ワカサギと言えば氷を想像する。氷結した湖の氷に穴を開けて
ワカサギを釣る。日本人はワカサギは寒い地域の魚だと思い込ま
されている。今日はヌチャナートがタイ人、日本人の友達を家に
呼んだ。ヌチャナートはワカサギを料理してだした。
日本人「ワカサギってタイにもいるの?」
タイ人「いるわよ。いっぱい、いるわよ。」
日本人「えっ!?何処にいるの?」
欧州など日本と似たような気候の所にワカサギがいると聞いても
驚かないが、熱帯にもワカサギがいると聞いて日本人は驚いていた。
タイ人「田圃にいるわよ」
いつも日本人がテレビで見ているワカサギ釣りは湖の上だ。
湖と言うときれいな水、田圃と言うと汚い水という気がする。
田圃と聞いて日本人は意外という顔をしている。
日本人「えっ?田圃?日本の田圃にワカサギはいないわ。
泥鰌ならいるわよ。」
タイ人「そう、田圃にいるのよ。田圃にいるワカサギは美味
しいのよ」
日本人「・・・・・。ワカサギのこと、タイ語で何と言うの?」
タイ人「プラシュウって言うわ」
日本人「田圃の泥鰌は食べないの?」
タイ人「泥鰌は食べないわ」
こんな話をしながら、ワカサギを食べた。
ワカサギを食べながら異文化交流ができた。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

ムラサキイガイとパクチー

テレビで東京湾に外来の魚介類が押し寄せており、在来の魚介類
の存在が脅かされていると報じていた。
東京湾は江戸前と言う。江戸前で取れた新鮮な魚を使って作る
寿司を江戸前寿司と言う。今、江戸前の魚がいなくなり、外来の
魚介類が繁殖を続けている。
輸出入が盛んになり、外国の船が東京湾に出入りすることで外国
の生物が東京湾に入りこんできたのだ。日本も在来の生物を外国
に運んでいるから、外国船を責めることもできない。
ムラサキイガイも外国から日本に入ってきた外来種の貝なのだ
そうだ。やがて、江戸前の魚介類はいなくなり、外来の魚介類が
江戸前の魚介類となる。

近未来の江戸前寿司屋を想定して、その光景をテレビは映して
いる。番組では外来の魚というとまるで異星人・エイリアンのよう
な扱いをしている。気持ち悪さをそそる効果音がテレビから流れ
ている。寿司屋のメニュウには今までなかった外来の魚介類の
名前がある。ムラサキイガイがその一つだった。
「今日はムラサキイガイを使った寿司を皆さんに食べてもらい
ましょう」司会者は言う。
番組に出てきたタレントはそれを聞いて気味悪そうにしていた。
タレントの一人が選ばれてムラサキイガイの試食をすることに
なった。選ばれたタレントはムラサキイガイの寿司を手にとり、
試食するのを躊躇っていた。
「ムラサキイガイはスーパーでも売っている貝なのに、何を
ためらっているのだ?」俺はいらいらしながら番組を見ていた。
タレントはやがて覚悟を決めて寿司を食べた。気持ち悪そうな顔
をしていたが、やがてムラサキイガイは食べられると納得した。

その後、司会者が
「ムラサキイガイはイタリア料理店などで出されているムール貝
のことです」と真相をばらす。タレントの一人が
「なあーんだ、それを先に言ってくれればいいのに!」
と言っていた。俺はそれを聞いて溜息をついた。

東京湾に入り込んだ外来の種としてムラサキイガイが紹介された。
その時はムラサキイガイは気持ちの悪い貝とタレントは考えた。
実はムラサキイガイはイタリア料理店のムール貝のことだと教え
られるとムラサキイガイは食用の美味しい貝とタレントは考えた。

タイ人が料理に好んで使うパクチーでも同じような反応がある。
パクチーはタイのくさい香草と考えている間は日本人はパクチー
を嫌う。しかし、パクチーは西洋料理に使うコリアンダーだと知る
とパクチーに対する日本人の評価は一変する。

ムラサキイガイもパクチーも西洋料理に使っていると分かると
日本人の反応が違う。まだまだ日本人は欧米文化に劣等感を感じ
ているのだろうか?
テレビを見ながらふとそんなことを感じてしまった。

ムラサキイガイはタイでも良く食べる。ヌチャナートの大好きな
貝だ。貝の一部が緑色の大粒のムラサキイガイがタイでは上等な
品物と考えられている。もし司会者が
「ムラサキイガイはタイでも盛んに食べられている貝です」
と紹介したなら、タレントの反応はどうだっただろうか?
イタリア料理のムール貝と紹介された時の反応とは違うと思う。

俺はつまらない事にこだわる。
「イタリア料理店でムール貝云々」と言われたことが気になった。
ムラサキイガイは和名だ。
英語ではマッスル、フランス語でムールだ。ムールだけでは物足
りない?のでムールの後に「貝」をつけて「ムール貝」というのが
日本で通用している呼び名だ。
この貝のことをイタリア語ではムールとは言わないと思った。
こんなことをいちいち調べなくてもいいのに、インターネットでイタ
リア語の辞書サイトを見た。日本語で「ムラサキイガイ」と入力した
が相当するイタリア語はなかった。
次に「ムール貝」と入力したら、4件あった。
「コッツァ」「ミーティロ」「ムスコロ」「ペオーチョ」とイタリア語では
言うらしい。方言とか用法などで言葉を使い分けているのだろう。
イタリア料理店でフランス語を使うのは、場違いな気がするけど、
こんなことにこだわるのは俺だけかな?

2008/2/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本蕎麦のつもり

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水パクチー

P1040176pct13

俺は芹が売られているのを見た時、
「これは日本のパクチーだよ」とヌチャナートに教えた。
タイ語ではパセリもセロリもみんなパクチーだ。
芹を日本のパクチーと言っても間違いはない。
芹をタイ語では「パクチーナム」と言う。
直訳すると「水パクチー」となる。
水辺に生える強い香りをもつ香菜だから「水パクチー」なんだ。
なるほどね。

この芹をヌチャナートがどのように料理するか興味があった。
インスタントの粉末スープで出汁をとり、芹を入れた。
たったそれだけだ。
芹には出汁が浸み込んでいる。
あっさりした中に芹の香りがある。
芹の香りは強いと言って嫌う人がいる。いつもタイの変な香りの
料理を食っているから、芹の香りなんか全
く気にならない。
癖のある香りだなんて、少しも感じない。
日本人の俺には出汁で煮込んだ芹だけで十分なのだが、
ヌチャナートは黙って唐辛子をだした。
唐辛子なしでは料理にならないと考える国民だ。
しょうがない。タイの慣習に従うことにした。
青い芹に唐辛子を乗せて食べる。
また違った旨さがある。これを旨いと言って食べる俺はおかしい。
俺は完全におかしくなっている。
他の日本人が芹と唐辛子を一緒に食べたなら、辛さで飛び上がり
ヒィヒィ言う。芹を全部食って、スープも飲み干した。
この芹料理は美味いとお勧めできるけど、唐辛子まではお勧め
しない。よかったならナンプラに生唐辛子を加えて芹と一緒に食
べてください。辛くて泣いても私に責任はありません。

クチコミblogランキング TREview

2008/2/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »