« 百合の花 | トップページ | ニンニクと健康1049 »

2009年1月 2日 (金)

コブミカン

こんなタイの蜜柑を戴いた。皮の表面がコブだらけなのでコブミカン
と呼んでいる。名前を聞いただけでどんな形をしているか想像でき
ると思う。

P1060922pct13

この蜜柑の皮を料理に使う。剥いた皮のにおいをヌチャナートは
嗅いでいる。
「いいにおいよ。日本の蜜柑と同じよ。あの蜜柑の名前なんて
言ったかしら?」
「柚子だよ」
「ユズって言ったわね」

コブミカンと日本の柚子が同じような使い方をするのでニヤリとした。
冬至には柚子を入れた風呂に日本人は入る。
コブミカンを浮かべた風呂に入る習慣はタイにはない。
金持ち階級しか風呂桶なんて持っていないから、コブミカンを浮か
せたくとも、出来ない。

柑橘類で思い出した。
酢の物、酸っぱい食品を日本人は好むがタイ人は好まない。
パイナップルなど果物には爽やかな酸味がある。
その程度の酸味でもタイ人は「酸っぱい」と言って顔をしかめる。
それじゃぁー、酸っぱい料理はタイにはないのかと言うとある。
酸味として酢を使わない。ライムなどを搾って酸味をだすか
タマリンドを使う。ライムなんて安い物だから、タイ人はぞんざい
に扱う。緑のライムを半分に切り、ジュースを絞る。
使わない半分はそのまま放置している。
ラップをかけるとか密閉容器に入れて切り口の乾燥を防ぐなんて
やらない。次の調理の時に表面が乾燥した残りの半分を使う。
柑橘類はタイ人にとっては酸味料だから、ジュースが沢山でる
柑橘類が良品だ。皮が厚くてジュースがでないものは悪い物だ。
レモンなど古くなって皮の色が変わっても、中のジュースは変質
しないから使っている。
さすがにカビが生えたレモンは使わない。

2009/1/2

|

« 百合の花 | トップページ | ニンニクと健康1049 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/26724228

この記事へのトラックバック一覧です: コブミカン:

« 百合の花 | トップページ | ニンニクと健康1049 »