« カオマンガイ | トップページ | 焼蕎麦 »

2009年1月 6日 (火)

焼き豚

どういうわけか市販の食品は甘い味付けの物が多い。
いつも辛い料理を食べているので甘い味が気になるのかもしれない。
この焼き豚もそうだ。甘い。このメーカーの人も味見をして
「これがいい」と感じる物を販売しているはずだ。
彼等は甘味の程度を何段階にした物を少量ずつ食べて一番美味
しい甘味を決めている。メーカーの人の味見はつまみ食い程度しか
食べないから後味が分からない。とくに甘味は舌に残る。
少量しか食べない時には美味しい物も、食事として大量に食べる
と甘みがしつっこくなる。
この焼き豚も甘みが強いのでウチの料理の味ではない。

090105071948pct30

「これを炒めてタイのソースをかけて食べたいな」
ヌチャナートは焼き豚を炒め始めた。なにやらすごい臭いがする。
唐辛子とニンニクと一緒に焼き豚を炒めている。
ナンプラも加えた。こうなると完全にタイの味になってしまった。
炒めた唐辛子が肉の下にあった。唐辛子を食べる。
たいしたことないと思ったら、これが辛い奴だった。
額に汗がたまる。俺はヌチャナートの味に飼い慣らされている。
こういう味でないと旨いと感じなくなっている。
日本の消費者にはこの焼き豚のような甘い味が好まれるのだろう。
俺の方が異常なのだと思う。

消費者は味見をして食べ物を買う。甘味が強い物は食べた瞬間
それを美味しく感じるので、それを買う。
食事にそれを食うと甘味のしつっこさで直ぐに飽きがくる。
飯のおかずにするには甘味を抑えた方がいいのではないかな?

2009/1/5

TREview

|

« カオマンガイ | トップページ | 焼蕎麦 »

コメント

同感です。
市販の食品は甘いだけでなく、全般的に味が濃いですよね。
味付けを濃くすることで、痛みにくくするという話も聞いたことがありますよ。

投稿: なおゆき | 2009年1月 7日 (水) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/26851650

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き豚:

« カオマンガイ | トップページ | 焼蕎麦 »