« 三つ葉の根 | トップページ | プードン、蟹の塩辛 »

2009年1月22日 (木)

鴨に思う

鴨の手羽を食いながら食文化を考えていた。
我々、日本人の中には
「タイ人は蛙、昆虫、豚の尻尾・・・・まで食べる」
なんて言ってタイ人の食生活を蔑視する人がいる。
日本人が上等でタイ人は下等だなんて偏見を持つ。
多くの日本人はタイ語を理解しないから、タイ人だって同じことを
言っているなんて思ってもいない。
タイ人だって「日本人は鮫や鯨を食うゲテモノ食いだ」
と日本人の食生活を蔑視しているんだよ。

日本人も鴨肉は食べるが、鴨の胸とか腿しか食べない。
タイ人は食べられる肉を絶対に無駄にしない。
例えば靴べらのような形をしている鴨の嘴も焼いて売っている。
ここにも食べられる肉が僅かについている。
靴べらに僅かに付いた肉をこそぎ取るように食べる。
これも美味しい肉だ。食べ物は無駄にしてはいけない。

肉食文化の長いタイでは食べられる部分は全て食べる。
それが命をくれる動物への感謝の気持ちだ。
動物の命、仏教、輪廻、感謝と考えをつなげていくと、タイ人の
食文化の方が正しいと思える。
肉食は明治になって西欧から日本に入ってきた。
そのため日本人には、命、仏教、輪廻、感謝という思考の輪が
切れている。

マタギだったかな?山で猟をする人をテレビでみた。動物を仕留め
ると彼は「いただきます」と言いながらとどめをさす。
その一言に動物の命を戴き、その代わりに自分が生きさせてもらう
という感謝の気持ちを感じた。
鴨でも豚でも丸ごと食べてしまう、タイの食文化は仏教的であり、
感謝という大切な気持ちを忘れず、食資源を無駄にしない優れ
た文化だと感じる。

文明開化と言って西欧の文化を積極的に日本は取り入れてきた。
現在の日本のある部分は西欧の文化を牽引するようになってい
る。今こそ、アジアの食文化を見直さなくてはいけない時期だ。
ダイエットだなんて騒ぐ前に、米を中心とした本来の日本の食生活
に戻すべきだと感じた。

2009/1/20


TREview

|

« 三つ葉の根 | トップページ | プードン、蟹の塩辛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/27366252

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨に思う:

« 三つ葉の根 | トップページ | プードン、蟹の塩辛 »