« 糸瓜と豚肉の炒め物 | トップページ | もやし炒め »

2009年1月10日 (土)

オイルサーディン;タイ風食べ方

オイルサーディン;タイ風食べ方

オイルサーディンがあった。オイルサーディンというのはたいていは
平べったい四角の缶に入っている。
今日見た、オイルサーディンは普通の筒型の缶に入っていた。
缶の形で味が変わるわけじゃない。輸出国をみたらフィリッピン製
だった。缶詰だから腐ることはない。保存食として買った。

「今日は、何を食べたいの?」いつものお言葉だ。
俺は作ってくれる物ならなんでもいい。何を食いたいか考えるのが
面倒だ。いつもは「何でも良いよ」と応えるのだが、今日はちがった。
「イワシを食いたいな」
「イワシ?・・・・・イワシなんてあるの?」
「これだよ」缶詰を見せた。
なーんだと言うような顔をしていたヌチャナートが缶詰をあけた。
「あら、美味しそうよ」と声をあげた。

レモングラス、ニンニク、唐辛子を切ってレモンの絞り汁をかける。
それをオイルサーディンの上にかける。飾りにパクチーを乗せる。
タイのパクチーがないので、日本のパクチーつまり芹で飾った。

P1070141pct13

酒の肴にぴったりだよ。
ニンニクや唐辛子の辛味が酒をよぶ。
油の味ととレモンの酸味があう。
安くて、簡単にできて、美味しいから酒飲みが突然やってきたら、これ
を作ってだすといい。

2009/1/9


TREview

|

« 糸瓜と豚肉の炒め物 | トップページ | もやし炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/26982901

この記事へのトラックバック一覧です: オイルサーディン;タイ風食べ方:

« 糸瓜と豚肉の炒め物 | トップページ | もやし炒め »