« もやし炒め | トップページ | マ・マーと食習慣 »

2009年1月12日 (月)

鯛焼きみたいな小さな鯛

小さな鯛を焼いた。まるで鯛焼きのような大きさだ。
これこそまさしく鯛焼きだ。
「鯛焼き、タイヤキ、タイヤキ・・・・」と思っていたら、本物の鯛を
丸ごと焼いたものをなんと呼ぶのか分からなくなった。

P1070148pct13

鯛を焼いたのだから鯛焼きでいいのだ。いや、鯛焼きはお菓子
だから、鯛焼きと呼ぶのはおかしい。
長い時間かけて、この料理は鯛の姿焼きと呼ぶのだと思い出した。

鯛の姿焼きを食卓に出した。和食では魚を出す場合、頭を左に
向け、腹を手前にする。日本人は魚の出し方にこだわりがあるが、
タイ人はそんなこだわりがない。
「キヲツケー!カシラー左!」と号令を掛けられたように、きちんと
並べて出すのが日本人のやり方だ。
そんなことに無頓着なヌチャナートはこんな形で鯛の姿焼きを
だす。二匹の魚が背中合わせになっている。しかも尻尾が俺に
向いている。尻を向けるなんて失礼なと日本人は怒る。
そこはタイ人がやることだから怒らない。

P1070150pct13

この鯛に、ナムプリックを乗せて食べる。ナムプリックは生の唐辛子
をいろいろな香草と一緒に叩き潰したものだ。辛味もあるが、香り
がいい。香りに釣られて食べてしまう。
ナムプリックを温かいご飯に乗せればそれだけで食が進んでしまう。
白い鯛の身とナムプリックを一緒にすると、更に美味しくなる。

鯛焼き程度の小さな鯛の姿焼だが、鯛の旨さに変わりがない。
食べ過ぎはよくない。メタボになる。空腹感を抑える程度の量で
いいのだ。これで酒を飲まなければの話だ。

2009/1/11


TREview

|

« もやし炒め | トップページ | マ・マーと食習慣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/27048501

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛焼きみたいな小さな鯛:

« もやし炒め | トップページ | マ・マーと食習慣 »