« 焼き魚の出し方 | トップページ | 鶏のそぼろ »

2009年1月17日 (土)

パットウンセン、春雨の炒め

今日は春雨を炒めてくれた。この料理はあまり作らない。
なぜ作らないのか理由は分からない。俺が好まないと思っている
のかもしれない。或いはヌチャナートが好まないから作らないの
かもしれない。今日、春雨を炒めたのは他でもない理由がある。
その理由というのは早いとこ食べないと春雨がいかれてしまう
からだ。つまりヌチャナートは俺をゴミ箱の代わりにしている。
一週間ほど前、春雨を水で戻した。その一部を使ったか途中で
気が変わって使わなかった春雨が冷蔵庫に入っている。ポリ袋
に入れてあるが、一週間も冷蔵庫にあると春雨も乾燥しだして
いる。

P1070200pct13

「ヌー、春雨が乾燥しているよ」
「大丈夫よ!」
自分が食べるのではないので、無責任に「大丈夫」と言う。
ヌチャナートが大丈夫と言う物は絶対に大丈夫だ。
ウチの場合、春雨の料理はヤムウンセンが多い。
こうやって春雨を炒めても美味しいもんだ。
春雨が材料の旨味を吸い込んでいる。

2009/1/15


TREview

|

« 焼き魚の出し方 | トップページ | 鶏のそぼろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/27213431

この記事へのトラックバック一覧です: パットウンセン、春雨の炒め:

« 焼き魚の出し方 | トップページ | 鶏のそぼろ »