« 堀で食器を洗う | トップページ | 卵の殻から »

2009年2月28日 (土)

ラオス語と間違われる

いつもの店にきた。ここでコーヒーを飲んで帰る。
コーヒーに砂糖しかいれない客は俺だけらしい。
しかもタイ人の半分しか入れない。
本当にミルクを入れないのか?と何度も聞かれた。
俺のような客は珍しいらしい。
何度も通っているうちに、今では黙って指をさせば美味しい
コーヒーをいれてくれる。

今日はおばさんがいない。子供が店番をしていた。
子供に「ガフェー」と言ってコーヒーを注文した。
「えっ?何ですか?」
「ガフェー」
同じ言葉を三度ほど言うとやっと理解した。
子供は俺の注文を母親に伝えた。
「この人、ラオス語を話す人だよ」
ラオス語とタイ東北部の方言は似ている。
俺のタイ語はヌチャナートの影響を受けている。
いままで「タイ語がお上手ですね」とお世辞を言われたことは
たびたびある。
でもラオス語と間違えられたのは初めてだ。

2009/2/23


TREview

|

« 堀で食器を洗う | トップページ | 卵の殻から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28404769

この記事へのトラックバック一覧です: ラオス語と間違われる:

« 堀で食器を洗う | トップページ | 卵の殻から »