« 宅配寿司 タイ版 | トップページ | 塩売り »

2009年3月 5日 (木)

道路標識が少ない

田舎町だからかもしれないが、道路標識が少ない。
だいたいは碁盤目状に町は作られている。
碁盤のひと升が日本の升より大きい。
地図で見ると二升歩けば行ける距離なので、歩き始めるとかなり
歩く。

欧米の町の場合、四つ角には必ず道路標識がある。
四つ角に立てば、今自分は何処に立っているのかすぐにわかる。
このタイの田舎町では必ずしも四つ角に道路標識があるとは限ら
ない。四つ角と四つ角の間に道路標識が立っていることがある。
一升が大きいから、それもそれなりに意味がある。
地元の人は道路標識を頼りにして町を歩くことがないので、地元の
人は通りの名前を知らない。
「この通りの名前は何と言いますか?」
なんて質問すると、暫く考えてから教えてくれる。
「えーと、ここはチュンポン通です。あそこがワサナ通です」
といった調子だ。

俺は地図で道路名を確認し町を歩く。
しかし通りには道路標識がないので自分が何処にいるのかしばしば
分からなくなる。

2009/2/22


TREview

|

« 宅配寿司 タイ版 | トップページ | 塩売り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28482802

この記事へのトラックバック一覧です: 道路標識が少ない:

« 宅配寿司 タイ版 | トップページ | 塩売り »