« ゴミも食べ物も一緒 | トップページ | 二重料金 »

2009年3月 7日 (土)

バーミーナムと箸の置き方

日本人は食べ物を人にだす時、作法その他に気を使う。
タイ人も同じく気を使っているようだが、気の使い方が日本人とは
違っているようだ。

俺たちがタイラーメンと言っているバーミーナムを注文した。
日本のラーメン屋でラーメンを注文したら、箸はテーブルの上に横に
置くのが日本の作法だ。竹筒などに割りばしをどさっといれてある
日本のラーメン屋などもある。これも日本の習慣だ。

バーミーナムを出すような店はタイでも格下の飯屋だ。
つまり作法などにあまり気を使わない店だ。
そんな店では丼の上に箸を乗せてくることもある。
箸は客に向かって縦方向に乗せる。
丼の上に箸を置く場合でも日本では客に対して横向きにおく。
こんな習慣の差を見るのも面白い。

P1080020pct13

タイのバーミーナムに使う箸は中国風の太い箸だ。
日本の箸は手元と先端の太さの差が大きいが中国の箸はその差
が少ない。いくら手元と先端の太さに差が少ないとはいえ、目の悪
い年寄りでもどっちが手元でどちらが先かすぐにわかる。
それなのに、出された箸の一本は手元でもう一本は先だった。
幾ら作法に気を使う必要のない店と言っても、これは気を使わなさ
過ぎる。これで食うことはできるが、どうも落ち着かない。
やはり麺は箸の先端を揃えて食わないと食った気がしない。
日本ではこんな失敗は絶対に起こらない。こんなタイの飯屋に
笑ってしまった。


P1070901pct13

箸を客に対して縦に置くか横に置くか、このペプシの広告を見て
みよう。箸が縦に置かれているように見える。

2009/2/10


TREview

|

« ゴミも食べ物も一緒 | トップページ | 二重料金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28509273

この記事へのトラックバック一覧です: バーミーナムと箸の置き方:

« ゴミも食べ物も一緒 | トップページ | 二重料金 »