« 唐辛子と居眠り運転 | トップページ | いなり寿司に生唐辛子 »

2009年3月19日 (木)

パパイヤの越冬

食べ終わったパパイヤの種をヌチャナートが蒔いた。
それが芽を出しぐんぐん伸びてきたところで寒くなった。
俺は一部を鉢植えにして室内に置いた。
人間と言うのは小さい時に学習した記憶に囚われるようだ。
いつでも暑いタイで育ったから、パパイヤを外に置いていても枯れ
ない
とヌチャナートは思っているようだ。
俺がパパイヤの鉢を室内に入れると、ヌチャナートは鉢を外にだす。
どうして俺がパパイヤを室内にいれるのか理解できないみたいだ。
ヌチャナートには別の理由があって、パパイヤを室内に入れるのが
イヤ
なのかもしれない。俺がしつこくパパイヤを室内に入れるので
ヌチャナートは諦めたようだ

寒さが段々と厳しくなり、屋外のパパイヤは次第に元気がなくなり
れてしまった。室内に置いたパパイヤにヌチャナートが水をあげ
ていると思ったら、水
をあげていない。一枚一枚、葉が落ちて行き、
とうとう幹だけになった
。それでも根は生きているはずだから水を
絶やさなかった。パパイヤは日本の寒さに耐えられないのだと、
ヌチャナートは理解した
ようだ。もう鉢植えのパパイヤを外に出そう
とはしない。小さな葉が出掛かっている。
これから暖かくなると葉が伸びて幹は成長
するだろう。
パパイヤが実をつけたなら、これでソムタムを作るのを楽
しみに
している。

2009/3/17

|

« 唐辛子と居眠り運転 | トップページ | いなり寿司に生唐辛子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28692345

この記事へのトラックバック一覧です: パパイヤの越冬:

« 唐辛子と居眠り運転 | トップページ | いなり寿司に生唐辛子 »