« クメール遺跡 | トップページ | ネットカフェの女 »

2009年3月10日 (火)

道端の屋台

国道を走っていると、道端にいろいろな屋台が出ている。
俺たちはその屋台の前に来て、屋台を覗いて初めて、その屋台の
売り物
を知る。
タイ人は遠くから屋台を見て、「あそこで焼き鳥を売っている。」
「あそこで何を売っている」と直ぐにわかる。
俺たちには同じように見える屋台だが、屋台には俺たちが気付か
ない特
徴があって、あの屋台で何を売っているか分かるらしい。

日本では軽トラックで魚を売りに来る。これは見慣れた光景だ。
軽トラックが止まっていた。ヌチャナートはその軽トラックは何かを
っているらしいと感じた。だが、何を売っているのか分からない。
「何を売っているのかしら?」
軽トラックの特徴から魚を売っていると俺にはわかるがヌチャナート
はわからない。

俺が日本の軽トラックの移動販売車が何を売っているかすぐに分か
るよ
うに、タイ人は国道の道端の屋台が何を売っているか直ぐに
わかるのだ
ろう。

2009/2/27

TREview

|

« クメール遺跡 | トップページ | ネットカフェの女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28552236

この記事へのトラックバック一覧です: 道端の屋台:

« クメール遺跡 | トップページ | ネットカフェの女 »