« ラオス語と間違われる | トップページ | オシッコの色 »

2009年3月 1日 (日)

卵の殻から

卵なんて今は安い物だが、昔は高価だった。卵を割って中身を
ポトンと器に落とす。卵の殻をそのまま捨てるのが現在のやり
方だ。昔はそんなもったいないことをしなかった。
箸で卵の殻の隅をつつく。
すると、少々卵の白身が落ちてくる。
卵をとことん利用したものだった。

夜になると、タイの田舎の村の中にもお菓子を売りにくる。
小麦粉と卵を使った菓子だ。
子供はお菓子を注文する。注文した子供は屋台の上の卵の殻に
手を伸ばす。焼いている小麦粉の上で卵の殻を上下に振る。
すると卵の殻から白身が垂れ落ちる。
それを何回も繰り返す。無料で卵を沢山とろうとしている。
俺の子供の頃を思い出し笑ってしまった。

2009/2/28


TREview

|

« ラオス語と間違われる | トップページ | オシッコの色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28422762

この記事へのトラックバック一覧です: 卵の殻から:

« ラオス語と間違われる | トップページ | オシッコの色 »