« 手巻き寿司の売り方 | トップページ | タイから日本へ電話 »

2009年3月10日 (火)

キリン生茶 タイ版

俺が知っている範囲で熱い茶を飲むタイ人はいない。
テレビ広告の影響でインスタントコーヒーを飲む人はいる。
熱帯のタイでも朝に飲む熱いコーヒーは旨いと思う。

数年前にペットボトル入りの緑茶が販売された。
これがヒット商品になっている。
タイ北部のチェンマイでも売っている
かな?
緑茶なんて飲まなかったタイ人が緑茶を飲むようになった。
タイの会社からも、日本のキリンからも緑茶がでている。

緑茶の旨味は渋みにあると我々は考えるがタイ人は緑茶がもつ
渋味を嫌
がる。渋味を消すために砂糖を加えて甘くしてある。
とても日本人の好みに合わない。

キリンの場合、生茶ブランドで出している。
瓶には日本語で生茶と書いてある。ちょっと見た所は日本のラベル
と同
じに見える。これがタイの生茶だ。

P1070663pct13

こっちが日本の生茶のラベルだ。似ているようでちょっと違う。

Pct20

ラベルを剥がしてスキャンした。タイ文字でナマチャと書いてある。
タイ文字は左から右に書く横書きなのに和風に縦書きにしてある
のが面
白い。

Pct20_2

コンビニなどでは日本語の表示部分が表面になっていることがある。
それを見て「あっ!キリンの生茶だ!」と喜んで買う。
渋味を期待して飲むと、甘いので「なんじゃこれ!?」となる。
日本の生茶は玉露入りと書いてある。

タイの生茶は日本語の生茶という表示の下に英語で「日本の緑茶 
生茶
印」と書いてある。
タイ語で生茶と表示してある下にもタイ語で「日本の緑茶 生茶印」
同じことが書いてある。

これを飲みながら考えてしまった。
俺が耐えられないサダオのような苦い物をタイ人は喜んで食べる
のに、
緑茶の渋味にタイ人は耐えられない。

こんな不味い甘い緑茶をタイ人は喜んで飲む。
しかし、これが売れるのだから、タイではこれが正しい味だ。
なんとも不思議な感じがする。

ここでタイで売られているキリン生茶の新製品をみることができる。
www.kirinthai.com

2009/2/27



TREview


|

« 手巻き寿司の売り方 | トップページ | タイから日本へ電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28550401

この記事へのトラックバック一覧です: キリン生茶 タイ版:

« 手巻き寿司の売り方 | トップページ | タイから日本へ電話 »