« バーミーナムと箸の置き方 | トップページ | 給油時、エンジンを止めない »

2009年3月 7日 (土)

二重料金

多くの場合、外国人とタイ人では入場料が違う二重料金制が取られ
ている。入り口には入場料が書いてある。もちろんタイ文字だ。
タイ文字にも「壱弐参」という漢数字のようなものがある。
そんなものを読める外国人は少ない。
タイ人の入場料は弐拾バーツとタイ語とタイ数字で書いてある。
外国人用には英語とアラビア数字で100バーツと書いてある。
「これっておかしいよね」
入場券を売っているおばさんもおかしいと思っている。
「あなた、タイ政府発行の書類を持っている?書類があればタイ人
の料金にするわ。」そんなもの、もっているわけがない。
これは一例としてバンコックの動物園の切符売り場で撮影したものだ。

P1070706pct13

動物園・博物館は国民の税金で作られている。タイの税を払わない
外国人がそれらの施設を利用する場合、幾分かは余計に払う
必要はある。その理論は分かる。
外国人からタイ人の5倍の料金をとるのが正しい数字かどうかは
別の問題として残しておこう。民間の娯楽設備なら外国人から高い
料金をとるのも仕方がないかなという気がする。
動物園・博物館には学術的目的で訪れる人もいる。動物園や博物館
を熱心に見る人はタイを正確に理解しようとしている人だ。
必ず、タイの利益に繋がるようになる。
目先の利益に目をくらみ、外国人から高い料金を取ることは得策では
ないと思う。

2009/2/19


TREview

|

« バーミーナムと箸の置き方 | トップページ | 給油時、エンジンを止めない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28512935

この記事へのトラックバック一覧です: 二重料金:

« バーミーナムと箸の置き方 | トップページ | 給油時、エンジンを止めない »