« 焚き付け木 | トップページ | 道を尋ねる »

2009年3月 4日 (水)

ナムマプラオ ココナッツ水

ココナッツを割ると中に水が入っている。この水はちょっと生臭いが
甘みがありうまい。なにか体にも良さそうな気がする水だ。
「この水は体によいのだ」とタイ人が言っている。

ココナッツを割ってストローをさして売っている店もある。
これは一番簡単な商売だ。店にとってもココナツの殻を捨てる手間
がいらない。客は水を飲んだ後、殻の内部にある白い肉をほじくっ
て食べることができる。この白い肉を乾燥させて菓子の材料にする。

喉が乾いたからココナツを買うのであって、白い肉まで食べようと
する人はいない。中の水を飲んだら、殻を道端に捨てる。
こうしてタイの道路は汚れる。

P1070868pct13

彼の店は売り方がちょっと違っている。ココナッツの水を氷と一緒に
冷やしている。その水のなかにココナッツの白い肉を小さく切って
入れてある。その水をプラスチックのコップに入れて出してくれる。
果実入りのジュースを飲む感じでココナツ水を飲める。
これがいい感じで飲める。
「これはコカコーラより美味いね」
お世辞と知りながらも彼は笑った。美味いかどうかは好みの問題だ。
栄養価とか栄養のバランスから考えると人工飲料のコカコーラより
天然のココナッツの水のほうが体によいのではないか?

「この水は季節によって味が変わるだろう?いつが美味い季節
なの?」
「雨季のココナッツは美味いよ。最高だぜ!」

ココナッツにも旬があるのだ。

2009/2/13


TREview

|

« 焚き付け木 | トップページ | 道を尋ねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28471359

この記事へのトラックバック一覧です: ナムマプラオ ココナッツ水:

« 焚き付け木 | トップページ | 道を尋ねる »