« 改造トラック ソンテウの心 | トップページ | 僧の歩き方 »

2009年3月 7日 (土)

氷は安全か

昔はタイの氷は危険だから氷を入れるなと言われた。
この暑さの中で氷なしの水を飲めと言うのは酷な話だ。
現在は衛生管理が多分しっかりしているから製氷会社から出るまで
の氷は安全だ。俺はそう思っており、そうだと望んでいる。

しかしその後の流通段階の衛生管理が悪い。
衛生の思想を持たない運転手が氷を取り扱っている。

タイの氷の流通システムは
製氷会社=>氷問屋->運送部門=>小売店=>消費者
のようだ。製氷会社は氷を売るために氷蔵庫を無償で小売店に
貸し出す。消費者は小売店に行き5バーツとか10バーツずつ
氷を買う。
小売店主は貸し出された氷蔵庫を洗うことをしない。
自分のものではないので洗う必要はないと考えているのか?
氷をどかして見ると、氷蔵庫の底は埃で真っ黒だ。
小売店は今日は50キロの氷を仕入れ、40キロを売った。
翌日は昨日の残りがあるので40キロ仕入れる。
新しい40キロの氷は昨日の残りの氷の上にどさっと乗せる。
このような状況だから底にある氷はいつまでたっても売れること
はない。売れない氷は水となって流れ落ちる。
これだけでもどれほど氷が汚れているかわかるだろう。

氷屋の運転手が氷蔵庫に氷をどさっと入れた。
氷を入れた後、運転手が「あれれ・・・?」という顔をしながら氷蔵庫
を見ている。何時もはこの一袋をあければ、氷はこのくらいの高さ
になる。今日はいつもの高さにならないので、運転手はきょとんと
していたのだ。氷を入れた袋を運転手は見た。
袋には大きな穴が開いている。大きな穴から氷はこぼれていたの
だった。袋は薄くて細いポリ紐を編んだものだ。日本では工事現場
などで廃材などを入れるのに使われるような口紐つきの袋だ。
洗うこともせず破れるまで袋を使い、破れていることも確認しない
まま使う。そのような流通段階に衛生の思想はない。

タイの氷は汚いと結論している。一流ホテルの氷も似たような似た
ような流通を経て納入されているだろう。氷を安全だと思うのは
間違いだ。氷を入れた飲み物を飲むときは覚悟をして飲む必要が
ある。

2009/2/22


TREview

|

« 改造トラック ソンテウの心 | トップページ | 僧の歩き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28508721

この記事へのトラックバック一覧です: 氷は安全か:

« 改造トラック ソンテウの心 | トップページ | 僧の歩き方 »