« サイフォンという煙草 | トップページ | パパイヤの越冬 »

2009年3月19日 (木)

唐辛子と居眠り運転

中国・重慶の警察は居眠り運転を防ぐため、高速道路のガソリン
スタン
ドに生の唐辛子を配布したそうだ。口にほおばったトラック
運転手の話
では「疲れた時には、本当に目が覚めるよ」とのこと。
こんな記事が新聞にあった。
自分で人体実験した結果、眠い時に唐辛子を食べると目が覚める
のは事
実だ。一時的に はっと目が覚めるだけで、またすぐ眠くなる
だ。はっと目が覚めた時に、頭を切り替えれば眠くならないのかも
しれ
ない。

唐辛子の種類は多い。新聞では「口にほおばる」とあったから、
重慶の
警察が使った唐辛子は辛味の少ないタイプだろう。
俺が使ったのは日本で手に入る唐辛子だ。
しし唐のように辛味の少ないものを、噛んでいると眠気は覚める
かもし
れない。止むを得ず唐辛子で眠気を覚ますのも一案だが、
居眠り運転を避けるに
は十分な睡眠と休息が一番良いだろう。

2009/3/19

|

« サイフォンという煙草 | トップページ | パパイヤの越冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28686026

この記事へのトラックバック一覧です: 唐辛子と居眠り運転:

« サイフォンという煙草 | トップページ | パパイヤの越冬 »