« コップの水 | トップページ | 名のない料理 »

2009年4月24日 (金)

パパイヤのタイカレー

タイカレーを作るにはココナッツミルクが必要だ。
水っぽいココナッツミルクの缶詰がまだ残っていた。
これを使い切らなくてはいけない。
時間をかけて水分を飛ばせば、濃厚な味になる。
肉とパパイヤのタイカレーができつつある。
カレーの臭いが家中にひろがる。
タイカレーは俺の好物だから、これはいい匂いだ。

初めてタイカレーを食った時、俺は「なんだこの味は?」と思った。
それが今は美味い、好きだとなっている。
好みは変化する。好きだったラープは近頃、余り食べなくなった。

P1100599pct13

俺たちはパパイヤを熱帯果実として食べる。
このボケた柿のような味の果物を異国情緒溢れる果物と感じている。
タイ人は未熟なパパイヤを果実ではなく、野菜として使うことが多い。
その典型的な使用例はソムタム、パパイヤサラダだ。
こうして未熟なパパイヤをタイカレーに入れると美味いもんだ。
よく煮込んだパパイヤは口のなかでとろける。

2009/4/22

|

« コップの水 | トップページ | 名のない料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29265434

この記事へのトラックバック一覧です: パパイヤのタイカレー:

« コップの水 | トップページ | 名のない料理 »