« ゲンノーマイ 竹の子スープ | トップページ | この料理なーんだ? »

2009年4月18日 (土)

ウチの唐辛子とニンニク

P1100561pct13

ウチの料理はタイ料理だけなので、大量の唐辛子とニンニクを使う。
唐辛子はタイから輸入される冷凍物、生のプリッキヌー、乾燥品と
料理によって使
い分けている。今、あるのは冷凍品と乾燥品だけだ。
普通の日本の家庭ではこの唐辛子だけで一ヶ月は十分に使える。
タイの家庭では一日で、家族の多い家庭では一食で使い切る量だ。
どうしてタイ料理は辛いのか、この唐辛子の量を見るとわかるでしょ。
この料理に唐辛子を何本使うかなんて、タイ人はいちいち考えてい
ない。
本数なんて単位はタイにはない。
手づかみが単位になっている。

ニンニクも欠かせない香辛料だ。
あのニンニクのにおいを日本人は嫌う。
誰もがニンニクを食べているので、タイで
はお互いにニンニクの
においに気づかない。生のニンニクを齧る。熱帯の気候のなか
ではニンニクの辛味と香りが良い刺激にな
って食欲を増進させる。
ニンニクには薄い皮がついている。これを剥がすのが面倒だ。
薄皮を剥こうとすると、手ににおいがつく。
それを嫌がるので、薄皮剥き用の道具がある。
ニンニクの皮をタイ人はちゃんと剥かない。
時々、ニンニクの皮が料理の中にはい
っている。
それが口に入ると、ポリ袋の断片を噛むみたいな感じだ。
「なんだこれ?プラスチックが入っていたぞ!」
「どれどれ?ああ、にんにくよ」
全然、気にしないし、相手にもされない。

商店街に皮を剥いたニンニクがあった。
皮むきの手間が省けるので、買って来たのが写真のニンニクだ。
便利でいい。普通のニンニクもある。
こっちも使わないと、芽が出ちゃう。
皮を剥かれたニンニクも芽がでるのかな?

ウチの場合、芽が出たニンニクを無駄にしない。
芽が出たなら、ポットに植える。そうすると葱のような茎が伸びて
くる。それをいろいろな料理に使う。
茎が伸びると食われちゃうので、大きく育たない。
寒くなり茎が枯れると鉢の中では小さい球根が出来ている。
それを掘り出してまた料理に使う。

2009/4/18

|

« ゲンノーマイ 竹の子スープ | トップページ | この料理なーんだ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29167876

この記事へのトラックバック一覧です: ウチの唐辛子とニンニク:

« ゲンノーマイ 竹の子スープ | トップページ | この料理なーんだ? »