« カオツム タイ風お粥 | トップページ | 産地偽装と言えるか »

2009年4月 5日 (日)

野生の菜の花

P1100058pctcut

バス停の近くに菜の花が咲いていた。
それ見つけるとヌチャナートは何かを思い出したように奈の花に
駆け寄った。
「これでソムタムを作るのよ。美味しいわよ」
家に戻ると、ソムタムではなくて菜の花を茹でた物を食卓にだした。
ほろ苦さがある。その苦味を美味しいとタイ人は言う。
栽培されている菜の花よりも苦味が強い。
俺の経験から判断すると、栽培種の菜の花より、野生種の菜の花
の苦味をタイ人は
好むと思う。

都会に育った者は摘み草の習慣がない。
土筆のように食べられる草があっても、いちいちそれを摘んで食べ
ようとはしない
。食べられる野菜、香草はタイの野原には沢山ある。
田舎育ちのヌチャナートは、それらの草を摘んでは食べる。
そんな経験から食べられる草、食べられない草を瞬時に見分ける。

P1100102pct13

2009/4/4

|

« カオツム タイ風お粥 | トップページ | 産地偽装と言えるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/28976003

この記事へのトラックバック一覧です: 野生の菜の花:

« カオツム タイ風お粥 | トップページ | 産地偽装と言えるか »