« 竹の子の皮と梅干 | トップページ | ゲンノーマイ 竹の子スープ »

2009年4月18日 (土)

カオマンガイと釜飯

P1100555pct13

なんだか変なご飯を売っていた。
焼飯だか炒飯の素と書いてあったかな?
「あれ、買いましょうよ」
多分、ちょっとフライパンで炒めれば焼飯になるのだろう。
日本語が読めないヌチャナートは品物を見て、全く別の発想をして
いた。
「このご飯に水をちょっと加えてお釜に入れるのよ。」
どうやら、焼飯つまりカオパットとは思っていないようだ。
面白そうなので、ヌチャナートがやりたいようにやらせた。
絶対に失敗はしない。必ず食べられるものになっているはずだ。

この飯は既に味付けされている。
炊き上がった物をつまみ食いすると、美味い。
飯の上に塩鮭を乗せた。
ヌチャナートもこの味に満足している。
「これってカオマンガイみたいね」
うーん、言われてみるとカオマンガイに似ている。
鶏のスープで炊き込んだご飯がカオマンガイだ。
これを食いながら思った。
「峠の釜飯」という名物駅弁がある。
この釜飯をタイ人に出したなら、タイ人は和風カオマンガイと感じる
だろうな。

2009/4/17

|

« 竹の子の皮と梅干 | トップページ | ゲンノーマイ 竹の子スープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29167695

この記事へのトラックバック一覧です: カオマンガイと釜飯:

« 竹の子の皮と梅干 | トップページ | ゲンノーマイ 竹の子スープ »