« 野菜炒め | トップページ | パットトワプリック 愛情料理 »

2009年5月28日 (木)

カノムチン

ヌチャナートが近所のコンビニで野菜炒め用の野菜詰合せを買って
きた。キャベツ、ニンジンも適当な大きさに切ってある。
それと生のもやしが入っている。野菜をフライパンにあけて、肉を
加えてちょこちょこと炒めれば直ぐに野菜炒めができあがる。
便利な野菜の詰め合わせだ。
多分、店頭で長い間陳列販売できるように十分に洗浄されていると
思う。この野菜詰合せは加熱を前提にしてあるから、もしかして十分
に洗浄されていないかもしれない。
それでもタイの屋台で出される生野菜から比べれば細菌数や残留
農薬は比べ物にならないほど少ないはずだ。
「なんでこんな物、買ってきたの」
「カノムチンが食べたくなったのよ」
カノムチンというのはタイ人が大好きな料理で素麺にカレーをかけ
生野菜と一緒に食べるものと思えばいい。日本で言えばラーメン、
カレー、牛丼、アメリカならハンバーグ、ホットドッグと言ったところ
かな?まあ、そんな類の料理だと思ってくれ。
カノムチンの付け合せに必ず生キャベツや生もやしがでる。
この野菜炒め用の野菜詰合わせはカノムチンを食べるのにちょう
どいい。生野菜の他に、生唐辛子もそうとう食ったようだ。
「いい辛味」なんて言う。顔にうっすら汗がでている。
「ああ、美味しい」満足げにため息をつく。
野菜炒め用の野菜を生でぼりぼり食っているのをみると、俺は
なんだか落ち着かない。

2009/5/27

|

« 野菜炒め | トップページ | パットトワプリック 愛情料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29834178

この記事へのトラックバック一覧です: カノムチン:

« 野菜炒め | トップページ | パットトワプリック 愛情料理 »