« タイ人の和風うどん | トップページ | すし屋のカタカナ英語 »

2009年5月 2日 (土)

豚インフルエンザと唐辛子

俺は風邪をひくと、温めた器に唐辛子、生姜、葱などを入れた
味噌汁を飲んでいた。それを飲んで直ぐに寝ると、寝ているうちに
汗をかいて風邪が治る。誰かに聞いたか、何かで読んだ民間治療
法だ。昔はそんなことをやっていた。
毎日、唐辛子を沢山入れたタイ料理を食べるようになってからは
そんな治療法を忘れていた。

豚インフルエンザの脅威が報道されている。
それで思い出したのが熱い味噌汁に唐辛子などを入れて飲む治療
法だ。確かにこの方法は効き目があった。
唐辛子が効き目の成分だと思っていた。

大量の唐辛子を毎日食べているタイ人は風邪をひかないか?
そんな疑問が浮かぶでしょう。タイ人もちゃんと風邪を引きます。
薬を買う金がないのか、風邪が万病の元という考えがないのか咳
がでてもあまり気にしないようだ。日本だと風邪を引くと寒くて動く
のが億劫になり、関節が痛むなんてことが起きる。
暑いタイで風邪を引いても、体を動かすのが苦痛ではない。
それで薬を飲まないのかもしれない。
俺は薬屋へ行き、片言のタイ語で風邪の症状を訴えて薬を買って
くる。薬を飲ませると驚くほど直ぐに効き目が現れぴたっと咳が止
まる。

幾ら唐辛子を食べていても風邪をひくのだから、豚インフルエンザ
にタイ人も感染するでしょう。バンコックの空港には赤外線で体温を
感知するセンサーを置いたそうだ。
貧しい人々が多いタイに豚インフルエンザが入ったなら、多くの
死者がでる。
豚インフルエンザがタイで蔓延しないことを切に願っている。

2009/5/1

|

« タイ人の和風うどん | トップページ | すし屋のカタカナ英語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29394040

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザと唐辛子:

« タイ人の和風うどん | トップページ | すし屋のカタカナ英語 »