« 豚インフルエンザと唐辛子 | トップページ | パットトーフトート タイ風揚出豆腐 »

2009年5月 4日 (月)

すし屋のカタカナ英語

新聞の折込チラシの中に大手回転寿司屋の広告が入っていた。
見るともなく広告を見ていた。
とんかつ寿司といった異端な寿司よりも、俺が気になったのは広告
に使われていた言葉だ。
期間限定、数量限定で生キングクラブがおすすめになっていた。
生キングクラブの美味さを表現するのに
「ジューシーで濃厚な味わい・・・・」
となっている。寿司は日本独特の食文化だ。その味わいを表現する
のにどうして「ジューシー」なんてカタカナ英語を
使うのだ。
このキングクラブの美味さを表現するのにカタカナ英語は馴染ま
ない。英語国民が感じる「juicy」と同じ感覚を日本人が持てるか?
彼等の感覚を日本人が理解できるか?それは無理だ。
噛み心地と旨味が合わさった「じゅわっと」と言う表現を英語にでき
るか?説明的英語にはできるが、単一の単語で表現はできない。
「じゅわっと」と言う感覚は日本人にはわかるが、英語国民には
わからないと思う。
寿司の美味さを表現するには美しい日本語で表現してもらいたい。
香味を表す言葉は日本人の感性を表す日本語の真髄だと思う。
日本を代表する料理、寿司の美味さを表現するには日本語を使って
貰いたい。我々は日本語を大切にして、正しい日本語を後世に伝え
ていかなくてはいけない。
大手回転寿司屋の広告だから影響力が大きい。
広告を見ながら俺はため息がでた。
もっともっと日本語を大切にしなくてはいけない。
味、料理の世界では日本語でその美味さを表現すべきだと思う。

2009/5/2

|

« 豚インフルエンザと唐辛子 | トップページ | パットトーフトート タイ風揚出豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29426336

この記事へのトラックバック一覧です: すし屋のカタカナ英語:

» 雑穀ごはん [雑穀ごはん]
雑穀ごはんの最新情報を提供します。 雑穀ごはんを完全解説! [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 22時04分

« 豚インフルエンザと唐辛子 | トップページ | パットトーフトート タイ風揚出豆腐 »