« スペアリブのトムチュート | トップページ | ヤングコーンの炒め物 »

2009年6月12日 (金)

塩漬鯖 プラケム

P1110069pct13

冷蔵庫におかしな包みがある。
「これ、何んだい?」
「ああ、それっ!お友達に貰ったプラケムよ。」
また、くさい塩漬魚を持ってきた。少々うんざりする。
日本の社会で、日本人の女房と、日本の普通の食生活をしている
人には俺のうんざりする
気持ちはわからない。
味噌だって醤油だって、外国人から見ると凄ーく、くさいのだ。
日本人にはそのくささが分からない。むしろ食欲をそそるいい
においだ。
欧米のチーズはくさいから嫌いだという日本人がいる。
そんな人にとっては冷蔵庫にチーズがあるだけでイヤだ。
くさい食べ物はもう見るだけでもいやになる。
俺がうんざりする気持ちがわかるかな?

「これ美味しいわよ」
ヌチャナートはプラケムをフライパンで炒めだした。
熱をかけると悪臭が酷くなる。
「できたわよ。味見して御覧なさいよ。美味しいから」
可愛い恋女房が作った料理に手をつけないで「いらない」と言えば
ヌチャナートでなくと
も怒る。ちょっとだけ、手をつけて
「こりゃダメだ」と言えばいい。
食べない言い訳を作るために、ちょっとだけ食ってみた。
予想したとおりの香味だった。香りの部分はくさくていただけない。
俺にとっては悪臭だよ。しかし味の方は醗酵した魚の旨味が強烈
にでている。このプラケムは好きな人にとっては、とても旨い味だ
ろう。その気持ちは充分に分かる。

「プラケムでご飯を食べてね」白い飯を皿に盛ってきた。
魚をおかずにご飯を食べるには、飯は茶碗に盛らないといけない
気がする。ウチにはタイ料理しかないからご飯もタイ流に皿に盛る。
皿に盛られた飯を見て苦笑する。
この他にお菜をつくる気はなさそうだ。プラケムをお菜に飯を食う。
「くせぇーなぁー!」慣れるしかないなともう諦めた。
プリッキヌーがある。プリッキヌーとプラケムを一緒に食べた。
そうするとプリッキヌーの辛味と香りでプラケムが持つくさみが消え
た。あるにおい「A」を別のにおい「B」で包み込み、あるにおい「A」を
感じさせなくマスキ
ング効果だ。プリッキヌーの辛味でプラケムの
臭みを感じさせなくなっているのかもしれない。
もともと旨味の強いプラケムだ。くさみを感じなくなれば旨味だけを
感じる。
「おっ!こりゃ旨い」新発見だ。
これなら、プラケムを食える。ヌチャナートは俺の食い方を見ていた。
「プリッキヌーと一緒だと美味しいでしょ」
「うん」素直に美味しさを認めた。
「これは淡水魚かい?」
「海の魚よ。鯖よ」
これが鯖か?鯖の変貌に驚く。

2009/6/12

|

« スペアリブのトムチュート | トップページ | ヤングコーンの炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30068541

この記事へのトラックバック一覧です: 塩漬鯖 プラケム:

« スペアリブのトムチュート | トップページ | ヤングコーンの炒め物 »