« 大衆的な味 | トップページ | レトルトカレー タイ風 »

2009年6月23日 (火)

タイ風秋刀魚の塩焼

魚の塩焼きにタイ風も和風もないと思うだろうな。
俺もそう思っていた。
だがヌチャナートが秋刀魚を焼くとこんな風になる。
食べることがない頭を最初から切りとって焼く。
頭がない分、エネルギーの消費も少ないから合理的だ。
これがタイ風秋刀魚の塩焼きだ!!

P1110171pct13

うーん、でもなぁー?????
俺たちって伝統的に尾頭付きの魚を崇めてきた。
典型的な例は目出度い席でだされる尾頭付きの鯛だ。
秋刀魚の塩焼きだってちゃんと尾頭付きで焼くのが和風の焼き方
だ。味の方は頭があっても、なくても変わらない。
レモンを絞って酸味をかけると、味がしき締まるのも同じだ。
だが、頭がない秋刀魚の塩焼きを出されるとなんとなく落ち着か
ない。

俺たちは頭と尻尾がついた魚の方が切り身より上位の魚として
きた。鰯の目刺しの頭も食べるかな?
たいがいの人は目刺しの頭を食べない。
それなら食べない頭を最初からとってしまえばいいのにと思う。
頭がなければ乾燥時間も早まるしな・・・・・。
でも目刺しには必ず頭をつけなくてはいけない重大な理由がある。
頭をとってしまうと、目がなくなり、目刺しにならないからだ。

2009/6/22

|

« 大衆的な味 | トップページ | レトルトカレー タイ風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30239820

この記事へのトラックバック一覧です: タイ風秋刀魚の塩焼:

« 大衆的な味 | トップページ | レトルトカレー タイ風 »