« 鯛のタイ風蒸し煮 | トップページ | トムヤンクン・タイ餃子とネム »

2009年6月 7日 (日)

パーニンのプラケム

P1110039pct13

安いからとパーニンを沢山買い込んできた。
もう俺は「そんなに買い込んでどうするんだ?」なんて心配しない。
これを漬け込んで保存食品にするのを知っているからだ。
ある時はプラソムに、またある時はプラケムにする。
これは熱帯に住む人々の知恵で、こうしておけば絶対に腐らない。
ヌチャナートは魚を塩で漬け込んでいる。
食べる時の美味しさを思い浮かべて、嬉しそうに笑いながらパーニン
を漬けている。

タイ語でプラニンとかパーニンと呼ぶこの魚は英名はtilapia、和名
イズミダイというアフリカ原産の魚
だ。これの刺身は旨い。
パーニンはもともとはタイにいなかった。
日本の皇室がタイの王室に贈ったものが、タイの湖沼、河川に繁殖
し、重要な蛋白源になっている。

昨晩、塩漬けにしておいた魚を取り出して水に漬けて塩抜きをして
いた。これを焼いて出した。
これだけを食べるとまだ少々塩辛い。
これをもち米と一緒に食べると、この塩味が丁度よくなる。

漬け込んで醗酵しているので、生魚にはない旨味が出来ている。
ちょっとクサヤに似た味がある。
香りはクサヤほど強烈ではないが、似ている。
一部の人に嫌われる香りは、一部の人は大いに賞賛する。

2009/6/6

|

« 鯛のタイ風蒸し煮 | トップページ | トムヤンクン・タイ餃子とネム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29988584

この記事へのトラックバック一覧です: パーニンのプラケム:

» 【デンマーク】 性別問わず第一子が王位継承へ〜王位継承も男女平等にすべきという議論受け国民投票 [06/08] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1244449245/ [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 13時05分

« 鯛のタイ風蒸し煮 | トップページ | トムヤンクン・タイ餃子とネム »