« 加賀太きゅうりのソムタム | トップページ | スペアリブのトムチュート »

2009年6月12日 (金)

唐辛子の選別

俺たちが唐辛子を買って、置いておく。
我々の通常の食生活では唐辛子なんて余り使わない。
長いこと乾燥唐辛子を置いておくと、赤い色が褪めて白っぽくなる。
白っぽい乾燥唐辛子は古い物だと俺は認識していた。

唐辛子を選別していた。面白そうなので俺もタイ人に加わった。
単純な作業だから、女達は手を動かすが、それ以上に口が動く。
何処へ行っても女はお喋りだ。
沢山の乾燥唐辛子を手にとって見ると、それぞれ色が違う。
真っ赤なものもあるが、黄色っぽいものもある。
俺は橙色、黄色、白い乾燥唐辛子を古い物、悪い物としてはね
のけていた。それをタイ人は薄ら笑いを浮かべて、俺を馬鹿にした
ように見ている。

唐辛子の色についてタイ人はあまりこだわりを持たない。
収穫時期になると、その時、その畑でできている物を全て摘み取る
みたいだ。色なんて気にしないから、真っ赤なもの、橙、黄色、緑
それらを一緒くたに摘み取って乾
燥させる。
日本人のように、これはまだ青いから三日後に摘み取るなんてこと
はしない。いろいろな色が混ざった生唐辛子を乾燥させるから、
赤いものから白っぽいものもできあ
がる。
そんなことを知らなかったから、赤以外の唐辛子を取り除いていた。
後になってタイ人が馬鹿にしたように、薄ら笑いを浮かべる理由が
わかった。

2009/6/12

|

« 加賀太きゅうりのソムタム | トップページ | スペアリブのトムチュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30068238

この記事へのトラックバック一覧です: 唐辛子の選別:

« 加賀太きゅうりのソムタム | トップページ | スペアリブのトムチュート »