« 野菜炒めタイスタイル | トップページ | 胡瓜の炒め物 »

2009年6月 3日 (水)

ワインといろんな料理

ちょっと前の日本ではワインは洋食と一緒に飲むものだと信じられ
ていた。その当時はワインを飲む人口が少なく、消費量も限られて
いた。今の金で一瓶500円前後の安いワインなんてあっただろうか?
あったかもしれないが、ワインなんて飲まなかったから覚えていない。

30年ほど前から歌舞伎俳優を使って、ワインと和食の組合せを
宣伝しだした。今では、ミシュランが星をつけた和食の店でもワイン
をだす。ワインを出すなんて、断定的に言ってはいけない。
俺はそんな店に行ったことがないから、出すそうだと訂正する。

俺は思うに、世界中何処へ行ってもその地の気候の中で、地元の
酒と地元の料理の組み合わせが一番よいのだと思う。
組合せがよいから、飲み継がれ、食い継がれている。
もし、ワインとチーズの組み合わせが合わないのなら、ワインは
リンゴ酒とかジャガイモなどの酒に代わっていただろう。
ワイン以外の酒が作れない地域なら、料理の方が変わっていただ
ろう。ワインと料理の組み合わせがヨーロッパの気候の中で合うか
ら、ヨーロッパではワインが消費される。

日本にもワインは古くから入ってきた。南蛮渡来の酒だから物凄く
高価だったはずだ。時代が下がって日本でワインが大量に作られ、
南米などからタンクで安いワインが輸入されるようになった。
もし本当にワインと和食の組合せが合うのなら、宣伝などしなくとも
ワインは一膳飯屋でも赤提灯の焼鳥屋でも飲まれているはずだ。
ワインの味・色・香りが日本人の嗜好にあっているのなら、自然発生
的にワインは日本人の生活の中に溶け込み浸透しているはずだ。
宣伝に踊らされて、ワインを和食を食いながら無理して飲んでいる気
がする。

ボジョレーヌーボーなんてワインは宣伝で飲まされていたようなもん
だ。昨年度の落ち込みは酷く、ボジョレーヌーボーは値崩れしてい
た。本当にこのワインが旨く、他とは違うと日本の大衆がわかれば、
売れないで値崩れすることもない。

最近、ワインとタイ料理が合うという記事をよく目にする。
驚くかもしれないがワインは熱帯のタイでも醸造されている。
国民の食生活に必要のない輸入ワインは贅沢品なのでタイ政府は
高額な税をかけている。
日本で千円で買える米国産ワインがタイでは日本円に換算すると
二千円になる。国産のワインにも高税をかけているので、タイ産
ワインを飲むのは税金を飲むようなものだ。

何処の国の人でも同じだが、値段が高い物は良い物、旨い物という
考えがあり、タイ人も例外ではない。ワインの値段が高いのは税金
だと知らないタイ人にはワイン=高額・高級品=旨い物という信念
がある。

簡単にタイ人を喜ばせるにはワインを飲ませるといい。
何年のボルドーと言ったヴィンテージ物を出す必要がない。
そこそこの値段でラベルにローマ字がいっぱい書いてあるワインが
いい。フランス語やドイツ語など英語以外の言語で書かれた物が
良いだろう。
特に女はワインをワイングラスに入れてだすと旨そうに飲む。
間違ってもワインをコップに入れてはダメですよ。
ワイングラスという演出をしないと効果がありません。
これで彼等はラープ、トムヤンクン、ヤムプラムックと言った辛い
料理を食べる。タイ人が本当にワインとタイ料理が相性がいいと
思っているかどうか疑問だ。高額だから旨いという間違った信念で
ワインを飲んでいるだけだ。

あるいは友達に「昨日、(高額な)ワインを飲んだ」と自慢したいだけ
かもしれない。これがタイの庶民のワイン事情、ワイン心理だ。
ワインとタイ料理の組合せがよいからタイ人はワインを飲みたがる
のではない。

タイの富裕階層はとてつもなく金持ちだから、毎日ヴィンテージ
ワインを飲んでおり、ワインの味を見抜ける人がいる。
ここに書いてあることを富裕階層の人にやったなら、とんでもない
ことになりますよ。

日本人のソムリエだかテイスターでワインがタイ料理に合うと言う人
がいる。このタイ料理にはこの種のワインが合うなんて言う。
いったいこの人は辛いタイ料理を腹いっぱい食っているのだろうか?
と俺は疑問に思う。
腹いっぱい飯を食っても、この料理にはこのワインが旨いと言う
ワインが本当に旨いワインと料理の組合せだ。

通常の日本人の家庭ではタイ料理を作らない。
家庭でワインを飲みながらタイ料理を食うことはない。
想定されるワインを飲みながらタイ料理を食う場面は宴会だ。
宴会の場では誰でもたらふく食う。ダイエット中の人でも腹八分目
は食ってしまう。タイ料理の宴会で出される料理はガイヤン(焼鳥)
カオパット(焼飯)のような辛味を自分で調節できる料理ばかりでは
ない。多くのタイ料理は辛い。宴会料理を腹八分目食ったなら、
少なくとも5-6本の唐辛子を食う。
普段、唐辛子を食っていない人がこれだけの唐辛子を口にいれた
ならどうなる?想像できますか?
口の中が火事になる。痛くてひりひりして味覚が麻痺する。
冷たいビールで口の中を冷やしたくなる。
この状態でワインの細かい味が分かると思いますか?

試しにタバスコソースを一滴だけ舌に垂らして、ソースの味と香りを
ゆっくり確認します。すぐにワインを飲んではいけません。ゆっくり
確認した後でワインを飲んでください。
この状態でこのワインにはブーケがあるとか、ないとかわかりますか?

辛いタイ料理をちょっと摘んで味見して、この料理にはこの種の香り
と味と癖をもったこのワインが合うという評価ならできるだろう。
それもちょっと疑問だな。
タイ料理に慣れていない人が本当に辛い料理を一口食ったら、口の
中が火事になる。
口の中が火事になったら、一刻も早くこの痛みから逃れたくなる。
職業、仕事とはいえ、この状態では狂った味見所見になると誰しも
思う。日本で普通の食生活を送っている人が、じっくりタイ料理を
食ってこの料理にはこのワインが合うなんて言えるものではないと
俺は思っている。

俺には腐った料理としか思えない、醗酵させた魚や蟹が入った
ソムタムなんてくさい料理を食べたのだろうか?
ソムタムにも地方性がある。バンコックのソムタムには軽やかな白
ワインが合う。
イサーン地方のソムタムなら赤ワインが合うなんて言えるか?
タイ人ソムリエが言うのなら、「ああそうですか」と信じるが、俺は
日本人のソムリエだかワインテイスターの言葉は聞き流す。

2009/6/3

|

« 野菜炒めタイスタイル | トップページ | 胡瓜の炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29932502

この記事へのトラックバック一覧です: ワインといろんな料理:

» コマーシャルペーパー [コマーシャルペーパー]
コマーシャルペーパー [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 01時04分

» チアシード入り豆乳おからクッキー [チアシード]
チアシードが痩身に効果あり? チアシードについていろいろ調べてみました [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 02時26分

» ダイエット グレープフルーツ [ダイエット グレープフルーツ]
ダイエットはグレープフルーツでやるのがいいですよ。 ダイエットをグレープフルーツのみでやる方法などを紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 10時42分

» 朝だけフルーツダイエット [朝だけフルーツダイエット]
朝だけフルーツダイエットを紹介しています。 朝だけフルーツダイエットに少しでも興味を持っている方は是非ご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 16時31分

« 野菜炒めタイスタイル | トップページ | 胡瓜の炒め物 »