« パットウンセン 春雨の炒め物 | トップページ | 大衆的な味 »

2009年6月22日 (月)

カイチオウ タイの卵焼き

P1110165pct13

ウチでは卵を常温で保管している。それを見た人が言った。
「昔は卵を洗わなかったが、今は卵を出荷前に洗う。そのため、
卵が腐りやすくなった。卵は冷蔵保管しなくてはダメだ」と言う。
流通段階でもスーパーでも卵は常温で保管されている。
だから卵は常温保管でもいいとは思っていない。
卵は冷蔵保管した方が安全だ。

日本よりはるかに暑いタイでも卵は常温保管されている。
卵の殻の中は無菌状態だから、暑くても腐りにくい。
タイで卵を買う場合、絶対にこれだけは注意しなくてはいけない
ことがある。彼らには先入先出の習慣がない。
信用の置ける店で買わないと、運が悪いと、とんでもない古い物を
買うことになる。

卵の安売りがあり、大量に買い込んだ。
最初はせっせと食っていた。食べ物を無駄にしてはいけないという
根性が染み付いた貧乏
人の典型的食生活だ。
毎日が卵という生活も飽きる。もう卵を見るのもイヤ!
それほど酷くはないが、卵を食べるのを中休みしたら、卵がある
ことを忘れていた。常温保管した卵が二つだけ残っている。
「これでカイチオウを作ろうよ」
卵を割り、青ネギ、トマト、ニンニク、唐辛子などを加えてタイの
卵焼き、カイチオウを
作った。食うと唐辛子に当たりピリッとする。
俺にはピリ辛程度だが、激辛かもしれない。
こういう卵焼きは日本にはない。
この料理は唐辛子やニンニクの量を調整すれば日本の普通の
家庭料理になると思うな。

2009/6/22

|

« パットウンセン 春雨の炒め物 | トップページ | 大衆的な味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30224960

この記事へのトラックバック一覧です: カイチオウ タイの卵焼き:

« パットウンセン 春雨の炒め物 | トップページ | 大衆的な味 »