« シャケの皮 | トップページ | タイ料理みたい »

2009年6月 6日 (土)

肉じゃがのような

P1110008pct13

「これ塩っぱい醤油?」
「そうだよ」
なんでこんな質問をするかというと、ヌチャナートは外見で醤油と
麺つゆの区別が出来ないからだ。
ヌチャナートはラベルの日本語が読めない。
醤油や麺つゆは特売品を買うので毎回ブランドが違う。
ブランドがいつも同じなら、ラベルの色で区別できるが、それも
不可能だ。醤油なんて普段は余り使わないが、時々ヌチャナートが
刺身を食うので醤油が必要になる。
蕎麦が好きな俺には麺つゆが必要になる。
麺つゆは生醤油に比べて甘い。
生醤油と麺つゆを塩っぱい醤油、甘い醤油と言ってヌチャナートは
区別している。

豚バラ肉と玉葱を醤油で煮込んだ。
いつもとは違う日本料理の臭いがする。
ウチは毎日々ナンプラ、ニンニク、ハーブのにおいを撒き散らして
いる。くさい料理のにおいはウチから来ているとご近所は思っている。
「ウチだって醤油をつかった料理を食べるんだぜ」とご近所に知らせ
たくて戸を開けた。戸を開けてから思った。
ご近所さんは絶対にこのにおいがウチから来ているなんて思わない。

煮込んでいる時のにおいは肉じゃがを作る時のにおいと同じだ。
味の方は・・・・・・。
肉じゃがに七味をかけて食べる人がいる。
この料理には既にこんなにも唐辛子が入っている。
俺には旨い味だが、普通の人には激辛だろうな。

「ねぇー、このお料理、日本の料理に見える?それともタイ?」
俺は暫く考えた。
日本の料理ならこんなにも唐辛子を使うことはない。
「タイだな」

2009/6/4

|

« シャケの皮 | トップページ | タイ料理みたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29973816

この記事へのトラックバック一覧です: 肉じゃがのような:

« シャケの皮 | トップページ | タイ料理みたい »