« 椎茸と健康6089 | トップページ | タイ料理の地域差 »

2009年6月10日 (水)

ぐしゃっとしたカオパット

P1110052pct13

カオパットというのは飯粒がパラパラに離れており、ちょっと固い
くらいが旨い。今日はカオパットにした。
「トマト、入れるでしょ?」
「うん」
日本のラーメン屋の炒飯にトマトが入っているか?
タイではトマトを入れる。「えっ!焼飯にトマト?!」なんて驚かない
でください。トマトケチャップで味付けした焼飯をオムライスなんて
言っているでしょ。それと同じです。
冷蔵庫から小さなトマトを取り出した。
ちょっと多すぎるのではないかな?
ニンニクや玉葱を炒りだすと、美味しそうなにおいが立ち込める。
トマトを全部入れちゃった。
そして飯を入れて炒め出した。
「出来たわよ。食べて!」
「・・・・・」
「レモンいるでしょ?」
カオパットにレモンの汁をかけると酸味がでて味が引き立つ。
黄色いレモンではなくて緑色の小さなライムをタイでは使う。
香りは違うが同じ酸味がする。
炒飯にレモン汁をかけるのもタイ風だが、もうひとつタイのカオパット
には特徴がある。必ず、胡瓜をつけることだ。
胡瓜がないと落ち着かないらしい。胡瓜もタイの物は日本の物より
小さい。噛んでも気持ちよくぽきっと折れない。しかし甘味が日本の
物よりもあり、美味しい。
「唐辛子はそこにあるからね」
「うん」
食べ始めた。思ったとおり、ぐしゃっとしたカオパットだ。
こんな飯をタイの屋台でだされたなら、間違いなく俺は
「バァーロー!こんなもん食えるか!」
なんて言うはずだ。
ヌチャナートが作った飯なので「旨いよ」なんて言っている。
惚れた弱みだ。

2009/6/9

|

« 椎茸と健康6089 | トップページ | タイ料理の地域差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30035066

この記事へのトラックバック一覧です: ぐしゃっとしたカオパット:

« 椎茸と健康6089 | トップページ | タイ料理の地域差 »