« ワニの尻尾 | トップページ | パットパク タイの野菜炒め »

2009年6月 1日 (月)

酒の肴に生ハム

P1100950pct13

生ハムを肴に酒を飲むと旨いな。ウチの場合、生ハムにレモン汁を
かける。そしてプリッキヌーという唐辛子をのせる。
この唐辛子が辛い。生ハム一切れに唐辛子を一個包んで食べる。
唐辛子に慣れていないと、飛び上がるよ。
「ひぇーっ!かれぇー!」
こんな辛さに慣れているタイ人は平気で食べる。
俺はこれを食っても口の中が火事になったと感じなくなっているが、
辛さで汗がでる。この他にも生の唐辛子や乾燥唐辛子があるが、
生ハムにはプリッキヌーしか使わない。
これはタイ人のこだわりなのだろうか?
俺たちは辛さで口の中の神経が完全に麻痺してしまうので、味や
香りの違いは分からなくなる。タイ人は唐辛子の違いがわかる。
生ハムにはプリッキヌーが一番合うと思っているのだろう。

2009/5/31

|

« ワニの尻尾 | トップページ | パットパク タイの野菜炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/29896325

この記事へのトラックバック一覧です: 酒の肴に生ハム:

» ロゼや赤ワイン、白ワインなどなど・・。 [ワインおつまみレシピ]
ワインって賞味期限はどうなんでしょ? [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 17時07分

« ワニの尻尾 | トップページ | パットパク タイの野菜炒め »